ドットマガジン by ドットマネー

今すぐお金が必要なときの対処法8選!審査なし・借りる以外の方法もあわせて解説

PR
2024.07.01
by ドットマネー編集部
「今すぐお金が必要!」という事態に陥った経験がある人は、決して少なくないと思います。

必要とする金額や貯金額などにもよりますが、手持ちのお金だけですぐに用意できない場合は、何らかの方法でお金を用立てる必要があるでしょう。

そんなときに、緊急でお金を用意できる方法をたくさん知っていればいるほど、事態を打開できる可能性は高くなります。

この記事では、すぐにお金を用立てるための方法をさまざまな観点から紹介しますので、お金に困っている方はぜひ参考にしてください。
今すぐお金が必要 カオスマップ
  1. 今すぐお金が必要!1時間以内にお金を用意する方法3選
  2. 即日融資できる大手消費者金融カードローンを利用する
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  4. スマホのキャリア決済を利用する
  5. 親や知人に相談してお金を借りる
  6. 今すぐお金が必要!審査なしで24時間以内にお金を用意する方法4選
  7. 日雇いバイトで稼ぐ
  8. 質屋にブランド品・貴金属を入れる
  9. 生命保険の加入者は契約者貸付制度を利用する
  10. ゆうちょ銀行で定期預金をお持ちの方は自動貸付を利用する
  11. 今すぐではないが必要なお金を用意する方法
  12. 銀行カードローンを利用する
  13. 公的機関の制度を利用する
  14. 従業員貸付制度を利用して会社からお金を借りる
  15. 今すぐお金が必要な状況は「借りる以外の方法」でも解決可能?
  16. 支払いが延期可能か相談する
  17. 後払いアプリ・サービスを利用する
  18. メルカリ等のフリマアプリで不用品を売る
  19. クラウドソーシングで稼ぐ
  20. 今すぐお金が必要な時に頼れる消費者金融5選
  21. アイフル
  22. アコム
  23. プロミス
  24. レイク
  25. SMBCモビット
  26. 今すぐお金が必要なときに検討したい属性別おすすめの方法
  27. 主婦の方は配偶者貸付を利用できるカードローン
  28. 学生の方は学生ローンもしくは学生OKの消費者金融カードローン
  29. 高齢者の方はシニア向けローン
  30. 無職の方は公的制度や求職支援サービスを利用する
  31. 今すぐお金が必要でも絶対にやってはいけないこと
  32. クレジットカードの現金化
  33. 闇金や違法業者からお金を借りる
  34. リボ払いで支払いの延期を重ねる
  35. SNSや匿名掲示板を通じた個人間融資
  36. ギャンブルや宝くじで一発逆転を狙うこと
  37. 今すぐお金が必要にもかかわらず行動しないこと
  38. 今すぐお金が必要なときに関するよくある質問
  39. 今すぐお金を借りたいときは何から始めるべき?
  40. 借りる以外の方法で今すぐお金を用意するには?
  41. 公的機関で今すぐにお金を貸してくれるところはある?
  42. 今すぐ審査なしで借りる方法はある?
  43. 今すぐお金が必要なときの対処法まとめ

今すぐお金が必要!1時間以内にお金を用意する方法3選

今すぐお金が必要_19

今すぐにお金を用意する方法は様々ありますが、それらのなかでも最も早い部類である、1時間以内にお金を用意する方法について紹介していきます。

とにかく急いでお金を用意したいという方は、ぜひ本節から検討してみてください。

即日融資できる大手消費者金融カードローンを利用する

今すぐお金が必要_18

最短最速でお金を用意するのであれば、大手消費者金融カードローンを利用することをおすすめします。

なぜなら大手消費者金融は、早急な融資を可能とする以下の特徴を持つためです。

  • AIによってシステム化されたスピーディな審査
  • WEB完結で借入まで来店不要
  • 在籍確認(電話)は原則実施しない
  • カードレスでスマホから借入できる

カードローン自体は消費者金融だけでなく、銀行や信用金庫などの金融機関でも取り扱われています。

しかし、そういった金融機関で取り扱われているカードローンは融資までに時間が掛かり、少なくとも即日では不可能です。

一方、消費者金融のカードローンは、大手を中心に最短即日融資に対応しているものがいくつもあります。

即日融資を可能とする消費者金融のなかで、特におすすめな業者を以下に並べましたので、参考にしてみて下さい。

アイフルアコムプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短20分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠

既にキャッシング枠が付与されたクレジットカードをお持ちであれば、そのカードを用いてスムーズにキャッシングが可能です。

ATMにクレジットカードを差し込んで所定の操作をおこなえば、キャッシング枠で利用可能な上限金額までなら、スムーズにお金を借りられます。

ただし、キャッシング枠の利用限度額はショッピング枠の利用限度額と合算されていることが多いです。

そのため、その月にショッピング枠を利用して多額の買い物をしている場合は、キャッシング枠で借りれられる金額が少なくなっている可能性が高いので、その点には注意しておきましょう。

