ドットマガジン by ドットマネー

アコムの増額方法は電話がおすすめ!審査基準やすぐ借りたいときの対処法を解説

PR
2024.05.20
by ドットマネー編集部

アコムでお金を借りている方のなかには、「アコムで増額したい」「増額方法を知りたい」と考える方もいるのではないでしょうか。

アコムで増額するには審査に通過する必要があり、増額申込の審査基準は新規申込より厳しい傾向があります。

そのため、増額するよりも他社のカードローンに新規申込をしたほうが、早く借りられる場合もあります。

この記事では、アコムの増額方法や増額の審査基準、新規申込時の審査と異なるポイントを紹介します。

さらに、アコムの増額審査に落ちた方や急ぎで借入れしたい方に向けて他社のカードローンも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アコムの限度額(借入可能額)とは?

アコムの限度額とは

アコムの借入可能額は、「あとどれだけ借りることができるか」をを示しています。

借入可能額が50万円の場合は、カードローンであと50万円借り入れられることを意味し、その後10万円を借入れると借入可能額は40万円に減ります。

ただし、返済をおこなえばその金額分だけ限度額は増えるので、 アコムで借入れや返済をおこなうと、そのたびに限度額は変動します。

つまり、10万円借入れた後に5万円返済すれば、限度額は45万円になる仕組みです。
 

また、契約時に「最大これだけの金額を借入れられます」と設定された金額は「契約極度額」と呼ばれ、借入可能額とは異なるので注意しましょう。

契約極度額が80万円のカードローンで、契約した直後に30万円を借入れると、借入可能額は50万円に減りますが、契約極度額は80万円のままです。

増額申込後に審査に通過すれば、契約極度額の上限が大きくなり、結果的に借入れられる金額も増えます。

アコムの増額方法は4つ!急ぎなら電話がおすすめ

アコムの増額方法は4つ!急ぎなら電話がおすすめ

アコムに増額を申し込む方法は、下記の4つです。

  • 電話 (アコム総合カードローンデスク)
  • インターネット
  • 自動契約機(むじんくん)
  • ATM

それぞれの方法について、以下で詳しく解説します。

電話(アコム総合カードローンデスク)

電話で申込む場合は、「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」に電話をかけて、オペレーターへ増額を希望する旨を伝えます。

増額が可能かどうかをその場で確認してもらい、可能であればそのまま手続きを進めてもらえます。

オペレーターとの通話中に増額の可否を判断してもらえるので、緊急でお金が必要な場合などに便利です。

ただし、アコム総合カードローンデスクに電話がつながるのは、平日9時~18時です。

土日祝日や早朝深夜に増額を申込みたい場合は、別の方法を検討しましょう。

インターネット

インターネット上で増額を申込みたい場合、まずはアコムのマイページにログインしましょう。

「ご利用可能額を増やす」をクリックして必要情報を入力し、確認画面で「契約する」をクリックします。

その後審査がおこなわれ、「ご契約内容の変更が完了しました」という表示が出れば、増額手続きは完了です。

インターネット経由の手続きなので、申込みは24時間いつでも可能ですが、審査がおこなわれるのはアコムの営業時間内です。

営業時間外に申込む場合、審査結果がわかるまで少し時間がかかります。

なお、マイページにログインしても「ご利用可能額を増やす」が表示されない方もいるかもしれません。

その場合は、「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」まで問い合わせてみてください。

自動契約機(むじんくん)

自動契約機(むじんくん)で申込む場合は、本人確認書類を持参して近くの自動契約機まで増額手続きをおこないます。

自動契約機の案内に従って手続きを進めていけば、増額申込が完了します。

審査が終われば増額の可否が伝えられ、増額できる場合は増額後の契約極度額もその場で教えてもらえます。

すぐにお金が必要な場合は、自動契約機に備え付けのATMでそのまま借入れをおこないましょう。

なお、自動契約機での増額申込には、本人確認書類だけでなく収入証明書類が必要になる場合もあります。

ご自身が増額申込みをするにあたって、収入証明書類が必要かどうかわからない場合は、あらかじめ 「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」まで問い合わせて、確認しておくと良いでしょう。

