LINE Payバーチャルカードとは?使い方やメリット、注意点も

by ドットマネー編集部

\お申込みで5,000ポイントもらえる!/

\お申込みで5,000ポイントもらえる!/

LINE Payバーチャルカードとは

LINE Payでは、2020年12月までJCB付きのプリペイドカード「LINE Payカード」の「プラスチックカード」「バーチャルカード」の発行が可能でした。

プラスチックカードを発行するとバーチャルカードも同時に発行されますが、バーチャルカードのみの発行も可能です。まずはバーチャルカードの概要を見ていきましょう。

オンライン専用のプリペイドカード

LINE Payカードのバーチャルカードは、オンライン専用のJCB付きプリペイドカードです。発行すると、クレジットカードと同様にカード番号や有効期限が設定されます。

プラスチックカード・バーチャルカードともにLINE Pay残高をチャージして支払いますが、全国のJCB加盟店でクレジットカードのように使えるため、LINE Pay加盟店以外でもLINE Pay残高から支払えるのがメリットです。

プラスチックカードは決済端末を使って実店舗でも支払いできますが、バーチャルカードはあくまでデータ上の存在です。オンラインのJCB加盟店のみで利用できます。

また、LINEには「LINEプリペイドカード」という決済方法も存在します。名前が似ているため混同しやすいですが、LINEプリペイドカードはLINE STORE内でのみ利用できます。

誰でも無料で発行できる

LINE PayのJCBバーチャルカードは、2020年12月で新規発行が終了しています。発行済のカードは、有効期限まで利用が可能です。

LINE Payのバーチャルカードは、オンライン上でクレジットカードのように利用できます。発行費用や年会費も無料で、新規発行終了後も維持費はかかりません。

解約するとJCBブランドのカードは再発行ができなくなるため、注意しましょう。

\2022年1月16日までのお得なキャンペーン開催中!/

\2022年1月16日までのお得なキャンペーン開催中!/

バーチャルカードを使うメリットと注意点

LINE PayカードのJCBバーチャルカードはオンラインショッピングで使うのが基本ですが、ほかにも複数の使い方があります。

Amazonギフト券・Suicaへのチャージ方法や、QUICPay+での利用方法、使用にあたっての注意点について見ていきましょう。

Amazonギフト券やSuicaにチャージ可能

JCB加盟店でのオンラインショッピングがバーチャルカードの基本的な利用方法ですが、簡単な手順でAmazonギフト券やSuicaのチャージにも利用できます。

Amazonギフト券の場合は「Amazon ショッピングアプリ」、Suicaの場合は「モバイルSuica」アプリをインストールして、バーチャルカードのクレジットカード情報を登録しましょう。

LINE Pay残高があればそのままチャージできるため、スマートフォンだけで手軽にAmazonギフト券やSuicaへチャージ可能です。

QUICPay+が利用できる

LINE PayのJCBバーチャルカードはGoogle Payに登録し、QUICPay+として利用できます。しかし、2020年12月の新規発行終了に伴い、Google Payへの新規登録はできません。

すでに登録済みのものはカードの期限まで利用できますが、機種変更後の再登録もできないため注意しましょう。

QUICPay+を利用するには、「Android OS 5.0以上」「最新のGoogle Payアプリ」「おサイフケータイアプリ6.1.5以上」をインストールした「FeliCaチップ」搭載端末が必要です。

QUICPayはクレジットカードを登録して使うスマホ決済サービスなので、プリペイドカードであるバーチャルカードを登録する場合はQUICPay+加盟店でのみ利用できます。

通常はオンラインショッピングでしか利用できないバーチャルカードですが、Google Payに登録すれば実店舗でQUICPay+による支払いが可能です。

残高不足や支払い回数に注意

LINE PayのJCBプリペイドカードおよびバーチャルカードは、LINE Pay残高を支払い元とするカードです。

JCB加盟店でクレジットカードのように支払いできますが、LINE Pay残高が不足している場合は決済ができません。

また、LINE Payカードはプリペイドカードであるため、支払い回数は1回のみです。後払いが前提のリボ払いや2回払いなどはできないことに注意しましょう。

なお、本人確認前の「LINE Cash」アカウントでは支払い1回あたり10万円(1カ月あたり10万円)、本人確認済みの「LINE Money」アカウントでは1回あたり100万円(1カ月の上限なし)の利用上限があります。

