ドットマガジン by ドットマネー

三井住友銀行 カードローンの特徴を解説!審査通過のポイントやSMBCモビットとの違いとは?

PR
2024.07.01
by ドットマネー編集部

カードローンを利用するにあたっては、安心して利用できるカードローンを選びたいと考える方が、多いと思います。

カードローンの信頼度を測る尺度は人によって異なると思いますが、「取り扱っている主体」で判断するのはひとつの方法でしょう。

その尺度で考えれば、三井住友銀行が取り扱っている「三井住友銀行 カードローン」は、安心して利用できるカードローンのひとつといえます。

本記事では、三井住友銀行 カードローンの基本情報やメリット・デメリット、審査に通過するためのポイントなどを紹介します。

  1. 三井住友銀行 カードローンの基本情報について|どんな人におすすめ?
  2. 三井住友銀行 カードローンの基本情報
  3. SMBCモビットとの違いについて
  4. 三井住友銀行 カードローンがおすすめな人
  5. 三井住友銀行 カードローンを利用する上でのメリット
  6. 手数料無料で利用できる提携ATMが豊富
  7. 消費者金融と比べて上限金利が低い
  8. 融資限度額が高め
  9. 普通預金口座を所有していなくても利用可能
  10. 自動融資機能が便利
  11. 三井住友銀行 カードローンを利用する上でのデメリット
  12. 消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にある
  13. 即日融資に対応していない
  14. 在籍確認の際に電話連絡が実施される
  15. 三井住友銀行 カードローンに関する口コミ・評判
  16. 審査の早さ
  17. 借入金利
  18. バレないための工夫
  19. 借入時に聞かれたこと
  20. 三井住友銀行 カードローンの審査について
  21. 申込条件について
  22. 審査結果までの時間について
  23. 三井住友銀行 カードローンの申込から借入までの流れ
  24. 申込
  25. 必要書類の提出
  26. 在籍確認の実施
  27. 審査結果の通知・借入
  28. 三井住友銀行 カードローン審査に落ちる人の特徴
  29. 信用情報がブラック
  30. 収入の安定性を示せない
  31. 短期間に複数カードローンの申込がある
  32. 在籍確認が取れない
  33. 三井住友銀行 カードローンの審査通過のポイント
  34. 借入希望額を低めに設定する
  35. 虚偽申告を避ける
  36. 信用情報が消えるまで期間を空ける
  37. 三井住友銀行 カードローンの返済について
  38. 返済方法と返済方式について
  39. 支払利息の計算方法
  40. 遅延損害金について
  41. 三井住友銀行 カードローンに関するよくある質問
  42. 融資までに要する時間はどのくらい?
  43. カードローンの利用は職場や家族にバレない?
  44. パートやアルバイト、年金受給者でも利用可能?
  45. 派遣社員の場合は派遣元と派遣先のどちらに在籍確認が実施される?
  46. 返済方式はあとから変更可能?
  47. まとめ

三井住友銀行 カードローンの基本情報について|どんな人におすすめ?

三井住友銀行カードローン_2

ここでは、三井住友銀行 カードローンの特徴について、以下の点をピックアップしてお伝えしていきます。

  • 基本情報(スペック)
  • SMBCモビットとの違いについて
  • 三井住友銀行 カードローンがおすすめな人

三井住友銀行 カードローンでの借入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友銀行 カードローンの基本情報

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

三井住友銀行 カードローンの基本情報を、以下に表でまとめました。

申込条件申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
原則安定した収入のある方
資金使途原則自由(事業性資金は除く)
契約極度額10万円~800万円
適用金利(実質年率)1.5%~14.5%
審査スピード最短当日
担保・保証人不要