ATM

ATMで増額を申込む場合は、アコムATMで手続きが可能です。

アコムATMの画面右下に表示されている、「極度額等の変更申込」を選択しましょう。

ATMの案内に従って手続きを進めていけば、増額申込が完了します。

その後、電話やメールで増額審査の結果が伝えられるので、審査に通過した場合は必要に応じて借り入れをおこないましょう。

なお、アコムのATMを利用しても、画面右下に 「極度額等の変更申込」が表示されないことがあります。

その場合は、「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」まで問い合わせましょう。

アコムの増額審査は甘い?

アコムの増額審査は甘い?

アコムに限らず増額審査は、初回契約時の審査よりも厳しくおこなわれるのが一般的です。

アコムの増額審査は、申込者の属性や信用情報にとくに問題がなければ、数分で終わることもあります。

しかし、新規契約時と増額申込時で申込者の属性や信用情報に変化がある場合、審査結果が出るまで時間がかかることもあるでしょう。

そのため、アコムの利用者が追加で借入れを希望する場合は、アコムに増額を申込むよりも、他社のカードローンに新規申込をしたほうが、早く借りられる可能性もあります。


アコムに増額を申込むにしろ、他社のカードローンに申込むにしろ、希望金額を借り入れられなかったり、そもそも審査落ちになってしまったりする可能性があることは、念頭に置いておきましょう。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アコムで増額申込するメリット・デメリット

アコムで増額申し込みするメリット・デメリット

アコムで増額申込をすることには、メリットもデメリットもあります。

とくに、申込者の状況によっては契約極度額が減ったり利用停止になったりする可能性もあるので、他社カードローンに新規申込をしたほうが、早く借りられることもあります。

アコムで増額申込をするメリットとデメリットを以下で解説します。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アコムで増額申込をするメリット

アコムで増額申込をするメリットは、主に以下のとおりです。

  • 金利が下がる可能性がある
  • 新規契約の手続きが不要

金融機関から融資を受ける際の金利は、利息制限法によって以下のように定められています。

融資を受ける金額金利(実質年率)
10万円未満~20.0%
10万円以上100万円未満~18.0%
100万円以上~15.0%

これまで契約極度額80万円、金利18.0%という条件で融資を受けていた方が、増額によって契約極度額が120万円になったとしましょう。

このとき、適用される金利の上限は15.0%に引き下げられるので、これまでよりも低い金利で融資を受けられることになります。

借入れられる金額が多くなる分、返済計画には注意しなければなりませんが、適用金利が引き下げられて利息の負担が軽くなるのはメリットといえるでしょう。


増額には申込みが必要ですが、増額審査に通過すればすぐに契約極度額を引き上げてもらえます。

ほかのカードローンに新たに申込んで融資を受けようとすると、審査に通ったあとに契約手続きが必要なので、手間がかかります。

すでに契約が済んでいるカードローンで申込むからこそ、手続きを最小限に抑えられるのは、増額申込みの大きなメリットです。

アコムで増額申込をするデメリット

アコムで増額申込をするデメリットは、主に以下のとおりです。

  • 初回審査より厳しく審査される
  • 審査結果によっては限度額が下がる可能性がある
  • 在籍確認が必要な可能性がある

増額申込は、初回契約で設定された契約極度額よりも多くの借入れ金額を希望することを意味します。

初回契約で設定された契約極度額は、申込者の返済能力など総合的な判断のうえ決定されているので、増額申込時の審査は初回契約時の審査よりも厳しくおこなわれる傾向があります。


