LINE Payにクレジットカードを登録しよう。メリットや手順は?

by ドットマネー編集部

ドットマガジン 新規登録はこちら
クレジットカードの発行はポイントサイトからのお申し込みでさらにお得になります。今なら新規会員登録キャンペーンも開催中です。

LINE Payの基礎知識

近年は「スマホ決済サービス」を導入する店舗が増えています。数あるサービスの中でLINEユーザーに便利なのが「LINE Pay」です。

LINEアカウントがあれば気軽に利用ができ、メンバー間での送金や割り勘も簡単に行えます。

決済や送金など機能が充実したサービス

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」の中に搭載されています。主な機能は「決済」や「送金」で、店舗での支払いや個人間でのお金のやりとりがスムーズに行えるようになるサービスです。 

LINE Pay加盟店で支払いをする際は、事前にスマホ内か「LINEPayカード」にお金をチャージします。支払い時は、バーコードの提示やQRコードの読み取りのみです。 一部では「請求書払い」にも対応しており、店頭や金融機関に足を運ぶ必要がなくなるのがメリットでしょう。

 LINE Payの「送金」は、LINEの「トークルーム」で簡単に送金できます。LINE友だちであれば、相手の口座番号を知らなくても問題ありません。 近年では、銀行口座への振込み(送金)も始まりました。さらに「送金依頼」機能や「割り勘」機能を活用すれば、飲み会やランチ会などの集金がラクになるでしょう。

LINEアカウントがあれば簡単に利用可能

LINE Payは「LINE アカウント」を持つLINEユーザーが利用できるサービスです。まずは「Apple Store」や「Google Play」でLINEアプリを無料でダウンロードし「LINEのアカウント登録」を行いましょう。

 アカウント取得後は、LINE Payを利用するための「LINE Pay登録」を行います。LINEの「ウォレット」タブから「LINE Payをはじめる」をタップして登録を進めましょう。 

LINEPayでは「日本国内の電話番号で登録されたLINEアカウント」が必要です。電話番号による認証後、規約に同意すると「LINE Cashアカウント」が取得できます。

・アプリ名:LINE
・価格:無料
・Apple Store:ダウンロード
・Google Play:ダウンロード

加盟店や提携サービスは店舗からオンラインまで

LINE Payでは「コード払い」「オンライン支払い」「請求書払い」が行えます。Android端末のみ「QUICPay+」支払いにも対応しており、全国の「QUICPay+加盟店」でも利用が可能です。 コード払いができる店舗は、グルメ・ファッション・家電・コンビニなど多岐にわたります。

LINE Payメインメニュー下にある「マップピン」マークから検索しましょう。検索方法は、キーワード検索できる「使えるお店」とGPSで近くを探せる「周辺」の2種類です。

 オンライン支払いの対象店舗は実店舗ほど多くはありませんが、「ZOZOTOWN」「Joshin webショップ」などの知名度の高いショップも含まれます。 

「請求書払い」は、自動車税や個人事業税、公共料金の支払いも可能です。LINE Payでの納付の可否は自治体や企業によって異なるため、事前にWebページを確認しましょう。

クレジットカード登録のメリット

LINE Payにクレジットカードを登録しておくと、LINE Payを経由して「クレジット払い」ができるようになります。カード登録をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?

カード情報入力が省ける

オンラインショッピングでカード払いをする際には、支払い画面でカード情報を入力するのが通常です。「LINE Payで支払う」を選べば、個人情報を入力する必要がなくなります。 あくまでもクレジット決済としての利用のため、LINE Payの残高がなくても決済できるのもメリットです。

クレジットカードは特定のカードを除き、LINE Payへのチャージはできません。LINE Pay残高が足りないときの代替として捉えておきましょう。 LINE Payを経由したクレジット払いは「LINE Payに登録していない人」でも可能です。

ただ、この場合は決済時に都度カード情報の入力が求められるため、手間がかかります。 スムーズさを求めるなら、LINE Payに登録しておくのが賢明です。なお、LINE Payのクレジット払いができる場所は「LINEサービスの一部加盟店のみ」に限られています。

クレジットカードのポイントが貯まる

LINE Payにクレジットカードを登録し、LINE Pay経由で決済した場合「カード会社のポイント」は通常通り付与されます。

 ポイント還元率が1%以上の高還元率カードとLINE Payを連携させておけば、決済がラクになるうえにポイントも貯まり、いいこと尽くしでしょう。

 LINEには「LINEポイントクラブ」というポイント還元制度があり、利用金額やランクに応じたLINEポイントが付与されます。 ただし「チャージ&ペイ」という後払いサービスを利用することが条件で、LINE Payを経由したクレジット払いや残高払いではLINEポイントは付与されません。