スマホのキャリア決済を利用する

今すぐお金が必要_20

クレジットカードや後払いのアプリ・サービスなどと同じような感覚で利用できるのが、スマホのキャリア決済です。

ドコモの「d払い」、auの「auかんたん決済」などが代表的です。

キャリア決済で支払った金額は、スマホの使用料金と合算で請求されるので、支払いの瞬間にお金は必要ありません。

もはやスマホを持っていない人はほぼいないと思いますので、お金に困ったときには誰でも頼りにできる方法のひとつといえるでしょう。

クレジットカードなどと比べると、利用限度額の上限が少し低めな傾向にあるので、購入しようとしている商品の金額によっては、利用できない可能性もあります。

親や知人に相談してお金を借りる

今すぐお金が必要

最後の手段として、親や友人知人といった周囲の人に相談してお金を借りることを、検討してみましょう。

お金を必要としている事情を相手が納得してくれれば、すぐにお金を貸してもらえる可能性があります。

ただし、お金の問題は人間関係を容易に壊しうる問題です。

お金を借りるにあたっては、「必ず○日までには返すから!」といった約束をすると思います。

そう約束したのであれば、必ずその日までに返済しなければなりません。

金融機関であれば、返済が遅れても遅延損害金を支払うだけで済むでしょう。

しかし、人と交わしたお金関係の約束を破ってしまうと、お金以上に大切なものを失うことになりかねません。

今すぐお金が必要!審査なしで24時間以内にお金を用意する方法4選

今すぐお金が必要_2

今すぐお金が必要だけど、24時間ほどの猶予はあるという方は、本節で紹介する方法が検討できるかもしれません。

また、「審査なしで早急にお金を借りたい」という方向けの方法でもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

日雇いバイトで稼ぐ

今すぐお金が必要_3

日雇いバイトで1日頑張って働けば、1万円前後の給料を当日受け取ることも可能です。

また、「日雇いバイト=肉体労働」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、最近はデータ入力や事務作業といった、体力に自信のない方でもできる日雇いバイトも増えてきています。

そのため、自分に合ったバイトを選んで働くことができるでしょう。

なお、日雇いバイトの給料支払い方式は現場によって異なっており、数日後に事業所まで取りにいくケースや、振り込みで支払われるケースもあります。

そういった支払い方法だと、すぐにお金が必要な場合は間に合わないかもしれません。

日雇いバイトに応募する際は、募集要項にしっかりと目を通して、仕事内容や勤務地だけでなく、いつ給料が支払われるかも確認しておきましょう。

質屋にブランド品・貴金属を入れる

今すぐお金が必要_4

質屋は、私物を預け入れることで、預け入れたものに見合った金額のお金を調達できます。

これも広い意味ではお金を「借りて」いることには間違いありませんが、モノを預け入れることに対する対価でお金を調達しているので、カードローンなどでお金を借りることと比べると、抵抗感が少ない方もいるでしょう。

ある程度まとまった金額を調達したい場合は、ブランド品や貴金属といった市場価値の高いものを預け入れるのがおすすめです。

なお、質屋に預けた私物は、借りたお金を返済すれば手元に戻ってきますが、返済しなければそのまま質流れとなります。

そのことを逆手に取って、価値はあるものの自分で持っておく必要はないと感じるものを質屋に預け入れれば、最悪の場合、お金を返済せずに負担を抑えるという判断もできます。

