ドットマガジン by ドットマネー

今すぐお金が欲しいときの対処法や即日で現金を作る方法、注意点を解説

PR
2024.07.05
by ドットマネー編集部

急な出費が重なったり、生活費が不足したりして「今すぐにお金が欲しい」とお考えの方もいるでしょう。

お金を用意するための方法は主に以下が考えられます。

お金を用意する方法
  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • お金を借りる

この記事では、お金が欲しいときの具体的な対処法や即日で現金を作る際の注意点などを解説します。

なお、一刻もはやくお金が欲しいという方はカードローンの利用を検討しましょう。

大手消費者金融が取り扱っているカードローンは、最短即日発行に対応しており、審査に通過すればその日のうちにお金を借りることができます。

アイフルアコムプロミスレイクSMBCモビット
無利息
期間
最大30日間最大30日間最大30日間最大180日間(※)なし
審査時間最短18分最短20分最短3分申込み後最短15秒10秒簡易審査
実質年率年3.00〜18.00%年3.00〜18.00%年4.50〜17.80%年4.50〜18.00%年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜500万円最小1万円〜最大500万円1万円〜800万円
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る
  1. お金が欲しい理由を整理しよう
  2. いきなりまとまったお金が必要になった
  3. 生活費が足りないためお金が必要
  4. 趣味に使うためのお金が必要
  5. 滞納してはいけない費用
  6. 今すぐお金が欲しいときの対処法
  7. 収入を増やす
  8. 支出を減らす
  9. お金を借りる
  10. 今すぐお金が欲しいときは即日払いのアルバイトがおすすめ
  11. 「即日払い」と「日払い」の違い
  12. 即日払いが多い傾向にある仕事
  13. 軽作業
  14. 警備員・監視員
  15. 清掃
  16. サンプリング
  17. ポスティング
  18. 工場のライン作業
  19. 交通誘導
  20. 引越し業者
  21. コールセンター
  22. 交通量調査
  23. 試験監督
  24. 立場別!今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  25. 【社会人】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  26. 【専業主婦】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  27. 【高校生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  28. 【中学生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  29. 即日でお金が欲しい人におすすめの消費者金融カードローン
  30. アイフル
  31. アコム
  32. プロミス
  33. レイク
  34. SMBCモビット
  35. 消費者金融カードローンの特徴
  36. 消費者金融カードローンのメリット
  37. 消費者金融カードローンのデメリット
  38. 消費者金融カードローンで借りるときのポイント
  39. 消費者金融で借りられる額は「年収の3分の1」まで
  40. 返済計画を立てる
  41. 即日でお金が欲しい方は早めに申し込もう
  42. 今すぐお金が欲しい場合にしてはいけないこと
  43. 闇金の利用
  44. 闇バイト
  45. ギャンブル
  46. クレジットカードの現金化
  47. 個人間融資
  48. 無計画な借り入れ
  49. まとめ
  50. 今すぐお金が欲しいときの対処法
  51. 収入を増やす
  52. 支出を減らす
  53. お金を借りる
  54. 今すぐお金が欲しいときは即日払いのアルバイトがおすすめ
  55. 「即日払い」と「日払い」の違い
  56. 即日払いが多い傾向にある仕事
  57. 軽作業
  58. 警備員・監視員
  59. 清掃
  60. サンプリング
  61. ポスティング
  62. 工場のライン作業
  63. 交通誘導
  64. 引越し業者
  65. コールセンター
  66. 交通量調査
  67. 試験監督
  68. 立場別!今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  69. 【社会人】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  70. 【専業主婦】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  71. 【高校生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  72. 【中学生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法
  73. 即日でお金が欲しい人におすすめの消費者金融カードローン
  74. アイフル
  75. アコム
  76. プロミス
  77. レイク
  78. SMBCモビット
  79. 消費者金融カードローンの特徴
  80. 消費者金融カードローンのメリット
  81. 消費者金融カードローンのデメリット
  82. 消費者金融カードローンで借りるときのポイント
  83. 消費者金融で借りられる額は「年収の3分の1」まで
  84. 返済計画を立てる
  85. 即日でお金が欲しい方は早めに申し込もう
  86. 今すぐお金が欲しい場合にしてはいけないこと
  87. 闇金の利用
  88. 闇バイト
  89. ギャンブル
  90. クレジットカードの現金化
  91. 個人間融資
  92. 無計画な借り入れ
  93. まとめ

