電子マネーのおすすめをタイプ別に比較。選び方のポイントとは

by ドットマネー編集部

ポイントサイトで貯まったポイントは、ドットマネー経由で様々な商品に交換ができます。さらに今なら、ドットマネーおすすめのポイントサイトで新規会員登録キャンペーンを開催中です。

電子マネーの基礎知識

電子マネーにはいくつかの種類がありますが、シーンに合わせて利用すると便利です。それぞれどのような特徴やメリットがあるのか、紹介します。

電子マネーとクレジットカードはどう違うか

電子マネーは、現金でチャージする「前払い」が一般的ですが、クレジットカードは「後払い」で決済します。ただし、電子マネーにカードでチャージできるタイプであれば、支払うタイミングは同じ後払いです。 違いがあるといえば「利用時に審査が必要かどうか」でしょう。

クレジットカードは、申請時に審査があります。年齢や住所のほか、勤務地の住所や連絡先、現在の年収も必要です。 

一方で、電子マネーに審査はありません。18歳以下の学生でも使用できます。ただ、なかには保護者の同意が必要なものもあります。

クレジットカードのように「決済時にサインや暗証番号が必要ではない」ことも、電子マネーのメリットです。 使い勝手のよい電子マネーですが、種類ごとに利用できる店舗が決まっています。クレジットカードに比べると、使えないケースが多いかもしれません。

電子マネーの種類

「流通系IC」は、大手のショッピングストアやスーパーで使えるカードです。プリペイド式で入金した分だけ利用できるため、多く使いすぎることはありません。 

「交通系IC」は、電車やバスの乗車時から対応店舗での支払いまで対応できる幅広さが魅力です。プリペイド式が基本ですが、クレジットカードとの連携でオートチャージできるものもあります。 

「ポストペイ型」は「おサイフケータイ」対応のスマホや専用アプリを使って支払う方法です。「タッチ型」と「QRコード型」が主流で、読み取り機にスマホやスマホ画面のQRコードを読み取らせるだけで決済が完了します。

似たような形式として「バーコード決済型」もあげられるでしょう。スマホ画面に表示されるバーコードを読み取ってもらいます。これらは、支払先としてクレジットカードを登録しておき、使用した分をカードの請求時にまとめて支払う後払い式です。
ポイントインカムからお申込みするとお得にポイントを取得できます。さらに今なら新規会員登録キャンペーンも実施中です。
新規登録はこちら
新規登録はこちら

電子マネー選びのポイント

多くの電子マネーのサービスから、どれを選択すればよいか悩む人もいるでしょう。まずは「自分に見合ったものを選択する」観点が必要です。選ぶポイントをいくつか紹介します。

目的や用途

どの電子マネーを利用するのかは、目的や用途に沿って選択するとよいでしょう。

ある程度行くお店やコンビニエンスストアが決まっているのであれば「該当店舗でお得になるICカード」がおすすめです。 系列店舗であれば、有利な割引や特典が受けられるでしょう。

ICカードは、主に店舗で発行されています。即日発行で、その日の購入から割引されるものもあるためチェックしましょう。 

決済スピードを重視したい人は「非接触型決済の電子マネー」が便利です。読み取り機にかざすだけで支払えます。厚みのある財布やカードホルダーでなければ、カードを出さずに決済が可能です。 

よく電車などの交通機関を活用する人であれば、交通系ICカードが使いやすいでしょう。交通費決済だけでなく、駅構内にある売店や自販機にも対応していることも多く便利です。

還元率の高さ

電子マネーに高い「ポイント還元率」を求めるのも、一つの選択肢です。利用するサービスによっては、1%や2%などの高還元率でのポイント還元もあります。

電子マネーにおけるポイントは「1ポイント=1円」として使える場合が多く、還元率が高ければ実質的に値引き額が高いということです。節約を重視する人は、各サービスの還元率を確認するとよいでしょう。

ポイントは電子マネーとして交換できるだけでなく、他社のポイントやマイルなどにも交換できるサービスもあります。ためたポイントを使える場所や、交換先が多い点を重視するのも大切です。

チャージの方法

電子マネーのチャージ方法には、大きく分けて三つの方法があります。

一つ目は、現金をチャージ機などで入金する「プリペイド方式」です。サービスによって、ATMによる入金もできます。 

「ポストペイ方式」は、クレジットカードの請求時にまとめて支払う後払い式です。電子マネーの支払い方法にクレジットカードを登録しておき、使用した分がカードから引き落とされます。 