バーチャルカードの使い方

LINE Payカードのバーチャルカードは、LINE Payユーザーなら誰でも簡単に発行できます。使い方の流れを把握するために、発行手続き・チャージ方法・決済方法について見ていきましょう。

チャージ方法は7通り

バーチャルカードの支払い元はLINE Pay残高であるため、LINE Pay残高をチャージすればバーチャルカードの残高として利用できます。チャージ方法は以下の7通りです。


・銀行口座:LINE Payメインメニューの「チャージ」から銀行口座を選択
・セブン銀行ATM:LINE Payメインメニューの「チャージ」からATM画面のQRコード読み取り、またはATMにLINE Payカードを挿入
・LINE Payカード:ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100の店頭レジで、端末にカードをスライドして現金チャージ
・Famiポート:LINE Payメインメニューの「チャージ」から選択、トークに記載された番号をFamiポートに入力し、レジで現金チャージ
・QRコード/バーコード:LINE Payメインメニューの「チャージ」から選択し、店頭レジで現金チャージ(AINZ&TULPE・アインズのみ)
・東急線券売機:券売機のQRコードを読み取り現金チャージ(2021年9月末で終了)
・オートチャージ:LINE Payメインメニューの「チャージ」から選択し、オートチャージをONにする

決済時はクレジットカードと同様に

バーチャルカードでの決済時は、クレジットカードと同様にカード番号・セキュリティコード・有効期限などを入力しましょう。カード情報がわからないときは、LINE Payメインメニューの「LINE Payカード」からパスワードを入力して確認できます。

なお、カード情報の名義人は「LINE MEMBER」と記載されていますが、名義人の入力が必要な場合は本人の氏名をローマ字入力しましょう。

カードを一時停止、解約する方法

LINE Payカードのバーチャルカードを発行したものの、何かしらのトラブル等で一時停止・解約をしたい場合もあるかもしれません。手順は簡単ですが、解約時には注意点もあります。

今後はVisa LINE Payプリペイドカードを発行しよう

JCBブランドのカード発行終了後、LINE Payのプリペイドカードは「Visa LINE Payプリペイドカード」に切り替わっています。

JCBブランドのカードは有効期限が切れると同時に自動解約となるため、LINE Payのカードが必要な場合はVisaブランドのカードを発行しましょう。

Visa LINE Payプリペイドカードは、オンライン上のみで利用できるバーチャルカードです。Google Pay・Apple Payに登録し、電子マネーとしても利用できます。

発行にはLINEアプリ内の「ウォレット」タブより、LINE Pay残高をタップします。メニュー内の「プリペイドカード」より、バーチャルカードを発行しましょう。JCBブランドと同様、発行費用はかからず、年会費も無料です。

一時停止、解約の手順

バーチャルカードを一時停止する場合には、LINE Payメインメニューの「LINE Payカード」からパスワードを入力し、「カードを利用」をOFFにしましょう。確認メッセージで「確認」をタップすれば完了です。

解約する場合には同じ手順でパスワードを入力し、「カードを解約」をタップしましょう。確認メッセージで「カードを解約」をタップすれば解約できます。

バーチャルカード解約時の注意点

バーチャルカードはプラスチックカードと同じカード情報を使用しているため、どちらか一方を一時停止・解約した場合は両方のカードが利用できなくなります。

また、バーチャルカードはLINEアカウント一つにつき2枚以上の発行はできません。一定期間内に複数回カード解約を繰り返した場合、発行が制限される場合もあります。

ただし、過去にJCBブランドのカードを発行している場合に限り、Visaカードと併用が可能です。

まとめ

LINE Payカードのバーチャルカードは簡単な手続きで即時発行できるため、オンラインショッピングでクレジットカードが必要な場合に便利に使えます。

2020年12月まではJCBブランドのカードが発行できましたが、現在は新規発行ができません。有効期限が切れると使えなくなるため、今後はVisaブランドのバーチャルカードに切り替えが必要です。

LINEユーザーなら誰でも即時発行でき、発行費用・年会費も無料のバーチャルカードを便利に活用しましょう。
クレジットカードの発行はポイントサイトからのお申し込みでさらにお得になります。今なら新規会員登録キャンペーンも開催中です。

\抽選で最大11,000円相当のポイントゲット/

\抽選で最大11,000円相当のポイントゲット/

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します