手元から手放したくないものを質屋に預ける場合は、きちんと返済できるように頑張りましょう。

生命保険の加入者は契約者貸付制度を利用する

契約者貸付

契約者貸付制度とは、生命保険の契約を解約した場合に保険会社から支払われる「返戻金」と呼ばれるお金を原資として、お金を借りられる制度です。

生命保険に加入している方であれば、オプションのような形で利用できる制度であり、申込めば審査なしで最短で当日中にお金を口座に振り込んでもらえます。

返戻金は保険に加入している期間が長いほど増えていくお金なので、加入して間もない保険だと、必要な金額を用意できない可能性があることには、注意しておきましょう。

なお、契約者貸付制度を利用してもその保険の契約はそのまま継続しますが、借りたお金の返済を延滞してしまうと、保険契約が失効になる可能性があります。

これまで保険に加入してきた期間が無駄になってしまうので、契約者貸付制度を利用してお金を借りる場合は、きちんと返済することを普段以上に意識しましょう。

ゆうちょ銀行で定期預金をお持ちの方は自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行自動貸付

自動貸付は、ゆうちょ銀行に定期預金や定額預金がある方が、利用できる貸付制度です。

預金の残高を超えて払い戻しをおこなおうとした際に、不足分の金額が自動的に貸し付けられます。

貸付金額の上限は預け入れている金額の90%以内なので、預金金額次第ですが、それなりにまとまった金額を調達できるでしょう。

条件を満たしたときに自動的に貸付がおこなわれるので、申込みや契約といった手続きは必要ありません。

借り入れたお金に適用される金利も、「約定金利+0.25%or0.5%」なので、返済負担が大きくなりすぎることもないでしょう。

ゆうちょ銀行に預金のある方でなければ利用できませんが、その条件さえ満たせばすぐにお金を借りられるので、おすすめです。

今すぐではないが必要なお金を用意する方法

今すぐお金が必要_7

ここまで紹介してきた方法は、比較的すぐにお金を用意しなければならない場合に、重宝するものが中心でした。

ただ、お金を用意しなければならないタイムリミットが少し先にあるような場合は、ここまで紹介した以外の方法も選択肢に入ってきます。

お金を用立てるのが少し先でも大丈夫な場合に検討できる方法を、以下でいくつか紹介しましょう。

銀行カードローンを利用する

今すぐお金が必要_9

銀行カードローンは消費者金融で取り扱われているカードローンと比べると、基本的な商品詳細に大きな違いはありません。

ただ、銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べると、比較的低めの金利で融資を受けられます。

消費者金融カードローンでは最高金利が18.0%付近のことが多いですが、銀行カードローンの最高金利は14.0%~15.0%程度です。

そのため、返済時の利息の支払いを抑えられるので負担が少なくなりますし、返済ができないような状況に陥る可能性も少ないでしょう。

銀行カードローンでは、審査の過程で申込者の情報を、警察庁のデータベースに照会する必要があります。

照会結果がわかるまで数日から一週間程度の時間を要するため、即日融資を受けることはできません。

ただ、そこまで急いで融資を受ける必要がないのであれば、返済負担を抑えるという観点から、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

公的機関の制度を利用する

今すぐお金が必要_8

公的機関が設けている制度のなかにも、お金が必要なときに便利なものがいくつかあり、具体例としては以下が挙げられます。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資
  • 臨時特例つなぎ資金貸付制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

お金に困っているときに幅広い方が利用を検討できるのは、生活福祉資金貸付制度です。

収入が少ない世帯・障害者世帯・高齢者世帯のいずれかに該当すれば、生活福祉資金貸付制度を利用して金利1.5%または無利子で融資を受けられます。

お金が必要な目的によって、「総合支援資金」や「福祉資金」など、いくつかの制度が設けられているので、適したものを利用しましょう。

求職者支援資金融資は、職業訓練受講給付金を受給している方であれば利用できます。

対象者はかなり絞られますが、条件に該当すれば月額5万円または10万円を上限として、3.0%という低い金利で融資を受けられる制度です。

失業保険や生活保護などの何らかの制度にすでに申込んでいるものの、そのお金が口座に振り込まれるまでの生活資金が足りない場合は、
臨時特例つなぎ資金貸付制度が利用できます。

無利子で受けられる融資なので、借りたお金と同金額を後に返済すればOKです。

20歳未満の子供がいる片親の家庭であれば、
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度が利用できます。

資金使途に応じていろいろな種類の融資がありますが、いずれも無利子で利用できるので、生活が困窮している場合には非常に助かるでしょう。

いずれの制度も、申込むための間口は狭いものの、非常に優遇された条件で融資を受けられるので、条件を満たしている場合は積極的に利用を検討するのがおすすめです。

従業員貸付制度を利用して会社からお金を借りる

従業員貸付

従業員貸付制度とは、在籍している会社からお金を借りられる制度です。

会社からお金を借りると聞くと、給料の前借りを思い浮かべるかもしれません。

しかし、給料の前借りは来月に得られる見込みの給料を先に受け取るだけなので、受け取った分の金額は来月の給料から差し引かれることになります。

一方、従業員貸付制度でお金を借りる場合、その原資は会社の利益なので、来月の収入には影響しません。

従業員貸付制度を利用するためには、申込んで審査を受ける必要がありますが、会社内部でのお金のやり取りということもあって、審査難易度はそこまで高くありません。

適用金利も低めですし、借り入れたお金を何に使うかも、一部の例外を除いては基本的に自由です。

ただし、従業員貸付制度は福利厚生の一環として設けられている制度なので、会社によっては利用できないこともあります。

お勤めの会社で従業員貸付制度が採用されているかを確認したうえで、申込みましょう。

今すぐお金が必要な状況は「借りる以外の方法」でも解決可能?

今すぐお金が必要

今すぐお金が必要という状況の解決策は、必ずしも「お金を借りる」ことに限りません。

上述してきた方法よりも時間を要することもあり、今すぐに解決できるかどうかは状況によって異なりますが、「借りる以外の方法」をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

支払いが延期可能か相談する

今すぐお金が必要_22

支払いや引落しに間に合わせるために今すぐお金が必要という方は、それらを先延ばしにしてもらえないか相談してみるのも良いでしょう。

先延ばしの可否、返答までの時間、対応してもらえる期間は様々異なりますが、相談でお金を取られるわけではないので、ダメもとでも試してみる価値はあります。

とはいえ、先延ばしの相談の頻度が高くなってしまうと、金融機関も簡単には認めてくれなくなるでしょう。

支払いや引落しの先延ばしを前提とせず、あくまでも緊急的な対処ということを念頭に置いたうえで、相談してみてはいかがでしょうか。

後払いアプリ・サービスを利用する

今すぐお金が必要_21

クレジットカードは、支払いを後回しにすることで、手持ちのお金がない状態でも買い物をすることができます。

それと同じように、支払いを後回しにできるアプリやサービスも、いくつかあります。

あと払いペイディ(Paidy)やバンドルカード・atoneなどが代表的ですが、これらを利用すればお金が必要な事態を脱却できるかもしれません。

クレジットカードは発行するまでに審査が必要ですし、契約した後に手元に届くまでに時間がかかります。

後払いのアプリやサービスのなかには、審査なしで利用できるものもありますし、インストールすればすぐに利用できるのがメリットです。

「お金そのものが必要」というわけではなく、「何かの支払いをするためにお金が必要」というような状況であれば、後払いのアプリやサービスの利用を検討するのもおすすめです。

