JALマイルを貯める方法を解説。マイル獲得におすすめのカード4選

by ドットマネー編集部

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

JALマイレージバンクとは

JALマイレージバンクとは「JAL(日本航空)」が行っているマイレージプログラムを指します。マイルを貯めるには、マイレージバンクへの入会が不可欠です。

JALのマイレージプログラム

各航空会社には「マイレージプログラム」という独自のポイント加算サービスがあります。飛行機利用や提携店での買い物で「マイル(マイレージポイント)」が貯まり「特典航空券」や座席のアップグレードなどに充当できる仕組みです。 

「JALマイレージバンク(JMB)」は、JALのマイレージプログラム名です。銀行口座のように獲得したマイルを貯めておくことができ、好きなときに使ったり交換したりできます。 

JALのマイレージバンクを利用するには「入会手続き」をして「JALマイレージバンク会員」になることが必要です。入会手続きをしない場合、JALのサービスを利用してもマイルは貯まりません。 ただし、入会以前の搭乗分は6カ月以内であれば事後登録が可能です。

入会の方法

JALマイレージバンクに入会するにはクレジット機能なしの「JMBカード」かクレジット機能付きの「JALカード」を作るのが最初のステップになります。 

「JMBカード」は、マイルを貯めることに特化したオーソドックスなカードです。年会費・入会金は無料で、数種類から自分に合った1枚が選択できます。 

なかでも「JMB WAONカード」と「JMB G.G WAONカード」には、電子マネー(WAON)の機能が付いており、マイルからWAONへのチャージができます。

「イオン(AEON)」では、毎月20・30日にあたる「お客様感謝デー」でWAON支払いをすると5%オフになるのも見逃せません。

 クレジット機能付きの「JALカード」の入会でも、JALの会員資格が得られます。カードによって入会金や年会費は異なるため、付帯サービスなども考慮しながら決めましょう。 

\2022年8月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

\2022年8月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

フライトで貯める方法

JALの飛行機を利用すると「フライトマイル」が貯まります。マイルの積算率や、JALと同じ「アライアンス」に加盟する航空会社もチェックしておきましょう。

JALグループ航空会社の利用

JALグループ航空会社の飛行機を利用すると「フライトマイル」が付与されます。

・フライトマイル=区間マイル×利用運賃の積算率

「IATA(国際航空運送協会)」のTPM(運賃計算に使用する区間距離)を基準にした「区間マイル」に、運賃(予約クラス)に対応した「マイル積算率」を掛けて算出されます。 

JMBカードやJALカードには「JMBお得意様番号」が記載されており、航空券のWeb予約時や空港の自動チェックイン機に番号を入力するとマイルが積算される仕組みです。 

搭乗時にマイルの積算手続きができなかった場合は、搭乗から6カ月以内に「事後登録」を行いましょう。JALのHPやJALモバイルサイトが便利ですが、電話や郵送でも可能です。

アメリカン航空など提携航空会社の利用

JALは「ワンワールド」という航空連合(アライアンス)に加盟しています。アライアンス同士は、マイレージで提携している点が魅力です。ワンワールドに加盟している航空会社であれば、どの飛行機に乗ってもJALのマイルが貯められます。 

同じ加盟には「アメリカン航空」やイギリスの「ブリティッシュ・エアウェイズ」、香港を代表する「キャセイパシフィック航空」など全14社です。JAL以外の航空機を利用する機会があれば、同じ加盟かどうかを確認しておきましょう。 

また、「ジェットスター・ジャパン」や「大韓航空」のように、JALと独自で提携している航空会社もあります。各航空会社の運賃種別によるマイルの積算率は、JALのHPで確認しましょう。 

宿泊で貯める方法

宿泊を伴う旅行はマイルが大きく貯まる絶好の機会です。空港配達サービス・パーキング・レンタカーショップなど、全国にあるマイルパートナーを上手に活用しましょう。

ホテルの利用

ホテルの利用で貯まるマイルを「ホテルマイル」と呼びます。JALの提携先のホテルは世界中に1万5000軒以上あり、なかには有名な高級ホテルも含まれます。「フライト×ホテル滞在」でマイルが一気に加算されるでしょう。

マイルの積算ルールはさまざまで、「利用料金」や「泊数」に応じてマイルが貯まるホテルもあれば、1滞在につき「固定のマイル」が貯まるホテルもあります。

JALが提供するホテルマイルの対象は、ホテルの公式サイトから予約した場合のみです。現地では、宿泊料金を支払う際にJMBカードまたはJALカードを提示し、マイル積算を希望する旨を必ず伝えましょう。

