マイル交換をお得にするには。交換の方法とマイル別の使い道

by ドットマネー編集部

ドットマガジン 新規登録はこちら
ANAやJALのマイルはポイントサイトで貯まったポイントをドットマネー経由で交換することでお得に貯めることができます。さらに今ならドットマネーおすすめのポイントサイトで新規会員登録キャンペーンを開催中です。

マイル交換でおすすめはやはりフライト

貯めたマイルの使い道を考えている場合、フライトに利用するのがお得です。1マイル=1円以上の価値になることが多く、効率的に使えます。座席アップグレードや航空券の取得など、使い道も豊富です。

普段より座席をアップグレードする

国際線の場合「JAL(日本航空)」と「ANA(全日本空輸)」のどちらも、マイルでの座席アップグレードに対応しています。交換の際は、ワンランクアップが対象です。

国内線は当日アップグレードが基本で、マイルでの交換は受け付けていません。 JAL・ANAどちらも、必要マイルは片道9000マイル~です。

区間やアップグレード先の座席ランクによって変わりますが、5万マイル程度あれば最長区間かつビジネスからファーストクラスへのアップグレードもできます。 

なお、座席のアップグレードに対応しているのは、購入した航空券です。航空券自体をマイルで取得するには、必要なランクの座席を「特典航空券」で予約しましょう。 また、利用する便や座席によってはアップグレードに対応していないケースもあるため、予約時の確認をおすすめします。

特典航空券で海外に

購入した航空券のアップグレードではなく、航空券そのものもマイルから交換できます。

国際線の特典航空券と座席のアップグレードの併用は、ANA・JALともにできません。 必要マイルは時期や利用区間によって変わりますが、ANAは片道6000マイル・JALは7500マイル~です。

本来なら往復100万円以上かかるファーストクラスの航空券が、マイルでお得に交換できるケースもあるでしょう。 マイルの価値は交換する航空券によって変わりますが「航空運賃」を「必要マイル数」で割ると、おおよそのマイルの価値も判断可能です。

ファーストクラスの長距離区間の場合、1マイル=10円以上になるケースもあります。

国内線の特典航空券もお得

特典航空券は座席のアップグレードと異なり、国内線も対象です。国際線に比べて少ないマイルで交換できることもあり、利用しやすいでしょう。

ANAは片道5000マイル・JALは6000マイル~交換できます。 さらに、特定のキャンペーンを利用すると、片道3000マイル程度で旅行できることもありお得です。

ANAなら週ごとに対象路線が変わる「トクたびマイル」、JALなら行き先おまかせの「どこかにマイル」などがあります。

国内線の場合、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆期間中などに一部「利用できない期間」がありますが、大半の日程では利用が可能です。

ANAマイルの交換例

ANAマイルを保有しているなら、何に交換するのがお得なのでしょうか?用途や目的に合わせて、交換先を考えておきましょう。マイルとして利用する以外にも、意外な使い道があります。

ANA SKYコインに

「ANA SKYコイン」は、ANAの航空券やツアー商品の購入時に利用できます。

利用したい航空券の区間の特典航空券にマイルが満たない場合の充当や、マイルが利用できない商品に利用するのがおすすめです。

1マイル=1コインで交換可能で、1コインは1円相当の価値があります。一度に1万マイル以上交換する場合、会員ステイタスや保有カードによって交換率が変わります。最大で1.7倍の交換率になるのが魅力です。 

期限が近づいてきたマイルの有効期間を延長するときにも使えます。ANAマイルの期限は3年ですが、SKYコインの期限は「交換月から1年後の月末」までです。

2020年6月10日に交換した場合、21年の6月30日までとなります。 SKYコインは、10コイン単位で交換可能です。ANAマイルの有効期限が切れそうなものから、少額ずつ交換できます。「交換可能マイル数に満たなくて失効してしまった」という失敗が減らせるでしょう。 

ホテルやレストランのクーポンに

マイルは、ANAと提携しているホテルの宿泊やレストランでの食事にも使えます。

公式サイトの「マイルを使う」カテゴリーから「ご宿泊クーポン特典」または「レストラン(食事クーポン)」を選択して探しましょう。必要マイル数や対象ホテルが一覧で表示される仕様です。 