支払った分の請求は後に来るので、その分をきちんと支払えるように、お金の管理をおこなっておきましょう。

メルカリ等のフリマアプリで不用品を売る

今すぐお金が必要_6

売ってもいい不用品がある場合は、メルカリ等のフリマアプリを利用するのも、ひとつの方法です。

フリマアプリでは、売るものに対して出品者が自由に値段を設定することができます。

そのため、実際に売れた場合に手数料等を引いて自分にどれだけの金額が入るかを考えて売値を設定することで、必要な金額を確実に用意することが可能です(その金額で売れるかどうかは別の話ですが)。

非売品や限定品など、一部の方に「刺さる」商品を出品することで、思わぬ金額を得られる可能性もあります。

ただし、メルカリの場合は購入者と出品者の双方で所定の手続きをおこなわなければ、売上金を振り込んでもらえません。

急いでお金が必要な場合は、失礼にならない範囲で、なるべく早く必要な手続きをおこなってもらえるよう、購入者にアプローチする必要があるでしょう。

フリマアプリによってそのあたりの手続きは変わってくるので、フリマアプリで不用品を売る場合は、入金スケジュールも確認しておくのが賢明です。

クラウドソーシングで稼ぐ

今すぐお金が必要_10

最近では、個人が仕事をするためのプラットフォームが充実してきており、インターネット経由で仕事を請けることもできます。

そのなかでも代表的なのが「クラウドソーシング」で、仕事を依頼したい個人や法人と、仕事を請けたい個人のマッチングが可能です。

クラウドソーシングに登録すれば、募集のある仕事のなかから好きなものに応募することが可能で、依頼主に選ばれれば実際にその仕事をおこなって報酬を得られます。

内容やかかる時間、得られる報酬などは仕事によってまちまちなので、自分のスキルや経験で対処しやすいものを選んで、応募するとよいでしょう。

クラウドソーシングをうまく活用すれば、一時的に収入を得られるだけでなく、本業以外で収入を得る先を見つけられることにもなります。

収入の軸を増やすことができれば、お金に困るような事態に陥ることも少なくなるでしょう。

お金が必要なときに利用するのはもちろん、副業を見つけるような感覚で利用するのもおすすめです。

今すぐお金が必要な時に頼れる消費者金融5選

今すぐお金が必要_1

先ほど、即日でお金を調達しなければならない際の選択肢として、真っ先に消費者金融のカードローンを紹介しました。

消費者金融はそれほど、すぐにお金が必要なときに頼れる存在なわけですが、「即日融資が可能な消費者金融」となると、選択肢はある程度絞られてきます。

また、申込みや契約・返済などで何度かやり取りをすることを考えると、お金を借りる先は知名度や信頼感があるところのほうが望ましいでしょう。

そういった点も踏まえて、今すぐお金が必要なときに頼れる消費者金融を、以下でいくつか紹介しましょう。

アイフルアコムプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短20分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アイフル

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 最短18分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円最短18分
融資時間コンビニ収入証明書
最短18分
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
50万円を超える場合
公式サイトで詳細を確認する

【PR】アイフル株式会社

アイフルは大手消費者金融のひとつであり、知名度でいえばトップクラスでしょう。

もちろん即日融資にも対応しているため、申込んだその日のうちにお金を借りたい場合に便利です。

アイフルで即日融資を受けたい場合は、自動契約機で契約をしてその場でローンカードを受け取るか、契約手続き後に振込による融資をオペレーターの方に依頼します。

公式ホームページでは、「年齢」「年収」「他社借入金額」を入力することで、融資可能かどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」が利用できます。
簡易的とはいえ融資の可否を判断してもらえるので、 急いでお金を用立てたい、時間を無駄にしたくない、と感じているときにはありがたいでしょう。

アイフルでも初回利用者の方は30日間の無利息期間を利用できるので、借り入れてから1ヵ月以内に返済してしまえば、利息を支払う必要がありません。

適用金利は実質年率3.0%~18.0%で、最大限度額は800万円です。

公式サイトで詳細を確認する

アコム

アコム
アコム
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円最短20分
融資時間コンビニ収入証明書
最短20分
セブン-イレブン
公式サイトで詳細を確認する

【PR】アコム株式会社

アコムは、テレビでも有名人を起用したCMを流しており、知名度のある大手消費者金融のひとつです。

即日融資に対応しているので、急いで融資を受けたい際に重宝します。

即日融資を受けたい場合は、全国に設置されている自動契約機の「むじんくん」を利用して、その場でローンカードを発行するとよいでしょう。

「むじんくん」にはアコムのATMも備え付けられているので、ローンカードを発行したらその場ですぐに融資を受けられます。

「むじんくん」を利用しなければ、申込んだその日にローンカードを受け取ることはできませんが、アコムは振込での融資にも対応しています。

総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をかけて、オペレーターの方に融資金を振り込んでほしい旨を伝えれば、指定した口座にお金を振り込んでもらえます。