そのため、希望している金額の増額が叶わない可能性があることも、念頭に置いておきましょう。

また、初回契約時と増額申込時で申込者の年収や勤務先、雇用形態などが変わっている可能性もあります。

その結果、現在の属性を踏まえると、契約極度額は今よりも低いほうが妥当と判断され、
限度額が下がってしまう可能性もあります。

増額を希望した結果、限度額が減る可能性があるのは、申込者にとって避けたい事態です。

また、申込者の勤務先が初回契約時から変わっている場合、在籍確認の実施が求められる可能性があります。

在籍確認が実施されるかどうかはケースバイケースですが、実施の可能性があることに留意しておきましょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

増額審査は申し込み時の状況に基づいて行われます。そのため、転職などをして初回申込時と勤務先や年収などが異なる場合は、情報を変更しなければなりません。特に勤務先が変わっている場合は、本当にその勤務先に在席しているかを審査の過程で確認する必要性も発生します。なぜなら、在席確認も返済能力を判断する上で重要な審査項目だからです。返済能力がないと判断されると審査に通ることはできません。

アコムの増額審査基準や審査落ちする原因は?

アコムの増額審査基準や審査落ちする原因は?

アコムで増額審査を申込む際には、審査に関してある程度把握しておくのが望ましいです

アコムの増額審査基準や審査落ちする場合の原因を、以下で解説します。

申込者の情報

申込者の情報

増額時は新規申込時と同様に、申込者の属性を見て審査がおこなわれます。

アコムの利用者には、個人情報に何らかの変更があった場合、アコムへの登録情報を速やかに変更することが求められます。

氏名や住所、職業、年収などが新規申込時と変わっていたら、登録情報を変更した後に増額申込をしましょう。

ただし、情報を偽るつもりはなく、登録情報の変更を忘れたまま増額を申込んでしまうケースもあると思います。

申込者の意図に関わらず登録情報が誤っていると審査に落ちる可能性があるため、増額申込をする際は必ず事前に登録情報を確認しましょう。

返済能力・信用情報

返済能力・信用情報

返済能力も増額審査でチェックされる内容のひとつですが、年収や雇用形態以外に他社の借入状況も返済能力に関わります。

他社の借入状況は、信用情報機関で管理されている信用情報から確認でき、増額審査に大きな影響を与えます。

信用情報を確認すれば、借入状況だけでなく、クレジットカードの支払いやローンの返済を滞りなくおこなっているかもわかります。

増額申込の前には、クレジットカードや他社のローンの延滞履歴がないか確認しておくと良いでしょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

アコムだけに限らず、金融機関は借入れの申し込みがあった際には必ず信用情報機関に照会をかけます。その際に信用事故情報が登録されていると、審査に通るのは難しくなるでしょう。もし、自分の信用情報が気になっているなら、信用情報機関に対して情報開示の請求を行ってみましょう。費用は1,000円程度で、請求はインターネットで簡単にできます。結果もインターネットだと即日に分かりますのでおすすめです。

総量規制

総量規制

アコムの増額審査に落ちる原因としては、借入れ総額が「総量規制」を超えていることも考えられます。

総量規制とは、お金の借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために賃金業法で設けられている規制で、消費者金融を含む貸金業者が「申込者の年収の3分の1を超す金額」の融資をおこなうことを禁止しています。

そのため、増額を希望する場合は、他社の借入れ金額も把握したうえで、合計の借入れ金額がご自身の年収の3分の1以下になるようにしましょう。


なお、不動産や自動車を購入するための融資や、高額療養費による融資などは、総量規制の対象外とされており、年収の3分の1を超える金額でも融資を受けられる可能性があります。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

総量規制とは貸金業法によって決められているもので、消費者金融業者やクレジットカード会社などに対して適用されます。しかし、銀行は銀行法に基づいて業務を行っているため、総量規制の対象外です。とはいえ、銀行も過剰な貸し付けを避けるために、銀独自の基準を設け、申込者の返済能力を超えた貸し付けは行わないようにしています。 また、全ての借入れが総量規制の対象になるわけではなく、除外や例外となるものも存在します。

利用実績

利用実績

新規申込時の審査と異なるポイントとして、増額審査時にはアコムでの利用実績も審査基準となります。

定期的にアコムで借入れをおこなっている履歴があると、増額後も借入れを継続してくれる可能性が高いと判断され、増額審査に通る可能性が高くなります。

ただし、アコムで借入れていても頻繁に延滞をしている場合、返済能力や返済の意思がないとみなされて審査落ちになる可能性もあるため、アコムでの返済には十分注意しましょう。

アコムから増額申込の勧誘電話が来たらどうする?