今すぐお金が欲しいときの対処法

今すぐお金が欲しいときの対処法

今すぐお金が欲しいときの対処法は、ザックリ以下の3つに分けられます。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • お金を借りる

これら3つの選択肢はさらに細分化できますが、いつまでにお金が必要なのか、どれくらいのお金が必要なのかによって、取れる選択肢は変わります。

それぞれの具体的な方法やメリット・デメリットなどを、以下で詳しく説明しましょう。

収入を増やす

収入を増やす

お金が欲しいという悩みは、 収入を増やして自由にできるお金を今よりも多くできれば解決するでしょう。

「収入を増やす」という手段には以下に挙げるようなメリット・デメリットがあります。

メリット・選択肢が多い
・リスクが少ない
・一時的ではなく継続的な効果が期待できる場合がある
デメリット・お金を得られるまで時間がかかる場合がある
・方法によってはお金が減る可能性がある

「収入を増やす」ために具体的に考えられる方法としては、主に以下が挙げられます。

  • 副業やアルバイトをする
  • 不用品を売却する
  • ポイ活をする
  • 転職を考える
  • 投資信託をする
  • 株式投資をする

それぞれの方法について、詳しく説明しましょう。

副業やアルバイトをする

本業以外に副業やアルバイトでお金を稼ぐのは、収入を増やすうえでもっともメジャーな方法です。

アルバイトの求人はたくさん出ていますし、最近では家でできるような副業も増えてきているので、少し探せばご自身がチャレンジしやすいものが見つかるでしょう。

ただし、アルバイトの場合は面接を受けて働き始めて実際に口座にお金が振り込まれるまで、1ヵ月近くかかるのが普通です。

すぐにお金が必要な場合には、即日払いのアルバイトを中心に検討しましょう。 即日払いのアルバイトに関しては、後ほど詳しく説明するので参考にしてください。

副業によってお金が入るタイミングは異なりますが、業務をこなしてすぐにお金がもらえる仕事もあります。

すぐにお金が必要な場合は、仕事の内容だけでなく入金までの期間も含めて、どんな副業やアルバイトにチャレンジするかを決めましょう。

不用品を売却する

一時的にお金を得たい場合には、家にある不用品を売却するのも選択肢のひとつです。

不用品の売却先は質屋やリサイクルショップ・フリマアプリなどさまざまですが、売却予定のものが何かによって、売却先を決めるのがおすすめです。

ブランド物のようにある程度値段が見込める物は、質屋に預け入れればまとまったお金を得られます。

お金を用意できれば預け入れたものを再び回収できる可能性があるのも、質屋を利用するメリットです。

売却できる不用品が大量にある場合は、リサイクルショップを利用しましょう。

ひとつひとつにはあまり値が付かず質屋では買い取ってもらえないようなものでも、リサイクルショップならわずかな値段とはいえ、買い取ってもらえる可能性があります。

特定の層やマニアが欲しがるような商品を売却する場合は、フリマアプリやネットオークションを利用しましょう。

質屋やリサイクルショップではあまり値が付かないようなものであっても、驚くような値段で購入してもらえる場合があります。

質屋とリサイクルショップは、不用品を売却すればすぐにお金を手に入れられます。

ただ、フリマアプリやネットオークションの場合は、購入者や落札者が入金してくれるまで待たなければなりません

また、フリマアプリやネットオークションの場合、購入者や落札者が品物を受け取った事を確認してからでなければお金が振り込まれないケースもあります。

相手とコミュニケーションを取って、なるべく早く入金や受け取った際の連絡をしてもらえるよう相談・交渉しましょう。

ポイ活をする

スキマ時間を有効活用して収入を増やしたい方には、ポイ活がおすすめです。

ポイ活とは、ポイントサイトと呼ばれるサイトでミニゲームをしたりアンケートに答えたりして、ポイントを貯めることを指します。

貯めたポイントは現金に交換できる場合があるので、ポイントを貯めることは実質的にお金を稼ぐことと同じです。

ミニゲームでランキング上位になったり、ポイント付与率の高いアンケートを答えたりできれば、一気にまとまったポイントを得ることもできます。

なお、貯めたポイントを現金に交換するためには、一定の期間が必要です。

「今すぐにお金が必要」という場合には適さないので、その点には注意しておかなければなりません。