Web完結での申込み方法を利用すれば、手続きがすべてオンライン上で完結するので、仕事や家事の合間をぬって契約手続きをおこなうことが可能です。

初めての借入であれば、30日間の無利息期間が利用できるので、返済負担を抑えられることも見逃せません。

適用金利は実質年率3.0%~18.0%で、最大限度額は800万円です。

公式サイトで詳細を確認する

プロミス

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率借入限度額審査時間
年4.50〜17.80%1万円〜500万円最短3分
融資時間コンビニ収入証明書
最短3分
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
50万円まで原則不要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローンのブランド名です。

「SMBC」という名称からわかるとおり、三井住友グループの会社なので、安心して融資を受けるにはもってこいでしょう。

即日融資を受けたい場合は、自動契約機を利用して契約手続きをおこなって、その場でローンカードを発行してもらうか、契約手続き後にオペレーターの方に口座への振込融資を依頼しましょう。

プロミスでも、初回利用者限定で30日間の無利息サービスが利用可能で、ほかの消費者金融の無利息期間が「初回申込み日から30日間」なのに対して、プロミスの無利息期間は「初回借入日から30日間」です。

緊急でお金を用立てたくてカードローンの契約をしたものの、ほかの方法でお金を調達できたのでカードローンでお金を借りる必要がなくなった、というようなケースもあるでしょう。

その場合、プロミス以外の消費者金融だと無利息期間を活用できませんが、プロミスだと実際に借り入れなければ無利息期間は開始されません。

今後あらためてお金を借りるときまで無利息期間が残されているのは、プロミスならではのメリットでしょう。

適用金利は実質年率4.5%~17.8%で、最大限度額は500万円です。

公式サイトで詳細を確認する

レイク

レイク
レイク
おすすめポイント
  • はじめてならWeb申込で60日間特典(利息0円)も選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 申込み後最短15秒で審査結果を表示!
実質年率借入限度額審査時間
年4.50〜18.00%最小1万円〜最大500万円申込み後最短15秒
融資時間コンビニ収入証明書
Webで最短25分融資も可能
セブン-イレブンローソンファミリーマート
50万円を超える場合提出必要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】新生フィナンシャル株式会社

レイクは大手消費者金融のひとつなので、安心して融資を受けることが可能です。

レイクの大きな特徴としては、「無利息期間の種類が豊富」ということが挙げられます。

レイクを初めて利用する場合、以下の無利息期間のいずれかを選んで利用することができます。

  • 60日間無利息(Web申込み限定)
  • 5万円まで180日間無利息
  • 30日間無利息

急いでお金を用意することを考えていると、お金を借りた後の返済にまで頭が回らないことも多いです。

レイクで借入をすれば、Web申込みなら無利息期間が約2ヵ月続きますし、少額の借入なら約半年間利息なしで利用できます。

返済負担を抑えるという観点では、レイクは大手消費者金融のなかでもトップクラスの性能を誇っているといえるでしょう。

即日融資を受けたい場合は、自動契約機を利用してその場でローンカードを発行してもらうか、契約後に指定した口座に融資金を振り込んでもらいましょう。

適用金利は実質年率4.5%~18.0%で、最大限度額は500万円です。

公式サイトで詳細を確認する

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビット
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料!
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資!
  • 来店不要でカード発行!
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円10秒簡易審査
融資時間コンビニ収入証明書
最短即日
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
-
公式サイトで詳細を確認する

【PR】三井住友カード株式会社

SMBCモビットは、大手消費者金融のひとつです。

SMBCという名称が付いていますが、プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンであるのに対して、SMBCモビットは三井住友カードのカードローンです。

いずれにせよ、SMBCグループが提供しているカードローンであることは間違いないので、借入をする際の不安はないでしょう。

即日融資を受けたい場合は、三井住友銀行内に設置されている自動契約機で契約をおこない、その場でローンカードを発行してもらうか、契約手続き後にオペレーターの方に振込による融資を依頼しましょう。