アコム 勧誘電話

アコムでの増額は必ずしも利用者自身から希望するわけではなく、アコム側から増額申込みの勧誘が来ることもあります。

増額のことを検討しているときにタイミング良く連絡が来たのであれば、オペレーターに相談しながら手続きをすると良いでしょう。

ただし、勧誘が来て増額申込をしたとしても、必ず審査に通るとは限りません。

審査に落ちた場合、申込履歴が信用情報に登録されるので、増額を希望していないタイミングで連絡が来た場合は断ることも選択肢に入れましょう

アコムの増額審査に落ちたときにおすすめのカードローン

アコムの増額審査に落ちたときにおすすめのカードローン

お金が必要にも関わらず、アコムの増額審査に落ちた場合は、他社のカードローンに新規で申込んで融資を受けることも検討しましょう。

消費者金融大手のカードローンは即日融資に対応しているところが多いので、すぐにお金を借りられる傾向があります。

また、初回契約者限定の無利息期間を設けているところも多く、無利息期間内に完済できれば、利息の支払いは必要ありません。

アコムの増額審査に落ちたときに申込むおすすめのカードローンを、以下でいくつか紹介します。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アイフル

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 最短18分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
年3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短18分
融資時間
最短18分
コンビニ
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
収入証明書
50万円を超える場合
公式サイトで詳細を確認する

【PR】アイフル株式会社

審査スピード最短20分(※)
融資スピード最短20分(※)
無利息期間30日
借入上限額最大800万円
WEB完結の可否可能
在籍確認の方法原則として書類提出
上限金利3.0%~18.0%
郵送物の有無原則なし

(※)申込状況によってはご希望に沿いかねます

アイフルは、最短20分で融資を受けられる可能性があるカードローンです。

初めての契約であれば最大30日間の無利息期間を利用できるので、利息負担を抑えながら借入れられます。

借入上限額も最大800万円なので、まとまった資金が必要な場合でも頼りになります。

在籍確認も原則として書類提出で実施してもらえるので、周囲に内緒で借入れたい方でも安心です。

まとまったお金を借りたい場合は、事前に返済シミュレーションをおこなったうえで申込みましょう。

公式サイトで詳細を確認する

プロミス

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
年4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短3分
融資時間
最短3分
コンビニ
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

審査スピード最短3分以内
融資スピード最短3分以内
無利息期間30日
借入上限額最大500万円
WEB完結の可否可能
在籍確認の方法原則として書類提出
上限金利4.5%~17.8%
郵送物の有無原則なし

プロミスは、審査および融資が最短3分で完了するスピーディーさが魅力のカードローンです。

紹介しているほかのカードローンでも比較的スピーディーに融資を受けられますが、プロミスの「3分」という早さは群を抜いています。

また、ほかのカードローンで設けられている無利息期間は「初回契約日の翌日」からスタートしますが、プロミスで設けられている無利息期間は「初回借入日の翌日」からスタートします。

契約後すぐに借入れをしなかった場合、ほかのカードローンだと無利息期間を浪費することになりますが、プロミスの無利息期間は実際の借入れまでスタートしないので、「30日間」という期間を最大限に活用可能です。

適用される上限金利も、ほかのカードローンよりも若干低いので、利息負担を抑えることにつながります。

公式サイトで詳細を確認する

レイク

レイク
レイク
おすすめポイント
  • はじめてならWeb申込で60日間特典(利息0円)も選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 申込み後最短15秒で審査結果を表示!
実質年率
年4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短25分融資も可能
コンビニ
セブン-イレブンローソンファミリーマート
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】新生フィナンシャル株式会社