三井住友銀行 カードローンは、満20歳以上満69歳以下で原則安定した収入がある方であれば、誰でも申込が可能なカードローンです。

契約極度額も最大800万円と大きめに設定されているので、まとまった資金を調達したい場合にも重宝します。

適用金利も下限は1.5%と非常に低いので、返済負担を抑えながら融資を受けたい場合にも便利です(実際に適用される金利は審査で決定されます)。

担保や保証人なしで利用できるので、幅広い方が利用を検討できるでしょう。

SMBCモビットとの違いについて

SMBCという冠のせいもあってか、三井住友銀行 カードローンは、SMBCモビットと混同されることもあります。

三井住友銀行 カードローンもSMBCモビットも、SMBCグループが取り扱っているカードローンであることは間違いありませんが、取り扱っている主体は異なります。

三井住友銀行が三井住友銀行 カードローンを取り扱っているのに対して、SMBCモビットを取り扱っているのは三井住友カードです。

また、取り扱っている主体が異なることによって、カードローンのおおまかなくくりも変わってきます。

三井住友銀行 カードローンがいわゆる「銀行系カードローン」に含まれるのに対して、SMBCモビットは「消費者金融系カードローン」に該当します。

カードローンのくくりが異なることによって、サービスの内容自体に大きな違いが生じるわけではありませんが、融資スピードや適用金利などは変わってきます。

ただ、どちらもSMBCグループのカードローンなので、安心して利用できることは間違いないでしょう。

三井住友銀行 カードローンがおすすめな人

三井住友銀行 カードローンがおすすめなのは、初めて借入をおこなう人や、安心して借り入れたい人です。

三井住友銀行は言わずと知れたメガバンクの一角であり、金融機関としての信頼性は非常に高いといえます。

カードローンを利用するにあたって「不安なく利用できるかどうか」は重要なポイントのひとつですが、その点において三井住友銀行 カードローンは申し分ないでしょう。

また、三井住友銀行 カードローンでは審査結果が最短即日でわかります。

そのため、なるべく早く借り入れたいと考えている人にもおすすめのカードローンです。

三井住友銀行 カードローンを利用する上でのメリット

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

三井住友銀行 カードローンを利用する上でのメリットは、主に以下が挙げられます。

  • 手数料無料で利用できる提携ATMが豊富
  • 消費者金融と比べて上限金利が低い
  • 融資限度額が高め
  • 普通預金口座を所有していなくても利用可能
  • 自動融資機能が便利

それぞれのメリットを、以下で詳しく説明します。

手数料無料で利用できる提携ATMが豊富

カードローンを利用する場合、借入や返済をATMでおこなうケースが多いですが、ATM利用時の手数料の有無は総合的な支出に大きな影響を与えます。

三井住友銀行 カードローンでは、以下に挙げるATMであれば手数料無料で利用可能です。

  • 三井住友銀行ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM(店舗外ATMのみ、支店内ATMは手数料が必要)

三井住友銀行のATMはもちろんのこと、コンビニに設置されているATMを中心に、数多くの提携ATMを手数料無料で利用できます。

ATM利用時の手数料は1回につき110円~220円程度ですが、借入と返済を何度も繰り返していると、数千円~数万円になってしまうことも十分考えられます。

そういった支出を気にする必要なく利用できるのは、三井住友銀行 カードローンのメリットのひとつといえるでしょう。

消費者金融と比べて上限金利が低い

カードローンで融資を受ける場合、適用金利に応じた利息を上乗せして支払わなければなりません。

カードローンでは「○.○○%~××.××%」のような形で金利が設定されていますが、利用回数が少ない場合や借入金額が低い場合は、上限金利に近い金利が適用されることが多いです。

そのため、金利による利息負担のシミュレーションをおこなう場合は、上限金利を用いたほうが、返済の実態に沿った形になりやすいでしょう。

三井住友銀行 カードローンの上限金利と、主な消費者金融の上限金利を以下に表でまとめました。

三井住友銀行 カードローン14.5%
アコム18.0%
プロミス17.8%
レイク18.0%
アイフル18.0%
SMBCモビット18.0%

上掲した表からもわかるように、三井住友銀行 カードローンで設定されている上限金利は、大手消費者金融で設定されている上限金利よりも低めです。

そのため、同じ金額を借り入れて同じように返済をした場合、消費者金融を利用した場合よりも返済負担を抑えられます。

金利は借り入れた金額が大きく、返済期間が長いほうが影響が大きくなるので、まとまった金額を借り入れてゆっくり返済しようとお考えの方は、三井住友銀行 カードローンの利用がおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

融資限度額が高め

融資を受けられる金額の上限はカードローンによって異なり、必要としている金額によっては、ひとつのカードローンを利用するだけではまかなえない可能性もあります。

複数のカードローンに申し込むことは、審査落ちのリスクが高まることを意味するので、なるべく1社のみの申込にとどめたほうがよいでしょう。

先ほど金利を比較した消費者金融各社と三井住友銀行 カードローンの融資限度額を、以下に表でまとめました。

三井住友銀行 カードローン~800万円
アコム~800万円
プロミス~500万円
レイク~500万円
アイフル~800万円
SMBCモビット~800万円

審査結果にもよりますが、三井住友銀行 カードローンでは最大800万円まで融資を受けられる可能性があります。

車を買い替えたい、新婚旅行に行きたいなど、まとまった金額を必要としている場合には、重宝するカードローンです。

普通預金口座を所有していなくても利用可能

銀行が取り扱っているカードローンには、その銀行の普通預金口座を所有していることが利用条件になっているものもあります。

その銀行の口座を、給与の受け取り口座などとして普段から利用している方であれば問題ありませんが、そうでない場合はカードローンを利用するためにわざわざ口座を開設しなくてはなりません。

口座を複数保有することにはメリットもある反面、管理が大変で悪用されてしまっても気づきにくいといったデメリットもあります。

三井住友銀行 カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を保有していなくても利用可能です。

口座を開設する手間がかかりませんし、口座を保有することによるデメリットを気にする必要もないので、多くの方が利用を検討しやすいカードローンといえるでしょう。

自動融資機能が便利

三井住友銀行の普通預金口座を返済用口座として設定した場合、自動融資機能を利用することが可能です。

カードローンの返済用口座を、公共料金やクレジットカード利用代金を引き落とすための口座としても利用していた場合、口座の残高不足で引き落としが実行できないことも考えられます。

