dカードの審査は厳しい?入会基準や審査期間について解説

by ドットマネー編集部

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

\今なら楽天カード新規お申込みで5,000ポイントをゲット/

dカードの種類

dカードは「株式会社NTTドコモ」が展開するクレジットカードサービスです。カードの種類は「dカード」と「dカード GOLD」の2種類に大別され、年会費や付帯する特典などが異なります。

一般カードの「dカード」

「dカード」は、クレジットカードのランクでいう「一般カード」にあたります。以前は「DCMX」の名称で発行されていましたが、2015年11月20日より「dカード」に変更されました。

dカードにはDCMXにはなかった「dポイントカード機能」が新たに追加されており、dポイント加盟店でカードを提示すると、利用金額に応じた「dポイント」が貯まります。

dカードの年会費は永年無料です。カード決済では「100円(税込)ごとに1ポイント」の「dポイント」が付与され、「1ポイント=1円」として、買い物やドコモのスマホ料金代の支払いに使えます。

また、「dカードケータイ補償」という、NTTドコモならではの特典が付帯しているのも特徴です。購入から1年間はケータイの紛失・盗難時に「最大1万円」の補償(条件あり)が受けられるため、スマホをなくしやすい人にとっては心強いでしょう。

ゴールドカードの「dカード GOLD」

「dカード GOLD」は一般カードのワンランク上にあたる「ゴールドカード」で、年会費は1万1000円(税込)です。

ポイントの標準還元率はdカードと同じ1%ですが、毎月のドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金の10% が還元される「dカード GOLD限定特典」が付帯しているのが特徴です。

利用料金「1000円(税抜)につき100ポイント」が貯まるため、毎月1万円の利用料がある人は、年間で1万2000ポイントが獲得できます。ドコモユーザーであれば、すぐにカード年会費の元が取れるでしょう端末代金、決済代行料金は除く)。

ケータイ補償は「購入から3年間は最大10万円」
と、一般カードよりも補償内容が手厚くなっているのにも注目です(※利用にあたっては条件あり)。

\2022年12月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

\2022年12月31日までのお得なキャンペーン開催中!/

dカードを発行しよう

dカードは、ドコモユーザー以外でも発行が可能です。「dポイントを貯めたい」「入会キャンペーンの特典を享受したい」「ドコモへの乗り換えを検討している」という人は、dカードの申し込みを検討しましょう。

dカードの入会方法は3通り

dカードの入会方法は、「Webサイト」「ドコモショップ」「郵送」の3種類です。スピード重視の人は、「dカードの公式Webサイト」で申し込みを行いましょう。

発行までの大まかな流れは「必要事項の入力」→「受付メールの受信」→「入会審査」→「カード発行」です。疑問点や不明点があれば、「オンラインチャット」で質問ができます。

近くにドコモショップがある場合は、店頭で申し込み手続きが行えます。ドコモのWebサイトから指定のドコモショップへの「来店予約」をしておくと、待ち時間がなくスムーズです。

店舗によっては「新型コロナ」の影響で、来店予約がないと手続きできない場合もあります。来店予定日に確実に手続きしたい場合は、電話で確認しておくのがおすすめです。

郵送での申し込みを希望する人は、Webサイトで「入会申込書の請求」を行いましょう。郵送に日数を要するぶん、オンラインや店頭手続きよりも時間がかかります。

審査から発行までの期間

dカードは、申し込みから発行までにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?申し込み後は、カード会社による「入会審査」が行われますが、審査にかかる時間は人によってまちまちです。

手元にカードが届くまでに「2~4週間ほど」かかるとみておきましょう。審査の状況によっては、1カ月以上の期間を要するケースもあります。

一方で、オンライン申し込みは「スピード審査」に対応しているため、店頭や郵送での申し込みよりもスピーディです。フォームに必要事項を入力して「申し込み」をクリックすると、最短5分で「受付メール」が届きます。

営業時間内の申し込み、かつ入力内容に不備がない場合は、最短5分で審査結果が通知され、最短5日でカードが届きます。

dカードの審査状況と審査結果は「my docomo」で確認が可能です。カード申し込み時に登録した「dアカウント」でログインし、「ご契約内容確認・変更」→「dカード」と進みましょう。審査中であれば「未契約」、審査が完了していると「ご契約中」と表示が異なります。