また、一部のホテルは、別途プログラムへの入会が必要です。 チェックアウト時は会員名義の「料金領収書」を受け取り、マイルが積算される2~3カ月後まで保管しておきます。

温泉宿の利用

JALと提携する全国の「温泉マイル提携施設」では、宿泊プラン料金や日帰りプラン料金に応じて100円につき2マイルが貯まります。

JALカードの特約店であれば、JALカードの利用でさらに「ショッピングマイル」が加算されるためお得です。最大で100円につき4マイル貯まります。

 温泉マイルを貯めるには、JALの「JAL温泉マイルサイト」か、提携先の公式HPまたは電話で予約する必要があります。「じゃらん」や「楽天トラベル」など、旅行会社経由の予約は温泉マイルの対象外です。 

当日はチェックイン時にJMBカードまたはJALカードを提示し、マイル積算希望の旨を伝えましょう。ホテルから発行される「マイル受付票」と「会員名義の領収書」はマイルが加算されるまで保管しておきます。 

マイルパートナーの利用

対象店でカードを提示したり支払いに利用したりすると、サービスごとの基準に応じたマイルが付与される仕組みです。 

マイルパートナーには、レンタカーショップ・パーキング・空港配達サービス・空港での両替など旅行時に欠かせないサービスも複数そろっています。会員の特典を最大限に活用しましょう。 

たとえば、JMB会員が「JAL空港宅配サービス」の出発宅配を利用すると、1個の荷物につき、最大200マイルが貯まります。

 マイルの積算方法は店舗によっても異なりますが、予約または会計時にJMBカードまたはJALカードを提示し、マイル積算希望の旨を伝えるのが基本です。

ショッピングやポイント交換サイトで貯める方法

JALマイルは、街中の買い物やオンラインショッピングでも貯まります。オンラインショッピングではいくつかのルールや条件をクリアしていないとマイルが積算されない場合があるため、利用規約をしっかりと確認しましょう。 

また、さまざまなポイントサイトで貯めたポイントをまとめられる「ポイント交換サイト」の利用もおすすめです。すきま時間を有効活用してためたポイントをマイルに交換できます。

お店ならマイルパートナーの利用

街中でのショッピングでは、JALの「マイルパートナー」に指定されている店舗を利用しましょう。自分の住んでいる地域の対象店舗は、HPから検索可能です。

店頭ではJMBカードやJALカードを提示し、マイル積算希望の旨を伝えればマイルが積算されます。 

マイルパートナーでは、マイルがいつもよりも多く貯まるお得なキャンペーンも実施しています。新パートナーも随時追加されているため、JALのHPをこまめにチェックしておきましょう。 

また、マイルパートナーの中には「JALカードの特約店」に指定された店舗も含まれます。 

「ショッピングマイル・プレミアム」が付帯したJALカードで決済すると、カード提示によるマイルとは別に、利用金額に応じた「ショッピングマイル」が通常の2倍(100円=2マイル)貯まる仕組みです。

ネットならeマイルパートナー

オンラインショップの利用でマイルがたまる提携先を、JALでは「eマイルパートナー」と呼んでいます。パートナーは約400店舗です。「Amazon」「ビックカメラ」「UNIQLO」などの有名企業も含まれます。 

マイルを貯める際は、「JALマイレージモール」というサイトを経由して買い物をするのがルールです。

モールで店舗を選び「このショップへ行く」をクリックすると「JMBお得意様番号確認ページ」が表示されます。 番号とパスワードを入力してからショッピングに進むと、利用金額に応じたマイルが自動的に積算される仕組みです。

なお、店舗によっては、ページ移動後24時間を経過した商品はマイルが積算されません。店舗ごとに積算対象外の商品もあるため、利用規約を必ず確認しましょう。

.moneyで交換する

「ドットマネー(.money)」は「アメーバ(Ameba)」が運営するポイント交換サービスです。他社ポイントを共通通貨「マネー」に集約し、必要に応じて他社ポイントや現金、ギフト券などに交換できます。

マネーは、JALマイルへの交換も可能です。「特典航空券の必要マイル数まであと少し足りない…」というとき、手元にある他社ポイントをドットマネーに変え、さらにJALマイルに交換するのも一つの手です。