そういったときに、不足している金額を自動的にカードローンから融資してもらえるのが、自動融資機能です。

公共料金の引き落としができないと生活インフラが止められてしまう可能性がありますし、クレジットカードの支払いができていないとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

自動融資機能が利用できれば、残高不足によって引き落としができない事態を防ぐことができるので、とても便利です。

自動融資機能の申込は三井住友銀行本支店の窓口および、ローン契約機でおこなえるので、必要な方は申込手続きをおこないましょう。

公式サイトで詳細を確認する

三井住友銀行 カードローンを利用する上でのデメリット

三井住友銀行カードローン_3

三井住友銀行 カードローンを利用する上でのデメリットは、主に以下が挙げられます。

  • 消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にある
  • 即日融資に対応していない
  • 在籍確認の際に電話連絡が実施される

それぞれのデメリットを、以下で詳しく説明します。

消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にある

銀行カードローンは、消費者金融と比べると審査が厳しめにおこなわれる傾向にあります。

銀行カードローンでは審査において、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会することが、義務付けられています。

また、審査自体も銀行で独自におこなっており、保証会社に一任しているわけではありません。

審査をクリアして融資を受けた後でも、利用者の借入状況を定期的にチェックして、返済能力を超える貸付になっていないかを確認しています。

これらのことから、銀行カードローンは「融資」に対してとてもシビアな姿勢で臨んでいることがわかります。

審査通過に不安がある、確実に借り入れたいとお考えの方は、三井住友銀行 カードローンのような銀行カードローンではなく、消費者金融の利用を検討したほうがよいかもしれません。

即日融資に対応していない

先述したように、銀行カードローンでは審査時に申込者の情報を警察庁のデータベースに照会することが、義務付けられています。

データベースの照会結果がわかるのは最短でも翌日なので、銀行カードローンでは事実上即日融資を受けられません。

お金が必要でカードローンの利用を検討する場合、なるべく早くできれば当日にお金を借りたいと思うケースは、多々あるでしょう。

そういったケースにおいて、三井住友銀行 カードローンをはじめとした銀行カードローンの優先順位は、下がる可能性が高いです。

同じカードローンでも、消費者金融の取り扱うカードローンだと、大手を中心に最短即日融資に対応しているものがあるので、そちらの利用を検討するのがおすすめです。

在籍確認の際に電話連絡が実施される

カードローンの審査工程のひとつに、「在籍確認」と呼ばれるものがあります。

在籍確認とは、「申込者が申告したとおりの職場に在籍していること」を確認するための工程で、職場への電話連絡もしくは、在籍している事実を証明できる書類の提出の形で実施されることが多いです。

どういった方法で在籍確認が実施されるかは、金融機関次第かつ申込者の審査状況次第ですが、周囲に内緒で借入をしたい場合、職場への電話連絡は避けるのがベターでしょう。

三井住友銀行 カードローンの在籍確認は、原則として職場への電話連絡で実施されます。

申込者のプライバシーに配慮して、カードローンの在籍確認だとはわかりにくいような形で電話をかけてもらえるものの、書類提出よりも借入の事実がバレるリスクが高いことは、言うまでもありません。

「借入をしていることが周囲にバレないこと」を最優先事項としている場合は、在籍確認を書類提出で実施してくれる、ほかのカードローンを選ぶとよいでしょう。

三井住友銀行 カードローンに関する口コミ・評判

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

ここからは、実際に三井住友銀行 カードローンを利用した人の口コミについて紹介していきます。

なお、口コミについてはマネ会「三井住友銀行 カードローンの口コム・評判」より引用しておりますので、詳細が気になる方は是非そちらもチェックしてみて下さい。

審査の早さ

審査の早さに関する口コミ・評判は以下のとおりです。

言及ポイント口コミ内容
審査の早さ
  • 簡単な審査と時間も1時間以内と短かく完了して満足でした。
  • 待ち時間なく審査自体は1時間ほどでした。審査はスムーズかつ迅速に対応していただけました。
  • 本人確認書類を提出してから1日弱私の場合かかってしまいましたが、きちんとカードを作ることができました。

口コミから分かるとおり、審査は1時間ほどで完了することもあれば、日をまたぐこともあり、人によって様々のようです。

審査を少しでも早く終わらせたいという方は、申込の際に、オペレーターにその旨を伝えておくのもいいでしょう。

借入金利

借入金利に関する口コミ・評判は以下のとおりです。

言及ポイント口コミ内容
借入金利
  • 口コミ通りに利息は低金利だと思いました。返済方法もわかりやすく、ネットでの説明のみで対応可能でした。
  • 私がキャッシングしていた所は18.0%と金利も高めでしたので三井住友銀行 カードローンは低金利で凄く魅力でした。
  • 一般的な数字かと思っており、特に不満はありませんでした。