審査の厳しさ

審査通過の難易度はカードの発行元やカードの種類などによって異なります。dカードの審査の難易度はどの程度なのでしょうか?

dカードの入会条件は、「(高校生を除く)18歳以上」です。年収などの条件は記載されておらず、条件に合致する人であれば誰でも申し込みができます。

一般的に、審査の難易度が高いのは、クレジットカードの国際ブランドが発行する「プロパーカード」と銀行が発行する「銀行系カード」です。逆に、イオンやマルイなどの小売業者が発行する「流通系カード」は審査のハードルが低いといわれています。

dカードは「ネット・通信系クレジットカード」に分類されていますが、三井住友カード(銀行系)と共同でカード運営をしている経緯もあり、審査基準は銀行系カードに近いと考えてよいでしょう。

審査でチェックされるポイント

クレジットカードがあると、手元に現金がなくても買い物ができるようになります。これは、商品代金をカード会社が一時的に立て替えているためです。

入会審査では「申し込み者の返済能力の有無」がチェックされ、問題がないと判断された場合のみカードが発行されます。

勤め先など属性

dカードの申し込み時は、「本人確認書類」と「勤務先情報」を提出が必要です。入会審査では、「本人の属性情報」がチェックされます。

「属性」とは、申し込み者を取り巻く環境や社会的な地位、家族構成などのことです。カード会社ではこれらをスコアリング(点数化)し、どれほどの信用力と返済力があるかを審査します。

・職業・勤務年数・収入・雇用形態・役職
・勤務先・会社の規模
・住居の状況・居住年数
・家族構成

「高収入=審査に通りやすい」と考える人もいますが、必ずしも年収の高い人が審査に受かるとは限りません。高収入でも支出が多く、複数社からの借り入れを行っている人は審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

過去に支払遅延がないか

カードの審査で重要視されるのが「個人信用情報」です。過去にクレジットカードやローンを利用したことがある場合、指定信用情報機関(CIC)に「過去の取引情報」が保管されています。

・本人の情報(氏名・住所・電話番号など)
・取引の履歴(契約の種類・契約額・支払回数・残債額など)
・申込内容に関する事実
・本人申告コメント

カード会社は申し込み者が申告した内容と信用機関に登録された情報を照合し、「延滞」「債務整理」「代位弁済」がないかをチェックします。

カード会社が恐れているのは「貸し倒れ」です。特に、過去1~5年間に「複数回の延滞」や「3カ月以上の長期延滞」の事実があると「返済能力に不安要素あり」と見なされ、審査通過の難易度が上がります。

クレジットカードの申込状況、利用実績

クレジットカードの申し込み状況や利用実績を「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ぶのはご存じでしょう。信用機関には、契約中のカード情報はもちろん、契約が終了した情報(5年以内)も保管されています。

カード会社の審査基準は公開されていませんが、主に以下の履歴がある人は審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

・支払い遅延
・カードの強制解約
・多重申し込み
・短期間での解約
・30代以降でクレジットヒストリーがない

短期間に複数枚のカードを発行する「多重申し込み」があると、お金に困っていると疑われ、審査に通りにくくなります。短期解約を繰り返せば、「特典狙い」と見なされるでしょう。

また、30代以降でクレジットヒストリーがない人の場合、カード会社は返済能力が推測できません。クレジットカードの発行を今までにしたことのない「スーパーホワイト」の場合もありますが、債務整理や自己破産があったとも考えられます。良好なクレヒスがある人に比べて、審査の難度は上がるでしょう。

現在の借り入れ状況

クレジットカードには、「キャッシング」枠があります。カードを使って、上限枠の範囲内でATMから現金を引き出せる機能です。高額の引き出しが必要になった場合は、専用カードの発行で「カードローン」に対応しているカード会社もあります。

カードローンとは金融機関やカード会社が提供する「個人向け融資」の一つで、借入金を銀行口座に振り込んでもらえるのが特徴です。

他社のカードで「キャッシング」を利用している場合、新規カードのキャッシング枠が制限される場合があります。「総量規制」により、キャッシング枠は「年収の1/3まで」と決められているのです。

他社のクレジットカードを利用中で、すでに上限まで借りてしまっている場合は「お金に困っている」と見なされ、審査ではマイナス評価を受けるでしょう。スムーズな審査を望む人は、キャッシング枠は「0円」で申請するのが賢明です。