入金の手間を省きたいのであれば、クレジットから自動チャージできる「オートチャージサービス」を行っているものもあります。 

使用するたびに、あらかじめ登録していた銀行口座から引き落とすものが「デビット方式」です。チャージする必要はありませんが、多く使いすぎてしまう可能性があるでしょう。 

電子マネーの利用でためたポイントを、再度電子マネーに変換してチャージする方法もあります。ポイントを多く保有しているのであれば、現金を節約できるお得な方法でしょう。

プリペイドタイプの比較

使いすぎに心配する人や、すぐに使いたい人にはプリペイドタイプが最適です。なかでも、おすすめの電子マネーを紹介します。

使い勝手のよい 楽天Edy

楽天Edyは、多くのコンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店や飲食店で利用可能です。広い範囲で使用できる使い勝手のよいものであり、スマホにアプリを入れるだけですぐに使える手軽さもあります。 

なかでも、クレジットカード機能つきの楽天カードと、楽天Edyが一体型になった「Edy機能つき楽天カード」がお得です。 

楽天Edyで支払ったときに200円ごとに1ポイントたまるだけでなく、チャージしたときにも200円ごとに1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

クレジットカードで自動チャージする設定にすれば、その都度入金する必要がありません。 

イオングループ提供の WAON

WAONは「イオン(AEON)グループ」が提供する電子マネーです。イオンでの買い物や、コンビニエンスストアなどの加盟店で利用できます。 

イオンはキャンペーンが豊富にあるのが特徴ですが、なかでも毎月20日と30日にWAON利用で5%オフになる「お客様感謝デー」は必見です。

また、10日は「ありが10デー」で、通常の5倍多くポイントが付与されます。 使い方は簡単で、レジで読み取り機にかざせばOKです。WAONには「キャッシュカードまたはクレジットカード一体型」やスマホで使用できる「モバイルWAON」があります。

特に、モバイルWAONは使い勝手がよく、スマホで使用履歴や残高、ポイント数などが確認可能です。チャージもアプリ上で実施できるため、自宅に居ながら、すぐに入金できます。 

特典が多くてお得 nanaco

「イトーヨーカドー」や「セブン-イレブン」で使用できるnanacoは独自の特典が多く、ポイントがたまりやすい特徴があります。 

たとえば、対象商品を購入すると、通常200円(税抜)の利用でつく1ポイントに加えて「nanacoポイントボーナスポイント」と呼ばれるボーナスポイントが付与されます。 

セブン-イレブン・イトーヨーカドー・「ヨークマート」「ヨークベニマル」「デニーズ」で食事や買い物をした際に対象商品を全額nanacoで支払うと、商品ごとに決められたボーナスポイントが付与される特典つきです。 

毎月8のつく日にイトーヨーカドーで買い物をすれば5%オフになる「イトーヨーカドーハッピーデー」など、店舗ごとにポイントがつく優待も活用しましょう。 

クレジット支払いも可能 PayPay

PayPayは、全国の幅広い加盟店で使用できるQRコード型の電子マネーです。「セブン銀行ATM」への現金によるチャージだけでなく、登録した銀行口座や特定のクレジットカードからも入金できます。 

口座やカードからの入金であれば、手元に現金がなくてもすぐに利用が可能です。PayPayにチャージした「ペイペイ残高」または「Yahoo!カード」での支払い時に、ポイントが還元されます。通常は0.5%ですが、Yahoo! JAPANの対象サービスでは1%の付与です。 

電子マネーとして珍しい画期的な特徴といえば「残高の送信機能」でしょう。PayPay登録者同士であれば、電子マネーを自由に送受信できます。また、公共料金の支払いにも対応しているため、普段どおりに生活をするだけでポイントがたまりやすいのもメリットです。 

ポストペイタイプの比較

ポストペイタイプは、手元に現金がなくても利用できる利便性や、チャージする手間がかからない手軽さが魅力です。おすすめのポストペイタイプの電子マネーを見ていきましょう。