金利に関しては、人によって感じ方が様々のようです。

他社の銀行カードローンより金利が低くなるかについては、審査次第となりますので一概に結論付けられませんが、少なくとも消費者金融カードローンよりは低金利で借入できるでしょう。

バレないための工夫

バレないための工夫に関する口コミ・評判は以下のとおりです。

言及ポイント口コミ内容
バレないための工夫
  • 本人確認のために職場へ電話をされることでしたが、電話がきそうな時間に自席にいれたので、安心できました。
  • カードを作成する際に1番早いのは無人店舗に行くことだとオペレーターの方に言われたので、自宅から出来るだけ遠い場所を選んで無人店舗に向かいました
  • 「審査」の段階で銀行名で会社に在籍確認の電話が入ると思いますが、実際に職場に在籍していますし、給与振り込みと同じ銀行ですから、会社の同僚にも特にばれなかったと思います。

三井住友銀行 カードローンを利用するにあたって、在籍確認の電話連絡や郵送物の発想は、原則避けられないと考えておくべきでしょう。

そこで口コミにあるように「電話連絡は確実に自分で対応する」「店舗に出向かず無人機やWEB申込を利用する」など、ある程度の対策を講じておくことで、バレるリスクをより低減できるかもしれません。

借入時に聞かれたこと

借入時に聞かれたことに関しては、以下の口コミが挙げられています。

言及ポイント口コミ内容
借入時に聞かれたこと
  • 勤め先の名前・雇用形態・ボーナスの有無・家族構成を聞かれました。それだけですぐにお金を借りることができたことに驚きました。
  • まず最初に職業と勤続年数、年収を聞かれた記憶があります。申し込みはWebでおこないましたが、他社からの借り入れ額や借り入れ希望額を聞かれた記憶があります。
  • まずお金の使い道を聞かれました。これは詐欺防止の為必ず聞くそうです。 あとは勤務先・住所・電話番号・生年月日など聞かれました。質問は大体10分ほどです。

口コミから分かる通り、聞かれる内容については人によって異なると考えられます。

自分の社会的な属性・ステータスや、申込時に入力した情報が参考にされていると思われますので、それらをベースに予め回答を準備しておくと良いでしょう。

三井住友銀行 カードローンの審査について

三井住友銀行カードローン_4

三井住友銀行 カードローンを利用するためには、申し込んだ後で審査に通過する必要があります。

三井住友銀行 カードローンでは厳密な申込条件が設けられているので、その条件をクリアしなければ申込はできません。

審査内容自体は公開されていないので、申込者は審査結果がわかるまで待っておく必要があります。

三井住友銀行 カードローンの申込条件と審査結果がわかるまでの時間について、以下で説明しましょう。

申込条件について

三井住友銀行 カードローンで設けられている申込条件は、以下のとおりです。

  • お申込時満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定したご収入のある方(年金収入のみは利用不可)
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる方
  • 資金使途が事業性資金以外の方

年齢条件を満たして安定的な収入を得られるような形で働いている方であれば、基本的に申込自体は可能です。

三井住友銀行 カードローンは担保や保証人なしで利用できる代わりに、SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受ける必要があります。

SMBCコンシューマーファイナンスは、保証会社としてさまざまなローンに対する保証業務を担っているだけでなく、「プロミス」というブランドでカードローンも取り扱っています。

そのため、過去にSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を務めているカードローンやプロミスで問題を起こしたことがある場合、SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられない可能性が高いです。

