メルペイ残高払いの基礎知識。必要な登録設定やチャージ方法も紹介

by ドットマネー編集部

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

メルペイ残高払いの基礎知識

スマホ決済サービス「メルペイ」にはいくつかの支払い方法がありますが、売上金やチャージした金額を使って支払う方法を「メルペイ残高払い」と呼びます。メルペイ残高・売上金・ポイントの違いについて理解しましょう。

メルペイ残高とポイントの違い

「メルペイ残高」はメルカリや全国の加盟店での買い物に使えるお金です。「ポイント」も同じように使えますが、残高とポイントにはいくつかの違いがあります。 

メルペイ残高は「チャージ」や「メルカリの売上金の取得」によって増やせるのが特徴で、基本的に有効期限はありません。申請をすれば、指定した銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。 

一方、ポイントは、キャンペーンで付与される「無償ポイント」と購入によって得られる「有償ポイント」に大別されます。 メルペイ残高同様、1ポイント=1円として支払いに充当できますが「有効期限」が設定されています。ポイントの現金化はできません。

売上金とメルペイ残高の違い

「売上金」とは、フリマアプリ「メルカリ」の出品で得られたお金を指します。メルカリで物を売ることがない人は、当然ながら売上金は発生しません。 売上金をメルペイの支払いに使いたいときは、売上金でポイントを購入し、ポイントで支払いをします。 

ただし、メルペイに「支払い用の銀行口座」を登録している人や「アプリでかんたん本人確認」を完了させている人は、売上金が自動的にメルペイ残高に移行されるのが特徴です。この場合は「売上金=メルペイ残高」と考えてよいでしょう。

\2022年12月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

\2022年12月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

残高払いをするのに必要な登録と設定

メルペイ残高払いのメリットはポイントを購入する必要がなく、支払いがスムーズにできる点です。「メルペイスマート払い」という後払いサービスもありますが、使うお金をセーブしたい人にとっては、都度チャージができる残高払いが安心でしょう。

銀行口座登録もしくは本人確認

メルペイ残高払いを使うには「銀行口座の登録」または「本人確認」のいずれかが必要です。登録が完了すると、売上金が自動的にメルペイ残高に切り替わります。

銀行口座は、残高をチャージするための「支払い用銀行口座」のことで、メルカリの売上金を出金するための「振込申請用銀行口座」とは別物です。

登録はメルペイのタブの「銀行チャージ」から行えます。「銀行口座を登録する」をタップして情報を入力した後、所定の「銀行サイト」にて手続きを完了させましょう。 本人確認は、アプリ内の「アプリでかんたん本人確認」という機能を利用します。

「メルペイ」→「使い方」→「本人確認」→「設定をはじめる」と進み、「他書類で確認」から本人確認書類の種類を選択します。その後、画面の案内に従って「自分の顔」と「本人確認書類」を撮影しましょう。」

iD決済の設定

メルカリの残高払いは「iD決済」にも対応しています。iD決済はNTTドコモが運営する電子マネーサービスで、iD加盟店ではスマホをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

メルペイでiD決済を利用するには、アプリ内でメルペイの「電子マネーカード」を作成し、普段使っている「Walletアプリ」にカード情報を追加する方法が一般的です。 まずは「メルペイ」→「iDマーク」→「設定をはじめる」より、iDの設定を行いましょう。

iD払いは一部の端末機種にのみに対応しています。iOS端末は日本で販売されたiPhone 7以上・Apple Watch Series 2以上、Android端末はAndroid 5.0以降がインストールされているおサイフケータイを搭載した機種が対象です。

メルペイ残高へのチャージ方法

メルペイ残高を増やす方法は主に二つあります。メルカリでの売上金を獲得する方法と、銀行口座やセブン銀行ATMから現金をチャージする方法です。

売上金をチャージ

本人確認や銀行口座の登録が済んでいる人は、メルカリの売上金がそのままメルペイ残高になるため、わざわざチャージをする必要はありません。メルカリでの売上を上げ、メルペイ残高をどんどん増やしていきましょう。 

本人確認などをせずに売上金を使いたい場合は、「ポイント購入」による「ポイント払い」の一択です。ポイント購入は「メルペイ」の「ポイント購入」から手続きを行いましょう。 有償ポイントの有効期限は購入日から起算して1年間です。

銀行やゆうちょ銀行の口座からチャージ

支払い用の銀行口座をアプリに登録しておき、残高が少なくなったときにチャージをする方法です。アプリ上ですぐにチャージができるため「残高が少ない…」とレジ前で慌てる心配がありません。

登録できる銀行は、メガバンク・ネット銀行・ゆうちょ銀行・地方銀行などさまざまです。自分が使いやすい金融機関を選びましょう。

チャージ時は「メルペイ」の「残高にチャージ」をタップし、銀行口座と金額を選択します。「チャージする」をタップすれば、その場で入金が確認できるはずです。 チャージボタンは「支払い方法」を「メルペイ残高」に設定している場合に表示されます。

メルペイスマート払いに設定している人は、コード画面の背景色が青色の状態でチャージに進むボタンがありません。コード右下の「⇔残高(売上金含む)」をタップして残高払いに変えましょう。背景色が赤色に変わり、コード左下にチャージのボタンが出現します。

セブン銀行ATMからチャージ

本人確認が完了している人は、支払い用の銀行口座を登録していなくても「セブン銀行ATM」からチャージができます。 なお、チャージは現金のみです。

メルペイの「残高にチャージ」から「セブン銀行ATM」を選択し、「チャージする」→「QRコードを読取りへ」と進みます。ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択しましょう。

ATMの画面に表示されているQRコードをスマホで読み取ってから、ATM画面で「次へ」をタップします。スマホ上に「企業番号」が表示されるため、ATM画面に入力をします。

 1回の最低入金金額は1000円で、おつりは出ません。また、1日20万円までチャージができますが、残高が100万円以上ある場合は追加チャージは認められない点も注意しましょう。

まとめ

メルペイの残高・売上金・ポイントは、どれも支払いに利用できますが、有効期限や増やし方などが異なります。 売上金を支払いに使いたい場合は、銀行口座の登録か本人確認を済ませておきましょう。

メルペイ残高に切り替えると、ポイントを購入する手間が省けるうえに、有効期限を気にせずに自分のペースで使えるようになります。

\期間限定!最大10,000ポイントゲット/

\期間限定!最大10,000ポイントゲット/

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します