審査スピード申し込み後最短15秒
融資スピードWebで最短25分融資も可能
無利息期間30日間・60日間・180日間のいずれかを選択
借入上限額最大500万円
WEB完結の可否可能
在籍確認の方法原則として書類提出
上限金利4.5%~18.0%
郵送物の有無原則なし

レイクは、申込後最短15秒で審査結果がわかり、Web申込なら最短25分で融資を受けられるスピーディーさが魅力です。

また、無利息期間が3種類設けられており、借入れの期間や金額に応じて、以下の無利息期間のいずれかを選べます。

  • 30日間の無利息期間
  • 60日間の無利息期間(Web申し込み限定)
  • 180日間の無利息期間(借入れ金額5万円まで)

下限金利がほかのカードローンと比べると高めですが、借入れる金額が少額であれば基本的に上限金利に近い金利が適用されることを考えると、あまり気にする必要もありません。

カードローンの利用に不安がある方に向けて、専用のチャットサービス「レイマル相談室」も用意されています。

すでに借入れをしているのに追加で借入れをすることに不安がある方は、「レイマル相談室」で相談してから申込むのがおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビット
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料!
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資!
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
年3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
10秒簡易審査
融資時間
最短即日
コンビニ
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
収入証明書
-
公式サイトで詳細を確認する

【PR】三井住友カード株式会社

審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
無利息期間なし
借入上限額最大800万円
WEB完結の可否可能
在籍確認の方法原則として書類提出
上限金利3.0%~18.0%
郵送物の有無原則なし

SMBCモビットは、CMなどで名前を聞く機会も多い大手カードローンのひとつです。

「SMBC」という名前のとおり、三井住友グループが提供しているカードローンなので、利用者としても安心して申込みができます。

公式ホームページ上では、「年齢」「税込年収」「現在の他社借入金額」を入力するだけで、借入れ可能かどうかを簡易的に診断できる「お借入診断」が設けられています。

審査に通る見込みをあらかじめ把握しておきたい場合に、便利です。

なお、紹介しているほかのカードローンとは異なり、無利息期間は設けられていないため、注意しましょう。

借入れた後にゆっくりと返済する予定の方に、おすすめのカードローンです。

公式サイトで詳細を確認する

アコムの増額審査に関するよくある質問

アコムに増額を申込んだ経験がない場合、不安に感じることは多々あると思います。

そこで以下では、アコムの増額審査に関するよくある質問に対して、Q&A形式で回答していきます。

アコムへの増額申込みを検討している方は、ぜひ参考にしてください

アコムの増額審査にかかる時間は?

アコムの増額審査にかかる時間は、増額希望金額や申込者の属性、これまでのアコムの利用履歴などによって、異なります。

しかし、アコムは増額審査に関してホームページ上で 、「原則、当日に回答します」と説明しています。そのため、よほどの事情がない限りは当日中に審査結果がわかると考えて良いでしょう。

ただ、なるべく早く追加で借入れをしたい方にとっては、「当日中」でも遅いと感じてしまうかもしれません。

大手消費者金融には、申込みから審査結果がわかるまでに、20~30分というところもあります。

新規契約をするのにかかる時間を踏まえて考えても、アコムで増額審査を受けるよりも、早めに借入れができる可能性もあるでしょう。

緊急でお金を必要としている場合は、アコムへの増額ではなく、ほかのカードローンへの新規申込みも検討してみると良いかもしれません。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アコムの増額審査は土日でも可能?

アコムでは、土日でも増額審査に対応しています。

土日に急きょお金が必要になった場合でも、アコムで増額することでピンチを乗り切れるかもしれません。

ただし、アコムの電話( アコム総合カードローンデスク)は、平日しか受付していないので、土日に増額を申込みたい場合は、ほかの方法で申込みましょう。

アコムの増額審査に落ちたらどうする?