資金使途に関しては、融資を受けたお金をどのように使っているか確認されることはほぼありません。

ただ、事業性資金として利用していることが発覚した場合、一括返済を求められる可能性もあるので、事業性資金としては利用しないようにしましょう。

公式サイトで詳細を確認する

審査結果までの時間について

審査結果がわかるまでの時間について、三井住友銀行 カードローンでは「最短当日」と公表しています。

ただし、申し込むタイミングや審査の混み具合などによっては、当日中に審査結果がわからない可能性もあります。

また、審査にかかる時間は申込者の属性によっても変わります。

そのため、早めに審査結果がわかることを期待して申し込んでも、数日かからないと審査結果がわからない可能性があることは、念頭に置いておきましょう。

なお、申込を土日におこなった場合、審査結果がわかるのは3日~5日後で、祝日に申し込んだ場合も審査結果がわかるまでにある程度時間を要します。

三井住友銀行 カードローンの申込から借入までの流れ

三井住友銀行カードローン_5

三井住友銀行 カードローンで融資を受けるためには、申し込んで審査を受けて契約して…といった一連の流れを経る必要があります。

どういった流れで手続きが進んでいくかを事前に把握しておいたほうが、準備もスムーズに進められるでしょう。

三井住友銀行 カードローンの申込から借入までの流れを、以下で説明していきます。

申込

申込は、パソコン・スマートフォン、ローン契約機、電話のいずれかでおこなえます。

申込方法によって審査の形式や通過難易度が変わることはないので、お好きな方法で申し込むとよいでしょう。

パソコン・スマートフォン、ローン契約機で申し込む場合は、申込に必要な情報を入力して送信します。

電話で申し込む場合は、オペレーターに必要な項目を確認されますので、間違いのないように伝えましょう。

必要書類の提出

必要書類は2種類あり、申込者全員が必要なのは「本人確認書類」で、必要になる場合があるのは「申込者の年収が確認できる書類」です。

本人確認書類としては、以下に挙げる書類が利用できます。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

上に挙げた書類以外に、別途ほかの本人確認書類が必要になる場合もあります。

各種健康保険証など、上掲した書類以外の本人確認書類については、カードローンプラザ(0120-923-923)までお問い合わせください。

なお、パスポートが2020年2月4日以降に申請されたものである場合、所持人記入欄が存在しないので、現住所が記載されている本人確認書類等を併せて提出する必要があることに、注意しておきましょう。

「申込者の年収が確認できる書類」を提出する必要があるのは、三井住友銀行 カードローンでの借入希望金額が50万円を超える場合です。

申込者の年収が確認できる書類としては、以下に挙げる書類が利用できます。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書+賞与明細書

ご自身の申込金額を踏まえたうえで、必要書類を提出しましょう。

在籍確認の実施

審査過程のなかで、職場への電話確認の形で在籍確認が実施されます。

在籍確認は審査の重要な工程のひとつなので、在籍確認が完了しない限り審査も終わりません。

電話でのやり取りをスムーズに終わらせることや、周囲にバレないようにすることを考えると、職場にかかってくる電話には申込者自身で対応するのが望ましいです。

オペレーターの方に相談すれば、電話をかけてもらう時間帯をある程度指定できるので、ご自身で電話に対応しやすい時間帯に電話をかけてもらうとよいでしょう。

職場の方が電話に出る場合でも、その電話でのやり取りで申込者がその職場に在籍していることが確認できれば、在籍確認は完了します。

ご自身で電話に出るのが難しそうな場合は、あらかじめ職場の同僚に「今日クレジットカードの在籍確認の電話がかかってくる予定だから」などと伝えておくとよいでしょう。

在籍確認時に会社名が名乗られることはありませんので、三井住友銀行 カードローンの在籍確認だとバレる心配はありませんし、同僚の方も在籍確認の電話だと気付いて自然に対応してくれるはずです。

審査結果の通知・借入

審査の工程がすべて完了すれば、審査結果が通知されます。

無事審査に通過していれば、契約手続きを経て借入をおこなうことが可能です。

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちであれば、契約後に普通預金口座のキャッシュカードで借入・返済ができるようになります。

普通預金口座をお持ちでない場合は、契約後にカードレスまたはローン専用カードで借入・返済が可能です。

普通預金口座をお持ちでなく、カードレス契約をしなかった場合、借入や返済のためにはローン専用カードが必要になります。

ローン契約機で申込~契約までの手続きを済ませれば、契約完了後すぐにローン専用カードを受け取れるので、なるべく早く借り入れたいとお考えの方は、ローン契約機を利用するのがおすすめです。

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

三井住友銀行 カードローン審査に落ちる人の特徴

三井住友銀行カードローン_6

三井住友銀行 カードローンでは申込後に審査がある以上、すべての方が利用できるわけではありません。

三井住友銀行 カードローンの審査に落ちる人の特徴は、主に以下が挙げられます。

  • 信用情報がブラック
  • 収入の安定性を示せない
  • 短期間に複数カードローンの申込がある
  • 在籍確認が取れない

それぞれの特徴を、詳しく説明します。

信用情報がブラック

三井住友銀行 カードローンの審査では、申込者の信用情報が照会されます。

信用情報とは、クレジットカードの利用や各種ローンの借入・返済といった信用取引に関する履歴がまとめられた情報で、信用情報機関と呼ばれる機関で管理されています。

「クレジットカードでの返済を延滞している」「フリーローンの支払いをおこなわずに債務整理にまで至ったことがある」などの情報がある申込者は、金融機関にとってはあまり望ましくありません。

そういった情報が信用情報に登録されている状態のことを、一般的に「ブラック(リストに載っている)」といいます。

信用情報がブラックだと、融資をしても返済してもらえる見込みが低いので、カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

信用情報に登録された情報は、情報の種類にもよりますが、数ヵ月~数年程度経過しなければ、信用情報から抹消されません。

過去にクレジットカードの支払いや何らかのローンの返済を延滞したことがある場合、三井住友銀行 カードローンの審査に通過するのは難しいでしょう。

収入の安定性を示せない

審査において重要なポイントのひとつに、「収入の安定性」があります。

カードローンで借入をした場合、毎月継続的に返済する必要があるため、返済の原資となる収入が安定していなければ、返済が滞るかもしれないと判断されてしまうからです。

いわゆるサラリーマンのように、毎月一定の収入を得られるような雇用形態であれば、収入の安定性を心配する必要はあまりありません。

出来高制で毎月の収入が決まるような場合や、短期的にバイトを集中させて生活費を稼いでいるような場合は、収入の安定性に難ありと判断されて、審査落ちになる可能性があります。