登録の手順

登録が可能なクレジットカードの種類と、手順を確認しましょう。カードの登録には、LINE Payパスワードの設定が必要です。LINE内の「ウォレット」から、パスワードを設定しておきましょう。

登録が可能なカードの種類

LINE Payに登録できるクレジットカードのブランドは「VISA」「MasterCard」などがあげられます。

加盟店や利用国により、一部のカードブランドが利用できない場合がある点に注意しましょう。 たとえば、日本の電話番号でLINEを利用している場合、すでに登録済みのものは利用できますが、「AMEX(アメックス)」や「Diners(ダイナースクラブカード)」の新規登録はできません。

VISAとMasterは「LINE STORE」などのLINEサービスの加盟店サイトで利用ができますが、JCBは一部対象外です。

クレジットカードのお申し込みはポイントインカムなどのポイントサイトからがおすすめです。貯まったポイントはドットマネー経由で現金やマイルに交換できます。さらに今なら新規会員登録キャンペーンも開催中です。
ドットマガジン 新規登録はこちら

クレジットカード情報を登録

登録可能なクレジットカードを手元に用意したら、早速カード情報を登録しましょう。まず、LINE Payメインメニューの「クレジットカード登録」または「設定」から「クレジットカード」をタップします。

 登録したいカードのカード番号・有効期限・セキュリティコードを入力しましょう。LINE Payに登録できるカードは、最大4枚です。よく使うカードを「メインカード」として保存すると、支払いがスムーズにできます。

 「LINE Pay株式会社」がクレジットカード会社と提携して発行する「Visa LINE Payクレジットカード」を使う場合も、登録方法は同じです。

送金機能を使うならLINE CashからLINE Moneyへ

LINE Payには「LINE Cashアカウント」と「LINE Moneyアカウント」の2種類のアカウントがあります。

最初のLINE Payアカウント登録で取得できるのは、LINE Cashアカウントです。「本人確認」を行うとLINE Moneyアカウントに切り替わります。 LINE Cashアカウントでは、チャージしたLINE Pay残高や登録済みのクレジットカードを使って支払いをしたり、LINEのメンバーに「送金依頼」や「割り勘依頼」を出したりすることが可能です。 

実際の残高の送金や割り勘は、基本的にできません。ただし、キャンペーンで付与される「LINE Payボーナス」については、貯まっている範囲内での送金が可能です。 

LINE Moneyアカウントになると、チャージやチャージや支払いの上限金額が引き上がるほか、「相手への送金」や「LINE Pay残高の出金」「銀行振込サービス」も利用できるようになります。 本人確認の方法は「銀行口座の登録」か「アプリでかんたん本人確認」のいずれかを選択する形です。

Visa LINE Payクレジットカードが便利

LINE Pay にクレジットカードを登録するなら、Visa LINE Payクレジットカードがおすすめです。チャージ&ペイという後払いサービスを利用でき、ランクに応じたLINEポイントが貯まります。

LINE Pay カードとの違い

Visa LINE Payクレジットカードは、Visaの利便性とLINEのポイント還元の両方が享受できるカードです。カードショッピングの基本還元率は1%ですが、2021年4月30日まではVISA加盟店での決済において3%のポイント還元が受けられます。

 また、チャージ&ペイという後払い決済サービスにも対応しており、利用者は会員ランクに応じたLINEポイントが最大3%獲得できる仕組みです。「日々の買い物でポイントを貯めたい」という人には、ぴったりでしょう。

 LINE Payが発行するカードには「LINE Pay カード」もありますが、これはJCB加盟店で使える「プリペイドカード」です。 チャージした分だけ使えるのが特徴で、未成年でも発行できます。一方で、Visa LINE Payクレジットカードは「満18歳以上」が対象です。入会時には、通常のクレジットカードと同じく審査が行われます。

Visaのタッチ決済が可能で年会費無料

Visa LINE Payクレジットカードは、Visaの「タッチ決済機能(非接触決済)」を搭載しています。会計時はレジのリーダーにカードをかざすだけで、サインも暗証番号の入力も必要ありません。(一定金額を超えた場合を除く)