「Web完結申込」を利用すれば、すべての手続きをWeb上で完結させることができます。

お金が必要なものの、仕事が忙しくて金融機関の店舗に足を運ぶ時間を取れないような場合でも、仕事の合間に契約手続きを進めることが可能です。

適用金利は実質年率3.0%~18.0%で、最大限度額は800万円です。

公式サイトで詳細を確認する

今すぐお金が必要なときに検討したい属性別おすすめの方法

今すぐお金が必要_10

世のなかにお金を調達するための方法は数多くありますが、すべての人がそれらの方法を利用できるわけではありません。

たとえば、カードローンの申込み条件は「18歳以上(高校生を除く)」となっていることが多いので、17歳以下の方や18歳の高校生の方では、利用できません。

自分の属性(雇用形態や年齢など)を踏まえて利用できる選択肢のなかから、自分に合った方法でお金を用意する必要があります。

すぐにお金が必要なときにおすすめの方法を、属性別に紹介しましょう。

主婦の方は配偶者貸付を利用できるカードローン

配偶者貸付

カードローンは基本的に、申込者本人に定期的な収入がなければ、申込めません。

そのため、パートやアルバイトなどで毎月少しでも収入があれば、主婦の方でも利用できますが、専業主婦の方だと利用できません。

主婦の方がお金を用立てなければならなくなった場合は、配偶者貸付が利用できるカードローンを選びましょう。

配偶者貸付とは、申込者と配偶者の収入を合算して申込める制度であり、配偶者の方に定期的な収入があれば、専業主婦の方でも利用できる可能性があります。

専業主婦の方でもカードローンを利用できる可能性のある、数少ない方法なので、ぜひ覚えておきましょう。

ただし、配偶者貸付制度を利用する場合、配偶者の方に内緒でお金を借りることはできません。

また、申込みに必要な書類の種類も、一般的にカードローンに申し込む場合と比べると多いです。

配偶者貸付という制度を利用できるカードローン自体もそこまで多くはないですが、利用できる可能性のある方は、選択肢として検討するとよいでしょう。

学生の方は学生ローンもしくは学生OKの消費者金融カードローン

学生ローン

金融機関はローンの審査において、「収入の安定性」をチェックします。

安定的に収入がなければ、返済を継続するのが難しいと考えられるためです。

そのため、バイトの給料が主な収入源であることが多い学生の方は、審査において相対的に不利な存在といえるでしょう。

学生の方がお金を借りたい場合は、学生専門に融資をおこなっている「学生ローン」や、学生でも申込みできる消費者金融カードローンを利用するのがおすすめです。

学生ローンは学生に対する融資に特化して事業をおこなっているので、一般的な金融機関よりも学生に対する融資可否の判断が的確です。

ほかの金融機関では借入できない場合でも、学生ローンなら審査に通る可能性があるでしょう。

また、消費者金融のカードローンも、学生の申込みをOKにしていることが多いです。

これらのローンで適用されている金利は、ほかのローンと比較すると総じて高めなので、お金を借りたらなるべく早く返済することを心がけましょう。

高齢者の方はシニア向けローン

今すぐお金が必要_10今すぐお金が必要_11

定期的な収入がなければ融資を受けられないということは、すでにリタイア済みの高齢者の方にとっても、ネックです。

一部のローンは年齢制限が厳しいこともあり、収入があっても年齢の条件に引っかかって融資を受けられない可能性も、考えられます。

そういった高齢者の方は、シニア向けローンの利用を検討してみましょう。

取り扱っている金融機関によって、申込み条件はまちまちですが、60歳以上の高齢者の方でも利用できるものが大半です。

仕事をしていなくても申込める、返済は隔月でOKなど、シニアの抱えている事情をきちんと理解してくれているローンが多いのも、うれしいポイントでしょう。

一般的なローンと比べると取り扱っている金融機関はそこまで多くないので、うまく利用できそうであれば選択肢のひとつとして検討する、というスタンスがよいかもしれません。

無職の方は公的制度や求職支援サービスを利用する

職業訓練受講給付金

ローンというものの性質および、金融機関が営利目的で融資をおこなっていることを考えると、無職の方が何らかのローンを利用するのは、非常に難しいと言わざるを得ません。

そのため無職の方は、公的制度や求職支援サービスを利用するとよいでしょう。

条件を満たすことができれば、生活福祉資金貸付制度や職業訓練給付金などの制度を、利用することが可能です。

また、すぐにお金を手に入れられるわけではありませんが、ハローワークやバイトアプリなどを利用して、就職先を見つけることも検討しましょう。

仕事が決まればもちろん収入が得られますし、「収入がある」と証明できることで、カードローンへの申込みも可能になります。

無職の状態は定期的な収入がある状態と比べると、お金を調達しようと思った際に非常に不利なので、何らかの形で働けるように動くことが重要です。

今すぐお金が必要でも絶対にやってはいけないこと

今すぐお金が必要_12

「すぐにお金を調達しなければならない」と焦っていると、視野が狭くなり、まともな判断力を失ってしまうことがあります。

「今すぐにお金を稼げる方法」とされているものは、今まで挙げてきたもの以外にもありますが、ここまでそれらを紹介していないのは、それらは「やってはいけない方法」だからです。

ただ、そのことを何となくわかってはいても、「お金が必要」という焦りや恐怖から真っ当な判断ができなくなり、手を出してしまうことも考えられるでしょう。

以下に挙げる方法はすぐにお金が必要でも絶対にやってはいけないので、選択肢として頭に浮かんだとしても、必ず別の方法を検討するようにしてください。

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品を、金券ショップや現金化業者に買い取ってもらって、現金を手に入れることです。