また、アルバイトで収入を得ている場合、今のアルバイト先で働き始めて1~2ヵ月程度だと、この先働き続けるかどうかわからないと判断されるので、審査には不利に働きます。

アルバイトの方が三井住友銀行 カードローンに申し込む場合は、少なくとも数ヵ月程度は同じアルバイト先で働いてから申し込むのが賢明です。

短期間に複数カードローンの申込がある

三井住友銀行カードローン_6

先述した信用情報では、「他社カードローンへの申込状況」も確認することができます。

三井住友銀行 カードローンの審査において、カードローンの申込状況として望ましくないのは、「短期間に複数カードローンの申込がある」状況です。

短期間に複数カードローンへの申込があることを確認した場合、金融機関は「複数のカードローンに同時に申し込んでいる=それだけお金に困っている=返済してもらえる見込みが薄い」と判断します。

そのため、それだけで審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。

急いで融資を受けたい場合は、「どこでもいいからお金を借りたい」という理由で、短期間に複数カードローンに申し込もうとするかもしれません。

しかし上述した理由により、そういった行為は金融機関の印象を悪くしてしまいます。

カードローンに申し込むときは1社ずつ申し込み、最初のところで融資を受けられなかった場合に次のところに申し込むようにし、同時申込みは避けるべきです。

在籍確認が取れない

在籍確認は審査における必須工程のひとつなので、在籍確認が取れなければ審査は通過できません。

書類提出で在籍確認が実施される場合は、在籍確認が取れない心配はほとんどありませんので、問題は職場への電話連絡で在籍確認が実施される場合です。

この場合、申込者本人が電話に対応できれば在籍確認はすぐに完了しますが、申込書本人が電話に出られないと、在籍確認がうまく取れない可能性が出てきます。

電話に出た人が何の電話かわからずに切ってしまった、申込者のことをよく知らない人が電話に対応して「そのようなものは弊社には在籍しておりません」といった対応をしてしまったなど、在籍確認が取れないケースはいくつか考えられます。

在籍確認を失敗させないためのコツは、同僚に対して「自分あての在籍確認の電話がかかってくること」をあらかじめ周知しておくことや、ご自身が在籍している部署につながる電話番号を申告することなどが挙げられます。