 レートは500マネー=250マイルとなっています。手数料がかからず、気軽に利用できます。

JALマイルを貯めるのにおすすめのクレカ

本腰を入れてJALマイルを貯めるなら、フライトマイルとショッピングマイルがWで貯まる「クレジット機能付きのJALカード」を利用するのがおすすめです。還元率の高いクレジットカードを選び、ポイントからマイルに交換するのもよいでしょう。

移行手続き不要でラク JAL普通カード

「JAL普通カード」は、年会費2200円(税込)のスタンダードなカードです。

ショッピングマイルが200円につき1マイル貯まるほか、搭乗のたびにフライトマイルが10%加算されます。 入会搭乗ボーナスが1000マイル(初回1回のみ)、毎年初回搭乗ボーナスが1000マイル付与される特典も見逃せません。 

より賢くマイルを貯めたい人は、年会費3300円(税込)で「ショッピングマイル・プレミアム」に追加加入しましょう。マイルの付与率が100円=1マイルと倍にアップします。

マイルを貯めたい人にとってJALカードは、ポイントではなく直接マイルが付与されるのがメリットです。ポイントからマイルに移行する際の手数料がかからず、損をすることがありません。 

ショッピングにおすすめ JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

JALカードと「Suica」が一体化したカードで、貯めたマイルをSuicaにチャージして使うことが可能です。年会費は2万900円(税込)と高めですが、ゴールドカードならではの特典が充実しています。 

「ショッピングマイル・プレミアム」に会費なしで自動入会となり、ショッピングマイルが100円につき1マイル貯まります。搭乗ごとにフライトボーナスが25%プラスされるため、出張や旅行に行く機会が多い人にはメリットが大きいでしょう。 

Suicaのチャージのほか、切符や定期券の購入で「JR東日本」の「JRE POINT」が貯まります。普段の生活でも利用する場面が増えそうです。

イオンやWAONをよく使うなら JALカード TOKYU POINT ClubQ

「TOKYU POINT ClubQ」は「東急グループ」とJALが提携したクレジットカードです。

東急グループで買い物をすると、JALカードショッピングマイルに加え「TOKYU POINT」も貯まります。TOKYU POINTとマイルはニーズに応じて相互に交換ができるため、使い道が広がりそうです。

また、電子マネーWAONが付帯した「JMB WAONカード」と「TOKYU POINT ClubQ」を紐づけしておくと、クレジットカードからWAONカードへのオートチャージが可能になります。 チャージマイルとショッピングマイルの両方が獲得できるのも魅力でしょう。

カードの種類は普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカードから選べます。

マイルとTOKYU POINTが両方たまるJALカード TOKYU POINT ClubQ - JALカード

入会半年は還元率アップ Orico Card THE POINT

「いろいろな航空会社のマイルを貯めている」「陸の移動や買い物も多い」という人は、ポイント還元率が高いカード1枚に絞りましょう。

1回の旅行や出張でポイントが一気に貯まり、次回以降必要なときにマイルや他社ポイントに交換できます。 

「Orico Card THE POINT」は、年会費無料でありながら、還元率が1%の高還元率を誇るカードです。

入会後6カ月間は還元率が2%アップし、100円につき2オリコポイントが貯まります。上限は5000ポイントです。 


「オリコモール」経由でネットショッピングをすると、1%のカード利用ポイントに0.5%のオリコモール利用ポイントが加算されます。 

オリコポイントは1000ポイント単位でJALマイルに移行が可能です。1000ポイント=500マイルに換算され、移行手数料はかかりません。 

まとめ

JALのマイルを貯めるには、JALマイレージバンクへの入会が前提です。JMBカードまたはJALカードを申請し、搭乗時や買い物時に提示しましょう。クレジット機能が付いたJALカードは、JMBカードよりもマイルが貯まりやすいのが特徴です。 

Suica機能を搭載したものや電子マネーWAONと紐づけできるカードを選べば、日常生活でも便利さを実感するでしょう。ポイントが貯まる他社のクレジットカードの場合は、ポイントからマイルへの移行レートを確認する必要があります。
ANAやJALのマイルはポイントサイトで貯まったポイントをドットマネー経由で交換することでお得に貯めることができます。さらに今ならドットマネーおすすめのポイントサイトで新規会員登録キャンペーンを開催中です。

\期間限定!最大5,000ポイントゲット/

\期間限定!最大5,000ポイントゲット/

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します