キャッシング枠が付帯していないクレジットカードでも、こういった手法を駆使すればすぐに現金を手に入れることができます。

ただ、買い取ってもらう際のレートはかかった金額の8~9割程度のことが多く、ものすごい暴利で融資を受けているのと実質的に同じです。

そもそもカード会社の利用規約では、クレジットカードの現金化は禁止されているので、現金化をしたことがバレるとカードの利用資格を停止される可能性が高いです。

一度クレジットカードを停止されてしまえば、そのカード会社で再度カードを発行するのは難しいでしょう。

そのカード会社がローンの保証会社も務めるようなところであれば、今後利用できるローンの幅も狭まります。

いくらお金に困っていても、クレジットカードの現金化には手を出さないようにしましょう。

闇金や違法業者からお金を借りる

闇金

今回紹介したアコムやレイクといった消費者金融は、金融庁に登録をして事業を手掛けている正規の業者です。

そのため、適用される金利も法律の範囲内のものですし、返済が遅れた場合でも度を越した取り立てをおこなわれることはありません。

しかし世のなかには、金融庁に登録せずに融資をおこなっている違法業者、いわゆる「闇金」と呼ばれる業者も存在します。

闇金は正規の業者ではないので、本来法律では禁止されている金利も平気で適用してきますし、返済が遅れた場合は家や会社に取り立てに来ることもあります。

すぐに返済しようとしても、あの手この手で返済を拒まれ、利息だけを延々と支払わなければならなくなる可能性もあります。

真っ当な業者と闇金を見極めるのが難しいと感じる方もいるかもしれませんが、正規の業者は融資をおこなうために所定のプロセスを経る必要があります。

「審査なしで融資可能」とか「ブラックでも大丈夫」といった謳い文句を掲げているところは、十中八九闇金なので、絶対に利用してはいけません。

リボ払いで支払いの延期を重ねる

今すぐお金が必要_13

返済に回すお金がないときに、返済金額を抑えられるリボ払いは、強い味方のように感じられます。

もちろん、リボ払いで支払いをおこなうこと自体が、即NGというわけではありません。

ただ、リボ払いは毎月の返済金額を抑えられる代わりに、返済期間が長期化しやすいという特徴があります。

返済期間が長期化するということは、それだけ利息の支払いが増えることを意味するので、トータルで見ればかなりの金額の利息を支払うことになります。

毎月返済する金額の設定によっては、出ていく金額のうちほとんどが利息で元本が全然減っていない、といったことにもなりかねません。

リボ払いを利用する場合は、事前にきちんと返済シミュレーションをおこなって、総返済額が許容できる範囲に収まっているかどうか、確認することを心がけましょう。

手元のお金に余裕ができたら、繰上返済や一括返済で完済までの期間を短くすることも重要です。

SNSや匿名掲示板を通じた個人間融資

今すぐお金が必要_14

SNSや匿名掲示板で「お金を貸します」といった投稿を見たときに、「素性のわからない人からお金を借りるのは不安だ」と感じられれば、それは正常な感覚です。

しかし、お金に窮しているとそういった怪しげな誘いに対するセンサーが働かずに、連絡を取ってしまうかもしれません。

そういった投稿をしている人の多くは、先ほど触れた闇金や悪徳業者が個人を装っているだけであり、結局のところ違法業者からお金を借りているのと変わりません。

また、本当に相手が個人だとしても、「お金を貸す代わりに…」と、性的な関係や違法な取引に手を染めることを、強要されるようなケースもあります。

自分がお金を貸す立場だと仮定して考えると、どんな人かまったくわからない相手に対してお金を貸すことには、恐怖心が付きまとうはずです。

そこから、SNSや匿名掲示板での「お金を貸します」という投稿には何かしらの裏があって信じてはいけないということを、肝に銘じておくべきでしょう。

ギャンブルや宝くじで一発逆転を狙うこと

今すぐお金が必要_15

ギャンブルや宝くじで大金を当てることができれば、労せずしてお金の問題を解決できます。

そういったことを妄想すること自体はかまいませんが、本気になってギャンブルや宝くじで金策をしようとすることは、絶対に避けましょう。

ギャンブルや宝くじで数百万円や数千万円、もしくはそれ以上の金額を得られる可能性は、決してゼロではありません。

しかし、その確率がちょうどお金を必要としている自分にピンポイントで降りかかるかどうかと考えれば、答えは「NO」でしょう。

ギャンブルや宝くじに挑戦するには、もちろん元手がいりますが、挑戦が失敗に終わってしまえばそのお金も返ってきません。

もっと有用な使い方があったと後悔するのは目に見えていますので、ギャンブルや宝くじで一発逆転を狙うことはやめましょう。

今すぐお金が必要にもかかわらず行動しないこと

今すぐお金が必要_17

今すぐお金が必要だと感じていながら、手をこまねいて何もしないのも、悪手です。

無からお金は生まれてきませんので、何もしなければ状況が改善することはありません。

むしろ、お金を用意しなければならないタイムリミットが着実に迫ってくる分だけ、状況は悪化していると言えるでしょう。

何もせずに2日間が経過したとすれば、その2日間で日雇いバイトで働くこともできたでしょうし、何らかのローンに申し込んで融資を受けられていたかもしれません。

お金が必要な事態を打開できるのは、自分自身の行動だけです。

今回紹介した「絶対にやってはいけないこと」は除いたうえで、自分なりにできる範囲で対処する意志を見せましょう。

仮にあなたの行動がうまくいかなかったとしても、一連の努力を見ていた人が手を差し伸べてくれるかもしれません。

今すぐお金が必要なときに関するよくある質問

今すぐお金が必要_16

今すぐお金が必要なとき、何をすべきかがわかっていれば、すぐに行動できるかもしれません。

しかし、これまでそういった状況に陥ったことがなければ、どうすればよいのかと右往左往してしまうことも考えられます。

以下では、今すぐお金が必要なときに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

お金を用立てる方法がわからずにお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐお金を借りたいときは何から始めるべき?