ホテルは国内だけでなく、海外も対象です。約30万軒ものホテルから宿泊先を探せる「ANAグローバルホテル」のサイト上でも検索できます。

旅行や記念日の食事など、さまざまな用途で使えるでしょう。1室2名1泊で、2〜3万マイル~宿泊可能です。 レストランは有名ホテルでランチやディナーを提供するものが多く、リッチな気分で食事が楽しめます。

必要なマイルは店舗やメニューの内容で異なりますが、コースランチで1人1万マイル~交換可能です。 

ANAセレクションで好きな商品に

「ANAセレクション」は、1万マイル~好みの商品に交換できるオンライン上のセレクトショップです。

グルメ・家電製品・百貨店ブランドアイテムのほか、ANAオリジナル商品などと交換できます。 自分で商品が選べることもあり、通販サイトのような感覚で利用できるでしょう。航空券や旅行、外食の予定がないときでもマイルは活用できます。 

「ANAショッピング A-style」への会員登録が必要ですが「ANAマイレージクラブ」に登録しているなら誰でも利用可能です。商品と交換したいときは、ANAセレクションを利用しましょう。 

JALマイルの交換例

JALマイルの使い道も多数あります。何に使うのが自分にとってよいか考えたうえで、よりよい交換先を見つけましょう。

e JALポイントに

「e JALポイント」は、JALのWebサイトで航空券やツアー旅行の購入に使えるポイントです。1ポイント=1円として充当できます。

5000マイル=5000ポイントで、5000ポイント単位で交換可能です。 1万ポイントなら、1万5000ポイントにレートが上がります。さらに、JALカード会員限定で、3000マイル~交換できるキャンペーンなども不定期に行われているため活用しましょう。 

ポイントの有効期限は交換月の1年後の末日までです。ただし、1年以内に追加で交換した場合「新しく交換した日から1年間」に期限が延長されます。 

たとえば、5月に交換した場合、有効期限は翌年の5月末日です。追加で9月にマイルをポイントに交換すると、5月に交換したポイントも翌年の9月まで利用できるようになります。

JALクーポンでツアーやホテルに

「JALクーポン」は、航空券やツアー購入などに使える1枚2000円相当のクーポン券です。1万マイル単位で交換でき、1万マイル=1万2000円分のクーポンになります。2000円の6枚つづりでの配布です。 

有効期限は、申し込み月から数えて13か月後の月末となっています。クーポンは、サイトまたは自動音声サービスから申し込みましょう。混む時期を除けば、約2週間でクーポンが登録住所に届きます。

クーポンへの交換が面倒な場合は「JALクーポン・クーポンレス決済サービス」を利用するのも一つです。対象の窓口で申し込むと、クーポン発行の手順を省いて支払い額分のマイルを直接充当できます。

交換したい航空券やツアー代の一部としても使えますが、お釣りは出ません。ちょうど使い切るか、現金と合わせて使うとお得です。 

JALとっておきの逸品から商品に

「JALとっておきの逸品」は、商品とマイルを交換できるWebサイトです。グルメ・雑貨・キャリーバッグ・ファッションアイテムなど、多彩なジャンルがそろっています。

JALと「大丸松坂屋」の法人外商部が提携して提供しているサービスです。 カテゴリーから好みの商品を選んで申し込むと、3週間ほどで希望した商品が届きます。

商品交換は1万マイル~で、サイトから申し込むとマイルが引き落とされる仕組みです。

手続き上はマイルから変換したJALクーポンを商品に交換しますが、JALクーポン・クーポンレス決済サービスと同じように発行の過程が省略されます。すでに持っているJALクーポンは使えないため注意しましょう。 

マイルの相互交換先

マイルから交換するだけでなく、ポイントからマイルにも交換できる相互交換先もあります。どちらを貯めていても使いやすいのが魅力です。EdyやWAONなどの電子マネーとの相互交換も、視野に入れましょう。

ANAマイルはEdyなど多数

ANAには20以上の提携先があり、さまざまなポイントと交換できます。

「エディ(Edy)」「ナナコ(nanaco)」などの電子マネーや、「スターバックス」「マツモトキヨシ」など特定の店舗で使えるポイントも対象です。 「楽天ポイント」「Tポイント」などとも提携しており、多くの店舗で利用できるでしょう。