 世界各国のVisa加盟店で利用でき、両替の手間がかかる海外旅行では特に重宝するでしょう。

Visa LINE Payクレジットカードは、年会費が1375円(税込)かかりますが、初年度は無料です。 翌年以降は年1回以上の利用で年会費がタダになるため、実質無料のクレジットカードといえます。旅行傷害保険は付帯していませんが、年間100万円までの「ショッピング補償」が付いているのにも注目です。 

家族カードも申し込みできる

Visa LINE Payクレジットカードの所持者は「家族カード」の申し込みもできます。家族カードとは、本会員の家族に対して発行されるクレジットカードです。

 専業主婦(夫)やフリーターは収入や信用面でカードが作れない場合がありますが、家族である本会員の信用によってカードを発行してもらえます。本会員と同じ条件でありながら、年会費がリーズナブルに設定されているのが特長です。

 Visa LINE Payクレジットカードの場合、1枚目は無料で2枚目からは年会費が440円(税込)かかります。 ただ、夫婦や親子で違ったクレジットカードを持つよりも、同じ会社の家族カードを作ったほうが年会費の負担が抑えられるかもしれません。家族カードのLINEポイントは、家族カードを登録したLINE Payアカウントに付与されます。

チャージ&ペイを使おう

LINE Payで決済をするには、事前に金額をチャージする必要があります。しかし、クレジットカードでのオートチャージは認められていません。

 唯一の例外として「Visa LINE Payクレジットカードの所持者」のみ、残高チャージなしで支払いができるチャージ&ペイサービスが利用できます。

支払いの仕組み

チャージ&ペイとは、LINE Pay加盟店でのコード払い・請求書払い・オンライン決済で使った金額を「Visa LINE Payクレジットカードの利用分」として翌月にまとめて引き落とすサービスです。

 チャージ不要で買い物ができるうえ、利用するたびに「マイランク」に応じたLINEポイントが1~3%還元されるのが最大の魅力でしょう。 サービスを利用するには、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録するのが原則です。

登録後、Visa LINE Payクレジットカードを支払い方法として選択すれば、自動的にチャージ&ペイが使えるようになります。 チャージ&ペイでは、LINE Payに使える各種クーポンやLINEポイントクラブで獲得した特典クーポンも利用可能です。

ポイント還元やクーポンが魅力的

LINE Payでは、現在LINE Payの残高払いやLINE Pay経由のクレジット払いではポイントが付与されません。LINE Payでポイント還元を受けるにはチャージ&ペイの利用が不可欠です。

 LINEポイントクラブでは、過去6カ月間のポイント獲得数に応じて会員のランクが決まります。レギュラーからプラチナまでの4ランク制で、ランクごとにポイント還元率や獲得できる特典クーポン数などが異なるのが特徴です。

 最上位のプラチナの場合、チャージ&ペイの還元率は3%となります。LINE Payで使える特典クーポンが10枚獲得できるほか「LINEスタンププレミアム」の利用料金が20%還元されるサービスなど複数の特典付きです。 チャージ&ペイの利用によるポイントは、約24時間後に付与されます。ポイント付与の履歴は「ウォレット」の「LINEポイントクラブ」にある「LINEポイント履歴」から確認しましょう。

設定の手順と確認

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録して支払い方法として選択すると、自動的にチャージ&ペイの設定も完了します。

 登録方法はほかのクレジットカードと同じですが、カードを新規発行した際にカードと一緒に登録方法が記載された案内用紙が届きます。案内に従い、登録を完了させましょう。 登録後は、LINEアプリのウォレットから「LINE Payコード」を開き、「お支払い方法」で「チャージ&ペイ」を選択します。

チャージ&ペイとVisa LINE Payクレジットカードの利用履歴は、アプリ上で確認可能です。 「LINEウォレット」→「LINE Pay残高」→「お支払い履歴」と進み、「すべて」と表示されているメニューをタップしましょう。「Visa LINE Payクレジットカード」を選択すると、履歴が表示されます。

まとめ

LINE Payがあれば、決済や送金、割り勘が簡単に行えるようになります。公共料金などの請求書払いにも対応しており、支払いにかかる手間が省けるでしょう。 

LINE Payの利用でポイントを貯めたい場合は「Visa LINE Payクレジットカード」が欠かせません。還元のあるチャージ&ペイのサービスを活用し、普段の買い物でLINEポイントをどんどん貯めましょう。
ドットマガジン 新規登録はこちら
クレジットカードの発行はポイントサイトからのお申し込みでさらにお得になります。今なら新規会員登録キャンペーンも開催中です。
ドットマネーに登録すると、ポイントのお得情報をいち早くお届けします

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?

お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!

「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します