今すぐにお金を借りたいときは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用するのがおすすめです。

消費者金融のカードローンは即日融資に対応しているものも多いですし、キャッシング枠はクレジットカードを保有していれば、ATMを利用するだけですぐにお金を借りることができます。

ただ、カードローンは審査に落ちてしまうと利用できませんし、キャッシング枠は当月のクレジットカードの利用状況次第では、残高が残っていない可能性があることは、念頭に置いておきましょう。

金銭的価値があり、一時的に手元を離れてもよい私物があるのであれば、質屋に預けてお金を借りるのもひとつの方法です。

借りる以外の方法で今すぐお金を用意するには?

借りるという形以外ですぐにお金を用意したい場合は、日雇いのバイトで稼ぐのがおすすめです。

応募すればすぐに働けるバイトは数多くありますし、1日働けば1万円近くの収入になります。

昔と比べると日雇いバイトの選択肢も豊富になっているので、自分に合ったバイトを選んで応募しましょう。

売ってしまっても構わない私物がある場合は、メルカリなどのフリマアプリやリサイクルショップに売ってお金を用意できます。

フリマアプリは実際に売れるかどうかは出品してみないとわかりませんが、高額で買い取ってもらえることもありえます。

リサイクルショップはほぼ確実に買い取ってもらえますが、フリマアプリと比べると割安になることが多いので、必要な金額に応じてどういった方法で売るかを決めましょう。

公的機関で今すぐにお金を貸してくれるところはある?

公的機関の制度のなかで、比較的早く融資を受けられるのは、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金です。

緊急小口資金は、緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に、融資を受けられる制度です。

ただ、緊急小口資金でお金が振り込まれるのは、最短でも5営業日後なので、今すぐにお金を借りられるというわけではありません。

国の制度なのでかなり有利な条件で融資を受けられるのですが、すぐにお金が必要な場合は、カードローンなどのほかの選択肢を検討しましょう。

今すぐ審査なしで借りる方法はある?

緊急でお金を必要としているときに、審査なしでお金を借りられる方法があるとすれば、重宝することは間違いありません。

ただ、金融機関は融資をおこなう際に申込者の返済能力等を審査することを、法律によって義務付けられています。

そのため、もしも「審査なしで融資可能」といった謳い文句を掲げている業者があったとすれば、それは正規ではなく違法の業者です。

違法業者は法律で制限されている以上の金利を適用してきますし、返済が遅れた場合の取り立ても苛烈です。

一度違法業者からお金を借りてしまうと、その後の人生をめちゃくちゃにされてしまう可能性が高いでしょう。

どれだけ緊急でお金が必要だったとしても、審査なしでお金を借りられるようなところは、絶対に利用してはいけません。

今すぐお金が必要なときの対処法まとめ

緊急でお金を調達しなければならないようなピンチに陥ることは、誰にでも起こり得ます。

そんなとき、お金を用立てるための方法をどれだけ幅広く知っているかによって、事態の打開しやすさは大きく変わるでしょう。

当日中にお金が必要な場合は消費者金融のカードローンが便利ですし、お金が必要なタイミングまでに多少の余裕があるのであれば、銀行カードローンを利用すれば返済負担を抑えられます。

お金を借りる以外には、日雇いバイトやクラウドソーシングで働くといった選択肢が有力です。

ただし、クレジットカードの現金化や個人間融資などは、どれだけお金を必要としていてもおこなってはいけません。

さまざまな選択肢のなかから、その都度最適なものを選んで、お金を調達するようにしましょう。



アコム:※安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方 ※24時間最短10秒で振込:金融機関により異なります ※申込から借入まで最短20分で完了:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます レイク:※担保・保証人:不要 ※商号・名称:新生フィナンシャル株式会社 ※電話番号:0120-09-09-09 ※貸金業者の登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 ※日本貸金業協会会員第000003号 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。ご融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。※審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合があります。※審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合があります。※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※Webで初めてお申込で60日間無利息 ※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 ※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。※なお,ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります. ※無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※ご融資額:1万円~500万円 ※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方) ※遅延損害金(年率):20.0% ※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式 ※ご返済期間・回数:最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。 ※必要書類:運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、レイクが必要とする場合) アイフル:※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※利用可能コンビニATM:提携先ATM設置店のみ プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要です。 ※仮審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時のご融資上限は、本審査により決定となります。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。 SMBCモビット:※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

ドットマネーに登録すると、キャッシュレスをもっとお得に利用できます
登録する
この記事をシェア
ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに
ドットマネー
  • 業界No.1の会員2,500万! みんなが使っているポイント交換サービス
  • ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは60以上
  • 業界で唯一のポイント交換手数料無料!
詳しくはこちら
「ドットマガジン」とは?
ドットマネーが運営している
あしたのくらしに「変化」を与える
ポイント情報メディアです。
ドットマガジンとは
お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します
※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品はアフィリエイトプログラムを利用し、アコム社など複数社により広告収益を得て運用しております。
※当サイトはクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。
※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。
※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。
※当サイトはドットマガジンと提携している企業のPR情報が含まれています。