ギフト券チャージでAmazonポイントがもらえる。付与日や使い方

by ドットマネー編集部

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

ポイントがつくAmazonギフト券はどれ?

Amazonギフト券には、ポイントがつくタイプとつかないタイプがあります。せっかく購入するなら、ポイント還元でお得になるタイプを知っておきましょう。なかには、プレゼント用に向いているものもあります。

Amazonギフト券には複数の種類がある

Amazonでの購入に使える「Amazonギフト券」には、複数の形があります。用途によって、適切なタイプを選びやすいのが魅力です。

ただ、店舗によっては、扱っている種類が限られている場合があります。たとえば、コンビニで販売されているのは、「カードタイプ」「シートタイプ」などです。

カードタイプには値段が指定されているものと、書かれている金額の中から自分で任意の金額を設定する「バリアブル」があります。

シートタイプはコンビニの端末から印刷し、レジで購入するものです。どちらも現金で購入でき、受け取ったギフト券の番号をAmazonのアカウントに登録することで即時使えます。

Amazonのサイトでは、複数タイプのAmazonギフト券が購入可能です。「Eメール添付」「印刷タイプ」「ギフトボックス」など、プレゼントに最適なものも豊富にそろっています。

「10枚セット」や「チャージタイプ」などは、プレゼントはもちろん自分で購入する際も向いているでしょう。店舗購入では現金支払いとなりますが、オンラインで購入する場合はクレカのポイント還元が受けられる点もメリットです。

チャージタイプはAmazonポイント対象

通常、Amazonギフト券は、ポイント還元の対象ではありません。しかし、「チャージタイプ」は条件つきで、Amazonポイントが還元されます。

Amazon公式サイト内にチャージ用のページがあり、「チャージする」から入金することでポイントアップが適用された状態での購入が可能です。

「5000円以上」のチャージで還元対象となり、金額が増えると段階的にポイントアップしていきます。支払い方法も指定があり、「コンビニ」「ネットバンキング」「ATM」での支払いが対象です。

コンビニ払いでは、反映までに5分程度かかります。ほかの方法も10分程度でギフト残高に反映されますが、状況によっては時間がかかるケースもあるため早めのチャージがおすすめです。

手続きにはひと手間かかりますが、チャージタイプはギフト券番号の登録が不要でスムーズに使えます。Amazonギフト券の購入でクレカ払いにした場合、クレカポイントの還元が得られるケースもありますが、Amazonポイントの還元はチャージタイプ独自の特典です。

\2022年8月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

\2022年8月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

Amazonチャージで最大2.5%還元

Amazonギフト券のチャージをうまく利用すると、最大2.5%のAmazonポイントが還元されます。ただし、すべての支払い方法や金額で、ポイントが還元されるわけではありません。対象の条件を確認しておきましょう。

現金チャージでつくポイントの還元率

現金チャージを選択すると、金額によってポイント還元率が変化します。また、Amazonの会員種別でも還元率が異なるため、最大限の還元を受けたいときは無料の「通常会員」ではなく有料の「プライム会員」を検討しましょう。

プライム会員は、同じチャージ金額の際に「通常会員の還元率に0.5%が加算される」仕組みです。

≪通常会員≫

・5000円以上で0.5%
・2万円以上で1%
・4万円以上で1.5%
・9万円以上で2%

≪プライム会員≫

・5000円以上で1%
・2万円以上で1.5%
・4万円以上で2%
・9万円以上で2.5%

最大2.5%の還元で、たとえば10万円のチャージでは2500円分がポイントとして還元されます。過去には、最大3.0%ポイントアップキャンペーンも行われました。

会員維持費を念頭に置いたうえで、通常会員とプライム会員の還元率を比較してみましょう。プライム会員は、月額500円(税込)または年会費4900円(税込)で入会できます。

公式サイトでは無料の体験期間があるほか、docomoや大阪ガスの対象プランに加入すると「Amazonプライム会員」に無料で加入できるためお得です。

対象外の条件や注意点

Amazonギフト券のチャージで注意したいのは、ポイント還元が「現金チャージ」かつ「5000円以上のチャージ」に限られる点です。

「クレジットカードや電子マネーでのチャージ」は、還元の対象外となっています。対象の支払い方法であるコンビニやネットバンキングなどの支払い期限は、「番号発行日を含めて6日間」です。支払いができない場合は、自動キャンセルとなります。

なお、「開設30日以内のアカウントからの購入」は支払い方法にかかわらずポイント還元の対象となりません。Amazonポイントでギフト券を購入することもできないため注意しましょう。