特定のクレジットカードを保有している人であれば、対象の交通系マネーや店舗のポイントにも交換できます。

ほとんどのポイントは1万マイルの交換単位で、年間2万マイルまでは1万マイル=1万ポイントのレートです。それ以上は1万マイル=5000ポイントが一般的ですが、保有カードなどによっては3万マイル以上もお得なレートで交換できます。

JALマイルはWAONや自治体と

JALマイルの主な交換先は「イオン(AEON)系列」で利用できる電子マネー「ワオン(WAON)」や「ローソン」と提携している「Pontaポイント」です。

WAONやPontaポイントの交換レートは1万マイル=1万ポイントですが、マイル数によって2マイル=1ポイントにも変化します。提携ポイントを交換する際は、各ポイントに対応したクレジットカードやアプリが必要です。 

そのほか「自治体ポイント」にも、交換できます。自治体ポイントは、参加している自治体の商店街などで使えるポイントです。1万マイル=1万ポイントまたは2000マイル=1000ポイントに交換できます。

ポイントサイトを活用しよう

ポイントを貯めてマイルに交換すれば、効率よくマイルが貯まります。フライト以外でマイルを貯めていけば、商品や航空券との交換も近づくでしょう。ポイントサイトの活用もおすすめです。

ポイントとマイルの交換が可能

「ポイントサイト」でスポンサーの広告を利用すると、ポイントが貯まっていきます。スポンサーの支払っている広告料の一部が、利用者に還元される仕組みです。 

貯めたポイントを直接マイルに交換できるポイントサイトもありますが、他ポイントと何度か交換したり、ポイントサイトを経由したりすれば「レートの高い方法で交換する」こともできます。 不定期で行われる特定のマイルとのレートを高く交換できるキャンペーンも見逃せません。

「マイル移行時の手数料が無料」のサイトも、活用したいところです。 ポイントサイトのポイントは、無期限ではありません。

サイトによって異なりますが「最後にポイントを獲得した日から数カ月〜1年程度が有効期限」です。

月ごとの上限が設定されていることも多いため、ある程度ポイントが貯まればマイルなど使いたいものに交換しておきましょう。

おすすめのポイントサイトはポイントインカムです。今なら新規会員登録キャンペーンも実施中です。
ドットマガジン 新規登録はこちら

お得な交換ルートはTOKYUルート

ポイントサイトによっては、直接マイルに交換したときに2ポイント=1マイル程度に価値が半減してしまうケースもあります。交換する際は、移行レートが上がるような経由ルートがないかどうかを探してみましょう。

ANAマイルに関してのおすすめの交換ルートは、「ドットマネー(.money)」を経由した「TOKYUルート」です。「(ポイントサイト)→ドットマネー→TOKYUポイント→ANA」と変えていきます。 まずは、ポイントを.moneyに集めましょう。

提携のポイントサイトから.moneyに交換すれば、手数料がかからないうえに交換率100%で価値は下がりません。

.moneyからTOKYUポイントへのレートも1ポイント=1ポイントです。TOKYUポイントからANAマイルへの交換率は75%で、一般的なポイントサイト直通よりも高くなります。

「TOKYUポイント」には、マイルへの交換上限もありません。 

まとめ

マイルは航空券や座席アップグレードなどのフライト関係以外に、商品や他社ポイントへの交換などもできます。 

フライトに利用する場合、航空券を購入する際にマイルを使うとお得です。商品やポイントへの交換も、1マイル=1ポイント程度の交換レートになっています。 

マイルを貯めて空の旅やショッピングを楽しみたいなら、ポイントサイトなどの活用も考えてみましょう。交換の際に余計な手数料がないものなら、スムーズに交換できます。
ドットマガジン 新規登録はこちら
ANAやJALのマイルはポイントサイトで貯まったポイントをドットマネー経由で交換することでお得に貯めることができます。さらに今ならドットマネーおすすめのポイントサイトで新規会員登録キャンペーンを開催中です。
ドットマネーに登録すると、あなたのポイントをマイルに交換できます

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?

お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!

「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します