転職を考える

昇給・昇進すれば、本業での収入を増やせますが、昇給や昇進は自分の意思でどうこうできるものではありません。

自分の意思で本業での収入を増やしたいとお考えであれば、転職を検討してみるのもよいでしょう。

最近では以前よりも「転職」という選択肢が一般的になってきており、転職関連のサービスも充実してきているので、転職に踏み切りやすい環境が整えられています。

今よりも条件のよいところに転職できれば、数十万円や数百万円単位で年収を増やせる可能性もあります。

ただし、ご自身にとって望ましい転職先が見つかるとは限りませんし、年齢や職種によっては転職が難しい場合もあるでしょう。

また、転職で年収が増えたとしても、目先のお金がすぐに増えるわけではないことにも注意しておく必要があります。

投資信託を購入する

収入を増やす方法は「労働」だけではなく、「投資」で収入を増やす方法も考えられます。

ただし、投資は専門的な知識や経験が必要なことも多く、素人がチャレンジしていきなりうまくいく可能性はかなり低いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、投資信託です。

投資信託を利用すれば、資産の運用を専門家に任せることができるので、資産運用に詳しくなくても問題ありません。

最近政府が推し進めている「NISA」でも、購入する金融商品の選択肢に投資信託があります。

労働以外の収入の柱を増やすという点において効果的であることは間違いありませんが、投資である以上元本が減ってしまうリスクがあることは把握しておきましょう。

また、今すぐにお金を用意しなければならない場合に検討する選択肢ではありません。

株式投資をする

金融関係の知識を多少なりとも持ち合わせており、ご自身で投資をおこなってみたい方には、株式投資がおすすめです。

株式投資は投資信託とは異なり、資産の運用を自分の判断・責任でおこなわなければなりません。

どの株式を購入するか、どのタイミングで購入・売却するかをご自身で決めなければなりませんが、うまくいけば本業での収入に並ぶくらいの収入を得ることも、夢ではありません。

為替的な知識に長けている方は、FXという選択肢もあるでしょう。

投資は、どのような方面の知識や経験を備えているかによって、チャレンジすべき方法が異なります。

将来的な収入の柱を育てるという観点で、少額から初めて少しずつ経験を積んでいくのもよいでしょう。

投資信託同様に即効性のある手段でないことや、 元本が減ってしまうリスクがあることは把握しておきましょう。 

支出を減らす

「収入を増やす」というのが「自由に使えるお金を増やす」という意味であれば、支出を減らすことも効果的な選択肢といえます。

支出を減らすためにまず重要なことは、現在のすべての支出をリストアップして、何にどれくらいのお金を使っているかを把握することです。

これ以上切り詰められない支出とまだ余裕がある支出を区別できれば、減らせる金額もわかります。

具体的に支出を減らすための方法は、減らす支出の種類や生活スタイルによって異なるでしょう。

外食費を削ると決めたのであれば、外食の頻度を減らしたり、友達との飲み会の頻度を減らしたりするのが効果的です。

通信費を減らす場合は、格安スマホに乗り換えたり、プロバイダの契約プランを見直したりするとよいでしょう。

ご自身のできる範囲で、支出を減らすための努力を継続することが重要です。

お金を借りる

お金を借りる

「お金を借りる」という方法は、すぐにお金が必要な場合にかなり有効です。

ただし、「お金を借りる」という行為をすぐに受け入れられない人もいるでしょう。

お金を借りることには、 主に以下に挙げるようなメリット・デメリットがあります。

メリット・選択肢が豊富
・すぐにお金を用意できる
・まとまったお金の調達にも便利
デメリット・必ずお金を調達できるとは限らない
・返済に苦しむ可能性がある
・後の生活に影響が出る可能性がある

「お金を借りる」ために具体的に考えられる方法としては、主に以下が挙げられます。

  • 家族や友人に借りる
  • カードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する
  • 生命保険の契約者貸付制度を利用する
  • ゆうちょの貯金担保自動貸付けを利用する
  • 従業員貸付制度を利用する
  • 生活再生ローンを利用する
  • 学生ローンを利用する