金額で還元率が変わることも

金額により還元率が変わることもあり、長期で利用することを前提に9万円以上使う方がお得になります。2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限は「発行より10年間」です。

年間1万円程度Amazonで買い物すれば、10年間の期限内で十分使い切れます。生活用品の支払いにも利用できるため、消費目的の余計な買い物にはなりにくいでしょう。

Amazonギフト券のチャージ方法

Amazonギフト券のうち、チャージタイプはAmazon公式サイトからチャージできます。金額も、「15円〜50万円」まで任意で設定が可能です。現金チャージの場合は、対象のコンビニやネットバンキング、ATMでの手続きを行いましょう。

金額を指定して注文する

Amazonギフト券をチャージするには、まず購入する「Amazonアカウント」にサインインしましょう。Amazonギフト券チャージのページで金額を入力し、チャージするボタンを押すと手続きに進みます。

金額は5000円・2・4・8万円です。選択肢の中から選ぶだけでなく、手動入力で1円単位のチャージができます。手続きを終えると、お支払い番号お知らせメールや注文履歴で11桁の「お支払い番号」がチェックできます。

セブンイレブンで支払う場合には、13桁です。支払いの際に利用する番号のため、コンビニなどでの手続きの際は忘れずに確認しておきましょう。

なお、クレジットカード限定で、一定金額を下回ると指定金額を自動チャージできる「オートチャージ」機能も設定できます。

支払い可能なコンビニ、ネットバンキング

Amazonギフト券のチャージに対応するコンビニやネットバンキングは、限られています。コンビニ払いはローソン・ファミリーマート・セブンイレブン・ミニストップなど大手コンビニのほか、デイリーヤマザキやスリーエフ、サークルKサンクスなどでも手続きが可能です。

店頭端末でバーコードを発券するか、お支払い番号をレジで伝えることで支払いができます。店頭端末とは、ローソンは「Loppi(ロッピー)」・ファミリーマートなら「Famiポート(ファミポート)」のことです。

ネットバンキングで対応しているのは、住信SBIネット銀行・じぶん銀行・ジャパンネット銀行の3行になります。お支払い番号お知らせメール内にあるリンクから手続きを行いましょう。どの銀行を選ぶ場合でも、支払い先は収納代行機関である「ウェルネット」が表示されます。

Amazonポイントを確認して活用しよう

付与されたAmazonポイントは、アカウントにサインインすると確認できます。ギフト券やポイントを使用すると、クレカや電子マネーがなくてもお得に商品購入が可能です。購入時にポイントを利用する方法も知っておきましょう。

毎月中旬頃に付与される

チャージで付与されたAmazonポイントは、「毎月中旬頃」に付与されます。前月1日〜末日までに獲得したポイントが、翌月中旬頃にまとめて付与される仕組みです。

ポイント数は、Amazonにサインインすると「検索ボックス下」に表示されます。管理ページにあたる「マイポイントページ」では、獲得や利用履歴もチェック可能です。

マイポイントは、トップページの「Amazonポイント数」からリンクされており、クリックすれば移動できます。

商品購入などで手に入るAmazonポイントは、いったん「仮ポイント」として予定され、商品発送が行われると「確定ポイント」に移行する仕組みです。チャージなどで付与されるポイントとは加算タイミングが異なるため注意しましょう。

お買い物で使う方法

Amazonポイントを使うには、商品をカートに入れて注文の手続きを進めます。「レジに進む」をクリックすると、支払い方法の選択が可能です。

「Amazonポイント」のチェックボックスにチェックがあると、ポイントが適用されます。実際に購入金額にポイントが適用されているかを確認し、注文を行いましょう。

なかには、ポイントを利用できない商品もあります。kindle本以外のデジタルコンテンツやAmazonコインの購入などには、ポイントは使えません。

ギフト券とAmazonポイントを両方保有している場合は、原則「ポイント」から使用される仕組みです。ポイントを保有している状態で、ギフト券の期限が近い場合には注意しましょう。ギフト券の残高が余っているときは、「プライム会員の会費」に充てることもできます。

なお、Amazonポイントの有効期限はギフト券と異なり、「最終の商品購入やポイント獲得から1年間」です。商品購入やポイント獲得があると、有効期限は延長されます。

まとめ

Amazonギフト券のチャージタイプは、条件を満たすとAmazonポイントの還元がありお得です。コンビニやネットバンキングなどで支払い手続きが必要ですが、最大2.5%のポイントが付与されます。

Amazonで、よりお得に買い物をしたいときは活用してみましょう。付与されたAmazonポイントも、ギフト券と合わせて商品購入に利用できます。

\期間限定!最大5,000ポイントゲット/

\期間限定!最大5,000ポイントゲット/

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します