アコムの増額審査に落ちた場合、属性や信用情報等に何らかの問題があったと考えられます。

そのため、少し時間を空けて再度申込むぐらいでは、審査に落ちるという結果は変わらないでしょう。

お金が必要であれば、他社のカードローンに新規申込をするのがおすすめです。

アコムの増額審査に落ちてしまった以上、ほかのカードローンでも審査落ちになってしまう可能性は否定できません。

ただ、各カードローンで審査基準は異なりますし、増額審査は新規契約時の審査よりも厳しめにおこなわれます。

そのため、他社のカードローンへの新規申込であれば、審査に通過できる可能性は十分あるでしょう。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

アコムから勝手に増額されることはある?

利用者の同意なしにアコムが勝手に増額することはありませんが、アコムと契約して継続的に利用していると、希望していないにも関わらず増額の案内が来ることがあります。

これは、アコムでは半年に1回程度、利用者の信用情報を調査しており、問題がないと判断した利用者に対して、増額の案内をおこなっているためです。

この案内が来るということは、アコムにとっての基準を満たしているということなので、増額の意思がある場合は案内に沿って増額を申込むのも良いでしょう。

ただし、申込んだ後の審査はきちんとおこなわれるため、案内があったからといって絶対に増額できるとは限らないことは、念頭に置いておく必要があります。

アコムで増額する際は他社カードローンへの新規申込も検討しよう

アコムを利用している方がアコムに増額を申込む場合、金利を引き下げてもらえる可能性があることや、新規契約の手続きが不要なことがメリットです。

一方で、増額審査は初回契約時の審査よりも厳しいので、増額が認められない可能性があることや、逆に限度額が引き下げられてしまう可能性があることは、デメリットと考えられます。

すでにアコムを利用している方がお金を必要としているときは、アコムでの増額だけではなく、他社カードローンへの申込みも現実的な選択肢のひとつです。

カードローンの新規申込であれば審査結果がわかるのも早く、大手消費者金融のカードローンのなかには、無利息期間が利用できるところもあります。

今回紹介させていただいたカードローンを中心に、ぜひ新規申込を検討してみてください。

アイフルプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

カードローンの増額申請を行うことによって、これまでよりも低金利で利用できるというメリットがあるものの、審査は全体的に厳しくなります。特に初回申込時と属性などの状況が変わっている場合は注意が必要です。他社から新たに借入れる方法もありますが、その分返済管理が大変になることも覚えておきましょう。新規で他社から借入れる際には、無利息期間サービスを意識して利用することをおすすめします。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。2017年10月 独立。主に個人を相手にお金に関する相談及び提案設計業務を行う。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他、資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。
執筆者

アイフル:※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※利用可能コンビニATM:提携先ATM設置店のみ
プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要です。 ※仮審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時のご融資上限は、本審査により決定となります。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
レイク:※担保・保証人:不要 ※商号・名称:新生フィナンシャル株式会社 ※電話番号:0120-09-09-09 ※貸金業者の登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 ※日本貸金業協会会員第000003号 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。ご融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。※審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合があります。※審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合があります。※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※Webで初めてお申込で60日間無利息 ※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 ※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。※なお,ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります. ※無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※ご融資額:1万円~500万円 ※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方) ※遅延損害金(年率):20.0% ※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式 ※ご返済期間・回数:最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。 ※必要書類:運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、レイクが必要とする場合)
SMBCモビット:※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。





ドットマネーに登録すると、キャッシュレスをもっとお得に利用できます
登録する
この記事をシェア
ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに
ドットマネー
  • 業界No.1の会員2,500万! みんなが使っているポイント交換サービス
  • ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは60以上
  • 業界で唯一のポイント交換手数料無料!
詳しくはこちら
「ドットマガジン」とは?
ドットマネーが運営している
あしたのくらしに「変化」を与える
ポイント情報メディアです。
ドットマガジンとは
お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します
※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により広告収益を得て運用を行っております。
※当サイトはクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。
※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。
※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。
※当サイトはドットマガジンと提携している企業のPR情報が含まれています。