それぞれの方法について、詳しく説明しましょう。

家族や友人に借りる

お金を借りる相手と聞いてまずパッと思いつくのは、家族や友人ではないでしょうか。

「急にまとまったお金が必要になったから、お金を貸してもらえない?」とお願いすれば、その理由によってはお金を貸してもらえる可能性もあるでしょう。

金融機関は営利行為としてお金を貸しますが、家族や友人はこれまでの信頼関係をもとにしてお金を貸します。

そのため、金融機関に融資を申し込むような場合とは異なり、審査を受ける必要がありませんし、貸してもらえる金額にとくに制限が設けられているわけでもありません。

お願いすれば、その場ですぐに貸してもらえることもあり得ます。

ただし、お金の貸し借りは人間関係を容易に壊しうる問題です。

お互いに話し合って交わした返済に関する約束事を守らなければ、人間関係に修復できないヒビを入れてしまう可能性もあります。

金の切れ目が縁の切れ目にならないように、借りたお金は必ず返済しましょう。

カードローンを利用する

すぐにお金を借りたい場合、カードローンは非常に便利な手段です。

大手消費者金融が取り扱っているものは即日融資に対応しているので、最短で申し込んだ即日にお金を借りられます。

初回契約なら無利息期間サービスが利用できることも多いのもメリットで、無利息期間中に完済できれば利息負担はありません。

インターネット上で申込から契約までのすべてを完結させられるところを選べば、空いている時間で契約手続きを完了できます。

ただし、審査に通過できなければ融資を受けられない点には、注意しておかなければなりません。

また、カードローンで適用される金利は総じて高めです。

事前に返済シミュレーションをおこない、無理なく返済できることを確認したうえで申し込むのが賢明でしょう。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードを保有している方なら、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのもおすすめです。

キャッシング機能の付いているクレジットカードなら、ATMに挿入して画面の指示に従って操作するだけで、お金を借りられます。

すでにキャッシング枠が設定されていれば、新たに申し込みや審査を受ける必要は
ありません。

「お金が必要だ!」と思った数分後には、必要な金額を用意できるでしょう。

ただし、クレジットカードによってはキャッシング機能が備わっていないものもあります。

また、キャッシングできる金額はショッピングに使える金額と合算になっていることが多いので、すでにまとまった金額のショッピング利用をしていると、必要としている金額を借りられないかもしれません。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険を解約した際に契約者に対して支払われる「解約返戻金」を原資にして、貸付を受けられる制度です。

契約者貸付制度で適用される金利はカードローンよりも低めなので、返済時の負担を抑えられます。

また、自分がこれまで積み上げてきたお金を元にして受けられる融資なので、利用時に審査を受ける必要もありません。

審査落ちになって融資を受けられない可能性のあるカードローンなどと比べると、大きなメリットといえます。

ただし、原資が解約返戻金なので、保険に加入している期間によっては十分な金額の融資を受けられない可能性があります。

また、元金と利息の合計額(元利金)が解約返戻金の額を超えた場合は生命保険が失効となってしまうため、毎月の返済期日には十分注意して、確実に返済を継続しましょう。

ゆうちょの貯金担保自動貸付けを利用する

ゆうちょ銀行に担保定額貯金や担保定期貯金がある場合、貯金担保自動貸付けを利用できます。

貯金担保自動貸付けは、通常貯金の残高を超えてお金を引き出そうとした際に、不足分を自動的に貸し付けてもらえる制度です。

貸付金額の上限は
担保定額貯金や担保定期貯金で預け入れている金額の90%なので、多くお金を預けていればその分だけ多くのお金を借りられます

条件を満たしていれば自動的に利用できる制度なので、申し込みや契約などは必要ありません。貸付期間は2年間です。

返済ができなければ
担保定額貯金や担保定期貯金から充当されてしまうため、毎月の期日までにきちんと返済することを心がけましょう。

従業員貸付制度を利用する

従業員貸付制度は、企業が従業員に貸付をおこなう仕組みで、福利厚生の一環として導入されていることがあります。

金融機関ではなく自分の勤めている企業からお金を借りるので、比較的低い金利で借りることができます。

融資に至るまでのプロセスが一般的なローンとは異なるので、信用情報に傷があって金融機関からの融資を受けられないような人でもお金を借りられる可能性があるのは、メリットです。

ただし、従業員貸付制度でお金を借りるためには、正当な理由が必要です。

「転勤に伴う引っ越しでまとまったお金が必要」であればお金を貸してもらえる可能性はありますが、「趣味のライブに行くためのお金が足りない」ではお金は貸してもらえません。