ご自身で電話に出られない可能性が高い場合は、そういった点に注意しておきましょう。

三井住友銀行 カードローンの審査通過のポイント

三井住友銀行カードローン_8

三井住友銀行 カードローンは、適用金利が低めでまとまった金額の融資も受けられる、優秀なカードローンです。

しかし、そういった優秀なカタログスペックの恩恵を受けるためには、審査に通過することが大前提となります。

三井住友銀行 カードローンの審査に通過するためのポイントは、主に以下のとおりです。

  • 借入希望額を低めに設定する
  • 虚偽申告を避ける
  • 信用情報が消えるまで期間を空ける

それぞれのポイントを、詳しく説明します。

借入希望額を低めに設定する

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

借り入れる金額が大きくなればなるほど、毎月の返済負担も大きくなります。

そのため、申込者が希望する借入額が大きくなるほど、審査も厳しめにおこなわれる傾向にあります。

審査に通過することを重視して考えるのであれば、借入希望額はなるべく低めにするのがおすすめです。

年収から鑑みて借入希望額に余裕があれば、三井住友銀行 カードローンとしても融資を実行しやすいことは間違いありません。

また、借入希望額を50万円以下に抑えられるようであれば、年収を確認できる書類の提出も必要ありません。

審査に通過しやすくなるだけでなく、申込時に必要な準備の手間も少なくなります。

虚偽申告を避ける

三井住友銀行 カードローンへの申込時には、年収・雇用形態・勤続年数などの情報を申告します。

それらの情報は、後に提出される本人確認書類や年収を確認できる書類などと照らし合わされて、情報の整合性を確認されます。

三井住友銀行 カードローンの審査に通過するためには、年収は多いほうが、勤続年数は長いほうがいいことは容易に想像できるでしょう。

しかし、それらの情報を偽って申告したとしても、書類と照らし合わされれば虚偽の内容であることがすぐにバレてしまいます。

勘違い程度の差異であれば、三井住友銀行としても確認の連絡で修正してもらえれば、そのまま審査を進める可能性が高いです。

ただ、明らかに審査に通りやすくなるように「盛った」と考えられる差異の場合は、審査落ちになる可能性があります。

虚偽申告は絶対にせずに、ご自身のありのままの属性での申込を心がけましょう。

信用情報が消えるまで期間を空ける

信用情報がブラックの状態では、三井住友銀行 カードローンの審査には通過できません。

信用情報は過去の信用取引の履歴なので、信用情報に手を加えて審査にとって都合のよい状態にすることはできません。

悪い情報が登録されている場合は、その情報が信用情報から消えるまで待つのが、唯一の解決方法です。

クレジットカードの支払いやローンの返済に関する情報は、登録してから数年経過しなければ信用情報からは抹消されません。

ここ最近で、支払いや返済で問題を起こした方は、しばらくの間は三井住友銀行 カードローンを利用することは諦めましょう。

カードローンへの申込情報は、申込んでから半年したら抹消されます。

審査に落ちた方で、短期間に複数のカードローンに同時に申し込んだことがその原因だと考えられる場合は、半年間待てば審査に通過できる可能性が出てくるでしょう。

なお、信用情報はご自身で照会することも可能です。

CICやJICCといった信用情報機関の窓口に申請して、500円~1,000円程度を支払えば確認できるので、ご自身がブラックかどうか不安な方は信用情報の照会をおこなってみるとよいでしょう。

公式サイトで詳細を確認する

三井住友銀行 カードローンの返済について

三井住友銀行カードローン_10

借入をおこなった後は、必ず返済しなければなりません。

三井住友銀行 カードローンの返済方法や返済方式、利息の計算方法などについて、以下で詳しく説明します。

返済方法と返済方式について

三井住友銀行 カードローンには、以下に挙げる返済方法があります。

  • ATMでの返済
  • SMBCダイレクトでの返済
  • 口座引き落としによる返済

三井住友銀行 カードローンには数多くの提携ATMがありますが、返済に利用できるATMは以下のATMのみです。

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

三菱UFJ銀行ATMや提携金融機関のATMでは、借入のみ可能で返済はできません。

また、ゆうちょ銀行ATMでは、普通預金のキャッシュカードを利用しての返済はできません。

SMBCダイレクトで返済をする場合、SMBC口座間での振替や他行ネットバンキングからの入金が可能です。

口座引き落としで返済をする場合、指定の約定返済期日までにカードローン口座に入金がなかった場合、カードローンの返済用預金口座から、借入残高に応じた約定返済金額が自動的に引き落とされます。

なお、三井住友銀行 カードローンでは、毎月の返済日を5日・15日・25日・月末の4つから選択可能です。

給料日のタイミングに合わせて返済しやすい日を返済日として設定できるのは、便利です。

返済方式は、毎月の指定日におこなわれる「約定返済」と、余裕があるときに随時おこなえる「臨時返済」の2種類があります。

毎月の約定返済を確実にこなしながら、余裕があるときには臨時返済で追加の返済をおこなうとよいでしょう。

支払利息の計算方法

三井住友銀行カードローン_11

カードローンでは、返済時に金利と借入残高から計算される利息を上乗せして、返済する必要があります。

利息は返済負担に大きく影響する要素なので、計算方法を把握しておかなければ返済シミュレーションを適切におこなえないかもしれません。

適用金利15.0%、借入金額100万円という条件で、借り入れてから1ヵ月後(30日後)に発生する利息は、「100万円×0.15×30÷365≒12,329円」という式で算出されます。

つまり、上の条件で借入をおこなった場合、1ヶ月で発生する利息は12,000円強であることがわかります。

この金額の支払いが家計にどの程度の負担を及ぼすかを踏まえたうえで、借入希望金額を決定することが重要です。

遅延損害金について

毎月の返済を真っ当におこなえている限りは関係ありませんが、三井住友銀行 カードローンでは、返済が遅れると「遅延損害金」というものを支払わなければなりません。

遅延損害金は、返済が遅れたことに対するペナルティのようなもので、本来返済する金額とは別に支払うことになります。

遅延損害金は、「借入金額×遅延損害金金利×借入日数÷365」という、利息を算出する際の式とほぼ同じ式で算出されます。

異なるのは金利の部分ですが、遅延損害金はペナルティという側面を大きく持っているものなので、契約時に適用された金利よりも高めの金利が設定されるのが一般的です。

三井住友銀行 カードローンで適用される金利は1.5%~14.5%ですが、遅延損害金の算出に用いられる金利は19.94%です。

毎月発生する利息よりも多くの金額を支払わなければならなくなるので、お金の管理をきちんとおこなって、毎月の返済をつつがなくこなすことを心がけましょう。

三井住友銀行 カードローンに関するよくある質問

三井住友銀行カードローン_9

三井住友銀行 カードローンは、メガバンクのひとつである三井住友銀行が取り扱っているカードローンなので、安心して利用することができます。

とはいえ、これまでカードローンを利用したことがない方だと、カードローンに関してよくわからないことが多く、不安を感じていることも多いでしょう。

以下では、三井住友銀行 カードローンに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

三井住友銀行 カードローンへの申込を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

融資までに要する時間はどのくらい?