国際ブランドJCB展開の QUICPay

QUICPayは世界的なクレジットカード会社の「JCB」が提供するサービスです。

ポストペイタイプで、主にクレジットカード登録が必要になります。一部のプリペイドカードやデビットカードでも可能です。 スマホを使う場合、iPhoneは「Apple Pay」・Androidは「Google Pay」にカードを追加します。iPhoneは「Walletアプリ」、Androidは「Google Payアプリ」から設定しましょう。 

モバイルタイプのほか、QUICPay機能のみの専用カード・クレジットカード一体型などの「カードタイプ」やキーホルダーのような「コイン型」などの形式もあります。 

NTTドコモ提供のiD

「NTTドコモ」が提供する電子マネーがiDです。多くのクレジットカード会社に対応しているため、すでにカードを持っている人であればそのまま利用できる可能性が高いでしょう。 

支払いタイプが、プリペイド・ポストペイ・デビットから選べるのも強みです。それぞれの支払いタイプに対応したカードをiDと紐づけましょう。 

iDにはクレジットカード一体型などの種類がありますが、スマホを活用した「モバイルタイプ」が便利です。Apple PayやGoogle Payにも対応しています。 

iDを利用して得られるポイントは「dポイント」です。使い勝手がよく、コンビニエンスストアやドラッグストア、ファーストフード店などで使用できます。 

中間的な特徴を持つ au PAY

スマホのキャリアが「au」でなければ利用できないau PAYは、2020年2月に「au WALLET」から名称変更しました。 

ポストペイタイプでありながら、カードによる引き落としではなく、チャージするプリペイド式の一面も持つ中間的な存在です。クレジットカードや銀行口座などからだけでなく、現金やセブン銀行ATMでもチャージできます。 

クレジットカードからチャージする場合は、アプリから入金が可能です。残高は最大100万円までチャージできるため、大きな買い物をする際は便利でしょう。 

交通系の比較

交通系ICカードは多くの種類がありますが、使えるエリアや用途がそれぞれ異なります。共通していえるのは、乗り降りの決済がラクであるということです。おすすめの交通系ICカードを紹介します。

電子マネーのパイオニア Suica

交通系ICカードの先駆けといえるのがSuicaです。改札で使えるだけでなく、加盟している飲食店やコンビニエンスストアなどでかざすだけで決済ができます。 全国各地で使用でき、お店のジャンルも幅広く利用できる便利な1枚です。

加盟店における買い物では「JRE POINT」がたまります。 クレジットカード一体型などいくつか種類がありますが、おすすめなのは「モバイル版Suica」です。0.5~1.0%の還元率でほかのタイプのSuicaと差はありません。 

交通機関を活用した際、カードタイプのポイント還元が0.5%であるのに対し、モバイルSuicaだと2%になります。交通機関を多く利用する人であれば、モバイル版Suicaがお得でしょう。 

残高減を電子音でお知らせ PASMO

PASMOも、全国各地で使える電子マネーです。残高が1000円以下になったときや、定期券の有効期限が14日以内になると、決済時の電子音が変化します。 チャージ忘れや、期限切れなどを防止しやすいでしょう。

無名式と記名式がありますが、記名式でないとカード紛失時に再発行ができない点に注意が必要です。 PASMO自体に、ポイント還元システムはありません。

ただし、オートチャージ設定ができるエリアであれば、対象のクレジットカードと紐づけることでチャージするたびにカード会社のポイントがたまります。 

PASMOが使える加盟店は、街中だけではありません。対象のオンラインショップでも利用できます。使用範囲が広く、便利な点がメリットです。 

まとめ

電子マネーには、プリペイドタイプやポストペイタイプなどの種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、シーンに合わせて選択するとよいでしょう。 

利用する目的や用途など、自分のライフスタイルに合わせたり、還元率の高さで選んだりするのも選択肢の一つです。

たとえば、チャージの手間を省きたい人は、クレジットカードと連携するポストペイタイプがおすすめです。
ポイントサイトで貯まったポイントはドットマネー経由で様々な電子マネーに交換できます。さらに今ならドットマネーおすすめのポイントサイトで新規会員登録キャンペーンを開催中です。

ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに

  1. 業界No.1の会員2,000万! みんなが使っているポイント交換サービス
  2. ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは30以上
  3. 業界で唯一のポイント交換手数料無料!

「ドットマガジン」とは?

ドットマネーが運営している

あしたのくらしに「変化」を与えるポイント情報メディアです。

「ドットマガジン」とは?
  • お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
  • 「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します