また、従業員貸付制度を利用するためには上長もしくは担当部署の承認が必要なので、会社の人に内緒でお金を借りたい方はほかの方法を検討しましょう。

生活再生ローンを利用する

生活再生ローンは、一般社団法人生活サポート基金が取り扱っているローンです。

税金や家賃・公共料金の支払いができない方や、信用情報の問題によって金融機関から融資を受けられない方などが、融資を受けられます。

利用できる方は限定されますが、そういった方はほかの方法ではお金を借りられない可能性が高いので、本ローンの存在は非常に助かるでしょう。

生活再生ローンの返済は長期にわたることが多いので、融資を受けるためには連帯保証人が必要です。

生活再生ローンで融資を受けようとお考えの方は、ご自身が置かれている状況を説明して、連帯保証人を受けてくれる人を探しましょう。

学生ローンを利用する

金融機関から融資を受けるためには、定期的に安定した収入を得ている必要があります。

そのため、主な収入源がアルバイトであることが多い学生の方は、金融機関で融資を受けられない可能性があります。

学生の方が融資を受けたい場合は、学生ローンを検討してみましょう。

学生ローンはその名のとおり、学生を対象にしたローンです。

学生の収入が少なく安定していないことを前提にして融資を検討してくれるので、一般的な金融機関から融資を受けられない学生でも、お金を借りられる可能性があります。

ただし、融資を受けられる金額はあまり多くないので、場合によっては必要な金額を全額調達できないかもしれません。

また、適用金利も少し高めに設定されているので、事前に返済シミュレーションをおこなっておき、なるべく早く完済しましょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

金融機関によってはゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けと同じような仕組みを取り入れているところもあります。ゆうちょ銀行に担保となる貯金がない場合は、自分がメインに利用している金融機関に自動借り入れの制度が用意されていないか確認してみましょう。また、お金に困っているなら、なぜそのような状態になったのかを考えみることも大切です。そのためにも、普段から家計に余裕を持たせ、一定の金額を貯蓄しておくことをおすすめします。

今すぐお金が欲しいときは即日払いのアルバイトがおすすめ

先述したように、お金が必要なときに取れる選択肢はいろいろとあります。

ただし、「今すぐに」お金が欲しいとなると選択肢はグッと絞られてしまいます。

私物を売ったりお金を借りたりといった方法が挙げられますが、売ってある程度の金額になるような私物が家にあるとは限りません。

また、お金を借りることに抵抗感がある人もいるでしょうし、借りたくても借りられないという人もいるでしょう。

そこで、今すぐにお金が欲しいときにあらためておすすめできる方法としては、「即日払いのアルバイト」が挙げられます。

一般的に、即日払いのアルバイトであれば、仕事が終わったあとにその日の分の給料を、その場で手渡しで支払ってもらえます。

アルバイトの求人が掲載されているサイトでは、「即日払い」という条件で求人を絞れますし、即日払いのアルバイトに特化した求人サイトもあります。

最近では、即日払いのアルバイトの仕事の内容も募集している地域も、以前よりバラエティ豊かになってきているので、多くの人が検討できる選択肢といえるでしょう。

「即日払い」と「日払い」の違い

「即日払い」と混同しやすいものに、「日払い」があります。

先述したように、「即日払い」は「働いたその日のうちにお金がもらえる」という意味で、すぐにお金が必要なときに助かる仕組みです。

一方の「日払い」は、「給与計算を1日単位でおこなうこと」を示しているだけです。

日払いでも、即日払いのようにその日のうちに給料が支払われることもありますが、数日分の給料が後日まとめて口座に振り込まれることもあります。

似たような表現なので間違えやすいですが、すぐにお金が必要な場合は「日払い」ではなく「即日払い」のアルバイトを選びましょう。

即日払いが多い傾向にある仕事

即日払いに対応しているアルバイトの種類は、以前と比べると格段に増えてきています。

そのため、さまざまな仕事のなかからご自身に合った内容のものを選びやすいですが、即日払いが多い傾向にある仕事としては主に以下が挙げられます。

  • 軽作業
  • 警備員・監視員
  • 清掃
  • サンプリング
  • ポスティング
  • 工場のライン作業
  • 交通誘導
  • 引越し業者
  • コールセンター
  • 交通量調査
  • 試験監督