また、「カードローン借入残高」がある場合は、早めに返済した方がよいでしょう。借り入れ状況は信用機関に記録されており、入会審査時の判断材料とされます。

dカード GOLDの審査のポイント

どのクレジットカードも、一般カードよりもワンランク上のゴールドカードの方が審査基準が厳しくなります。

カード会社によっては収入や年齢の制限を設けている場合もあり、「審査落ち」も珍しくありません。「dカード GOLD」も例外ではなく、一般カードの「dカード」よりも、発行は難しいとされています。

入会条件はdカードより厳しめ

dカードの主な入会条件は、「満18歳以上であること(高校生除く)」です。個人名義の口座を持っている人であれば、専業主婦(夫)やアルバイトでも申し込みができます。

一方、dカード GOLDには年齢に加え、「収入に関する条件」が記載されています。

・満20歳以上(学生は除く)
・安定した継続収入がある
・個人名義であること
・本人名義の口座を支払い口座として設定する
・当社が定める条件を満たしていること

「当社が定める条件」は、dカード・dカード GOLD共通の入会条件です。詳細は記載されていませんが、本人の属性や信用情報などを含む「個人情報」やドコモサービスの利用歴・支払い実績などが該当すると考えられます。

カードを申し込む前に「dカード利用規約」を確認しておきましょう。

安定した収入があれば審査に通る可能性あり

dカード GOLDには「安定した継続収入があること」という条件が追加されていますが、具体的な年収や勤務年数などの記載はありません。

審査基準は非公開のため一概にはいえませんが、「正社員や公務員として働いている人」であれば、審査に通過するのは難しくないでしょう。正社員でなくとも安定した収入が継続して得られていれば、審査に通過する可能性は高いはずです。

一方で、自営業者や個人事業主は正社員や公務員に比べると、審査に不利になる傾向があります。安定・継続収入のない「専業主婦(夫)」は、dカード GOLDの入会条件に合致していません。

新規入会以外の審査

クレジットカードを発行した後でも、「再審査」が必要になる場合があるのをご存じでしょうか?キャッシングリボを利用する際やカードの更新時は、入会審査と同様に「信用情報」や「属性情報」に関する調査が行われます。

キャッシングリボ利用開始や増枠

dカード会員は「キャッシングリボ」というサービスが付帯可能です。

提携金融機関やコンビニのATMで現金が借りられるサービスで、借入額は「毎月のカード利用代金」+「利息」と合わせて、口座から自動的に引き落とされます。返済額は金額や件数に関係なく「毎月一定」になるため、無理なく支払いができるのがメリットです。

キャッシングリボは「dカードの新規申し込み」と同時に申し込みができますが、dカードの発行後にキャッシングリボを希望する際は「再審査」が必要です。また、すでに申し込んでいるキャッシングリボ枠を「増枠」したい場合も、再審査が行われます。

ただし、2022年1月31日をもってキャッシングサービスの利用枠の新規受付は停止しています。今後新たな金融サービスの提供が予定されているとのことなので、続報を待ちましょう。

有効期限切れ後の更新時

クレジットカードは有効期限が切れると、その時点で使用ができなくなります。通常、有効期限が近くなるとカード会社より「新しいカード」が郵送されるため、利用者が自ら手続きをする必要はありません。

カード会社では、更新前に「引き続きカードを発行しても問題がないか」の審査を行います。信用情報やカード実績から「問題ない」とされた場合は新しいカードが発行されますが、人によっては審査通過とならず、更新不可となるケースもあるようです。

特に、信用情報機関に「支払いの滞納」「任意整理」「自己破産」などのマイナス情報が追加されていると、審査が難航します。カードを発行したのにもかかわらず、ほとんど利用実績がない場合も要注意でしょう。

まとめ

ドコモが発行するdカードには、「dカード(一般)」と「dカード GOLD(ゴールド)」の2種類があります。「スピード審査」をウリにしていますが、誰もがスムーズに審査に通るとは限らないのが実情です。

入会審査では「本人の属性」や「信用」が厳しくチェックされ、「支払い能力に不安あり」と判断された場合はカードが発行されません。審査で落ちる要因となるのが、「支払い滞納」「強制解約」「多額のクレジット債務」です。

dカード GOLDの発行やアップグレードを考えている人は、「良好なクレジットヒストリー」を築くことを優先しましょう。

\期間限定!最大10,000ポイントゲット/

\期間限定!最大10,000ポイントゲット/

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します