三井住友銀行 カードローンの融資までに要する時間は、最短でも翌日です。

三井住友銀行 カードローンをはじめとした銀行カードローンでは、審査時に申込者の情報を警察庁のデータベースに照会することが義務付けられています。

データベースの照会結果がわかるのは、早くても翌日なので、融資までにかかる時間も最短で翌日となるわけです。

なお、消費者金融が取り扱っているカードローンでは、警察庁のデータベースへの照会は義務付けられていないので、申し込んだその日のうちに融資を受けられる可能性もあります。

なるべく早く融資を受けたいとお考えの方は、消費者金融のカードローンを中心に検討するのがよいかもしれません。

カードローンの利用は職場や家族にバレない?

カードローンの利用が職場や家族にバレるきっかけとしては、ローンカードの存在や自宅への郵送物、職場への電話連絡による在籍確認などが挙げられます。

ローンカードは管理に気を付けることで周囲にバレにくくできますし、カードレスで利用したり三井住友銀行のキャッシュカードにローンカードの機能を付与したりしてもらうことでも、対応可能です。

自宅への郵送物は、ローン契約機で契約手続きをおこなうことでなしにすることができます。

職場への電話連絡による在籍確認に関しては、ご自身で対応することで周囲にバレる可能性は低くなりますし、同僚が対応する場合でも、プライバシーに配慮してカードローンの在籍確認だとバレにくいような形で電話をかけてくれます。

総じて、三井住友銀行 カードローンは周囲にバレずに利用しやすいカードローンといえるでしょう。

パートやアルバイト、年金受給者でも利用可能?

三井住友銀行 カードローンは、「満20歳以上満69歳以下」で「原則安定した収入」があり、「SMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる」方であれば、申込可能です。

そのため、パートやアルバイトの方でも条件を満たしていれば申込可能ですが、収入が年金のみの方は利用できません。

年金受給者の方でも、パートやアルバイトをしており、年金以外の収入を得ていれば申し込める可能性があります。

「安定した収入がある」と判断してもらうためには、同じ職場で一定期間働き続けている必要があります。

今の職場で働き始めたばかりのパートやアルバイトの方だと、利用できない可能性がある点には、注意しておきましょう。

派遣社員の場合は派遣元と派遣先のどちらに在籍確認が実施される?

派遣社員の方の在籍確認は、派遣元の会社に対して実施されます。

派遣社員として働く場合、派遣先の職場に身を置くのが一般的なので、派遣元の会社に対してかかってくる電話には基本的に対応できません。

そのため、三井住友銀行 カードローンに申し込む場合は、あらかじめ派遣会社の社員の方に、自分あての在籍確認の電話がかかってくることを伝えておく必要があります。

カードローンの在籍確認だと言いにくい場合は、クレジットカード発行のための在籍確認だと言ってしまって問題ありません。

返済方式はあとから変更可能?

三井住友銀行 カードローンでは、ATMでの返済・SMBCダイレクトでの返済・口座引き落としによる返済のいずれかの形で返済をおこないますが、口座引き落としによる返済をおこなうためには、手続きが必要です。

当初、別の方法で返済しようと考えていたものの、考え直して口座引き落としによる返済を利用したいとお考えの方は、別途手続きをおこなうことで返済方式を変更できます。

ローン契約機か、三井住友銀行 カードローンプラザ(0120-923-923)に電話をして郵送で手続きが可能なので、返済方式を変更したい方はいずれかの方法を利用しましょう。

まとめ

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円(カードレスは利用不可)
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率借入限度額審査時間
年1.50〜14.50%10万円〜800万円公式サイト参照
融資時間コンビニ収入証明書
公式サイト参照
セブン-イレブンローソンファミリーマート
公式サイトで詳細を確認する

【PR】株式会社三井住友銀行

三井住友銀行 カードローンは、その名のとおり三井住友銀行が取り扱っているカードローンで、安心して利用することができます。

低めに設定された上限金利や余裕のある利用限度額など、カタログスペックも魅力的ですし、三井住友銀行の普通預金口座を保有していなくても利用できるので、幅広い方が利用を検討できるカードローンです。

消費者金融のカードローンと比べると、審査は厳しめにおこなわれる傾向にあるので、借入希望金額を低めに設定するなどして、なるべく審査に通過しやすい状態で申し込むのが賢明です。

返済シミュレーションをおこない、家計に過度な負担を与えずに返済を継続できることを確認したうえで、申し込むようにしましょう。

ドットマネーに登録すると、キャッシュレスをもっとお得に利用できます
登録する
この記事をシェア
ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに
ドットマネー
  • 業界No.1の会員2,500万! みんなが使っているポイント交換サービス
  • ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは60以上
  • 業界で唯一のポイント交換手数料無料!
詳しくはこちら
「ドットマガジン」とは?
ドットマネーが運営している
あしたのくらしに「変化」を与える
ポイント情報メディアです。
ドットマガジンとは
お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します
※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品はアフィリエイトプログラムを利用し、アコム社など複数社により広告収益を得て運用しております。
※当サイトはクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。
※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。
※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。
※当サイトはドットマガジンと提携している企業のPR情報が含まれています。