それぞれの仕事の内容を、詳しく説明します。

軽作業

軽作業のバイト内容は、多岐にわたります。

倉庫内での集荷作業をおこなうこともあれば、ピッキングスタッフとして働くこともあります。

商品の梱包をすることもあれば、販売員として人前に立つことになるかもしれません。

仕事の例はまだまだ尽きませんが、要するに具体的な仕事内容を確認しなければどのようなことをするかわからないのが、軽作業です。

同じ軽作業でも、ご自身に向いているものもあれば向いていなさそうなものもあると思いますので、仕事内容をよく確認したうえで申し込みましょう。

警備員・監視員

警備員のバイトでは、駐車場やショッピングモールなどで警備の仕事をおこないます。

監視員のバイトでは、プールやイベント会場の列などで危険な行為がないかを監視します。

どちらも場合によってはずっと立ちっぱなしになる可能性が高いので、体力に自信がないと厳しいかもしれません。

また、とくに警備員のバイトは夜間に募集されることもあるので、夜中に働きたい方にもおすすめです。

清掃

清掃のバイトで働く場所は、工場やオフィスビル・商業施設などさまざまです。

建物内の清掃では、掃除機をかけたりモップをかけたりといった作業が中心ですが、屋外の清掃では落ちているゴミを拾ったりすることもあります。

仕事内容自体はそこまで難しくないことが多いですが、単純な作業の繰り返しになることもあるので、人によっては厳しく感じるかもしれません。

警備員のバイトと同じく、深夜や早朝でもバイトの募集があるのは魅力です。

サンプリング

サンプリングとは、試供品やフリーペーパー、企業の広告が入ったティッシュペーパーなどを配る仕事です。

決められた時間きっちりと働く必要があるところもあれば、渡された個数を配り切ってしまえば、早めに終わってよいところもあります。

後者のバイト先なら、コツをつかんで早めに終わることができればかなり割のいいバイトになるでしょう。

夏場だと、炎天下の下で長く働き続ける可能性もあるので、体調管理には十分注意しましょう。

ポスティング

ポスティングは、チラシを各家庭のポストに投函していく仕事です。

配布枚数によって報酬が決まる歩合制になっていることが多いので、いかに効率よくチラシを投函するかが重要です。

全国の広い地域でバイトが募集されているので、自宅周辺でのポスティング求人に応募すれば、土地勘のあるところで働けます。

働く時間帯は自由に決められることが多いですが、深夜や早朝の投函は住民からのクレームにつながる可能性があるので、なるべく避けるのが無難でしょう。

工場のライン作業

工場のライン作業では、「流れてくるお弁当に梅干しを乗せる」「完成した製品をダンボールに詰める」などの同じ工程を、ひたすら繰り返します。

作業自体は単純なものが多いので、新しいことや難しいことを覚える必要はありませんが、単純であるがゆえに長時間継続することを厳しいと感じる人もいるかもしれません。

また、ずっと同じ姿勢で仕事を続けることになるので、足腰に負担が来ることもあります。

ほかの人とコミュニケーションを取ることも少ないので、単純な作業を一人で黙々と繰り返すのが得意な人には向いているでしょう。

交通誘導

交通誘導は、工事現場や商業施設の駐車場などで、車両・歩行者が安全に移動できるように誘導するバイトです。

実際に交通誘導員を見かけたことがある方は多いと思いますので、どんな仕事かはイメージしやすいと思います。

車両を誘導することになり、少し狭い場所では車幅の感覚や歩行者との距離関係などが重要になることもあるので、普段から車を運転する機会がある方のほうが向いているかもしれません。

現場によって働く時間の長さはまちまちですが、ある程度体力に自信がある方のほうが向いているバイトです。

引越し業者

引越し業者は、引越す前の家で荷物を梱包して運び出し、引越し先の家まで届けます。

転勤や進学などで引越しが増えやすい9月や2~3月あたりに、多く募集されやすいバイトです。

重い家具や家電を運び出すこともありますし、繁忙期には1日に5~6件程度を回ることもあるので、体力的にはかなり厳しい仕事のひとつです。

その分もらえるお金も多めのことが多いので、体力に自信のある方にはおすすめのバイトといえます。

コールセンター

コールセンターの仕事には、「インバウンド」と「アウトバウンド」の2種類があります。

インバウンドではお客さまからかかってきた電話に対応し、アウトバウンドではこちらからお客さまに電話をかけます。

シフト制で働くことが多く、2~3時間の短い時間で働けることも多いので、ちょっと働いてすぐにお金が欲しい場合に便利でしょう。

向き不向きが分かれやすい仕事内容ではありますが、マニュアルが完備されているので、経験ゼロでもチャレンジしやすいバイトです。

交通量調査

交通量調査は、人通りの多い場所や幹線道路の近くなどで、交通量や交通ルートなどを観測して記録する仕事です。

屋外での仕事が大半のため、雨や風などの天候、気温によっては体力的にきついと感じることがあるかもしれません。

また、単純作業の繰り返しになるため未経験でも挑戦しやすい業務内容ですが、集中力を維持し続けるのが難しいと感じる方もいるでしょう。

1人で仕事をするケースもあるので、コミュニケーションを取りながら仕事をするのがあまり得意でない方に、おすすめのバイトです。

試験監督

試験監督は、学生向けの模試や資格試験などの試験会場で、問題用紙・解答用紙を配ったり、試験時間中に不正がないかを確認したりするバイトです。

1つの試験のみで終わる場合もあれば、複数の試験監督を務める場合もあるので、拘束時間は現場によって変わります。

塾関係の試験監督は元塾生などに優先的にバイトの案内が回されることも多いので、学生の方はチェックしてみるとよいでしょう。

立場別!今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法

日中仕事をしている社会人の方は、拘束時間の長いバイトでお金を稼ぐのは難しいですし、成人していない高校生や中学生では、応募できないバイトもあります。

このように、お金がほしいときに取れる選択肢の種類は立場によって変わることがあるので、ご自身が選べる選択肢のなかからよいものを選ばなければなりません。

以下では、今すぐにお金が欲しいときにおすすめの方法を、立場別に紹介します。

【社会人】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法

社会人の方は、お金が欲しいときに選べる選択肢の数が豊富です。

即日払いが可能なアルバイトに応募してもいいですし、生命保険の契約者貸付制度を利用してもよいでしょう。

なるべく早くお金が欲しい場合は、消費者金融カードローンを利用するかクレジットカードのキャッシング機能を利用するのがおすすめです。

お金を必要としている場合、「借りる」という手段を利用するのがもっとも早くお金を調達できる可能性が高いです。

社会人はお金を借りるための方法に数多くアプローチしやすいので、返済のこともきちんと考慮したうえでお金を借りるとよいでしょう。

【専業主婦】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法

専業主婦の方は、社会人の方よりも時間に融通を利かせやすいのが大きなメリットです。

そのため、日中に募集している即日払いのアルバイトに応募すれば、すぐにお金を得られるでしょう。

家のなかにどのような物があってどれをあまり使っていないかにも詳しいと思いますので、不用品を売却してお金を作ることもおすすめです。

もちろん、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りるのもおすすめですが、カードローンは収入のない専業主婦の方では利用できないこともあります。

ゆうちょ銀行にお金を預けている場合は、ゆうちょの貯金担保自動貸付けを利用するのもよいでしょう。

【高校生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法

高校生の方は、基本的に「借りる」という方法でお金を用意することは難しいです。

そのため、学校がない時間帯でできる、かつ高校生でも応募可能な即日払いのアルバイトでお金を稼ぐのが、もっともおすすめの方法といえるでしょう。

自分の判断で売却できる私物のなかで、限定品や非売品でマニアの方に人気がありそうなものがあれば、フリマアプリやネットオークションに出してみるのもおすすめです。

私物は手放すことになりますが、思わぬ高値で買い手が見つかるかもしれません。

フリマアプリやネットオークションの場合は、買い手が入金してくれなければお金を手に入れられないので、なるべく早く入金してもらうよう相談・交渉することが重要です。

【中学生】今すぐお金が欲しいときにおすすめの方法

中学生も高校生同様に、金融機関などからお金を借りることはできません。

さらに、中学生では即日払いのアルバイトに応募することも難しいでしょう。

そのため、私物を売るという方法が主な選択肢になると考えられますが、売ってお金になるような私物を必ずしも持っているわけではありません。

中学生がお金を必要とする理由は、「固定費を支払わなければならない」「ローンの返済に間に合わない」といったものではなく、「欲しいものを買うのにお金が足りない」といったものでしょう。

親に正直に理由を説明してお金を貸してほしいとお願いするのも、ひとつの選択肢かもしれません。

何かしらの条件を付けられることもあるかもしれませんが、お金を用意してくれることもあるでしょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

お金を調達する方法は、立場によって異なります。特に高校生以下だとカードローンの申込みはできませんので、他の調達方法を考える必要があります。一番いいのは親から借りる方法ですが、親だからといって甘えることはせず、必ず返すようにしましょう。 専業主婦は、配偶者に収入があれば利用できるカードローンもあります。その際には配偶者の収入などが審査されるため、事前に相談することを忘れないようにしてください。

即日でお金が欲しい人におすすめの消費者金融カードローン

即日でお金を得るための方法は決して多いわけではありません。そんな中で、消費者金融カードローンはすぐにお金を借りられる貴重な手段です。

ただし、消費者金融カードローンがすべて即日融資に対応しているわけではありません。

以下では、即日でお金が欲しい人におすすめの消費者金融カードローンを、いくつか紹介します。

アイフル

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 最短18分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円最短18分
融資時間コンビニ収入証明書
最短18分
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
50万円を超える場合
公式サイトで詳細を確認する

【PR】アイフル株式会社

アイフルの基本情報は、以下のとおりです。

審査時間最短18分(※)
融資時間最短18分(※)
土日祝日対応申し込み・融資ともに可能
WEBB申込対応可能
在籍確認原則勤務先への連絡はなし
無利息期間あり(30日間)
貸付金利実質年率3.0%~18.0%

(※)申込状況によってはご希望に沿いかねます

アイフルは、申し込んでから最短18分で融資を受けられる可能性のある消費者金融カードローンです。

土日祝日でも申し込み・融資ともに対応しているので、休みの日に緊急でお金が必要な場合でも頼りになるでしょう。

初回契約者限定で30日間の無利息期間も設けているので、その間に返済を終わらせてしまえば利息を負担する必要はありません。

WEB申込に対応していますし、在籍確認を実施する場合も勤務先への連絡は原則ないので、周囲に借入をバレたくないときにもおすすめです。

アコム

アコム
アコム
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円最短20分
融資時間コンビニ収入証明書
最短20分
セブン-イレブン
公式サイトで詳細を確認する

【PR】アコム株式会社

アコムの基本情報は、以下のとおりです。

審査時間最短20分(※)
融資時間最短20分(※)
土日祝日対応申し込み・融資ともに可能
WEB申込対応可能
在籍確認原則勤務先への連絡はなし
無利息期間あり(30日間)
貸付金利実質年率3.0%~18.0%

(※)お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは、申し込んでから融資を受けるまでの時間が最短20分の消費者金融カードローンです。

全国に「むじんくん」と呼ばれる自動契約機を設置しているので、仕事帰りに申し込みから契約まで済ませることもできます。

周囲の人にバレずにお金を借りるのにも向いており、在籍確認は原則として勤務先への連絡が実施されませんし、WEB申込をすれば自宅への郵送物もなくせます。

初回契約者限定で30日間の無利息期間も設けられているので、その期間になるべく多く返済することで、返済負担を抑えられるのもメリットです。

プロミス

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率借入限度額審査時間
年4.50〜17.80%1万円〜500万円最短3分
融資時間コンビニ収入証明書
最短3分
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
50万円まで原則不要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの基本情報は、以下のとおりです。

審査時間最短3分
融資時間最短3分
土日祝日対応申し込み・融資ともに可能
WEB申込対応可能
在籍確認原則勤務先への連絡はなし
無利息期間あり(30日間)
貸付金利実質年率4.5%〜17.8%

プロミスは、申し込んでから最短3分で融資を受けられる可能性のある消費者金融カードローンです。

融資までのスピードが非常に早いので、急いで融資を受けたい場合にはとくに重宝するでしょう。

プロミスでも、初回契約者限定で30日間の無利息期間が設けられていますが、プロミスの無利息期間は「初回借入日の翌日」からスタートするのが特徴です。

一方、ほかのカードローンで設けられている無利息期間は、「初回契約日の翌日」からスタートすることが大半です。

すぐにお金を借りたい場合はあまり関係ないかもしれませんが、契約日と実際に借り入れる日で少し間が空くような場合は、プロミスを選んでおけば無利息期間を浪費せずに済みます。

適用金利の上限がほかの消費者金融カードローンと比べると少し低めなので、ゆっくりと時間をかけて返済しようとお考えの方にはおすすめです。

レイク

レイク
レイク
おすすめポイント
  • はじめてならWeb申込で60日間特典(利息0円)も選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 申込み後最短15秒で審査結果を表示!
実質年率借入限度額審査時間
年4.50〜18.00%最小1万円〜最大500万円申込み後最短15秒
融資時間コンビニ収入証明書
Webで最短25分融資も可能
セブン-イレブンローソンファミリーマート
50万円を超える場合提出必要
公式サイトで詳細を確認する

【PR】新生フィナンシャル株式会社

レイクの基本情報は、以下のとおりです。

審査時間最短15秒
融資時間WEBで最短25分
土日祝日対応申し込み・融資ともに可能
WEB申込対応可能
在籍確認原則勤務先への連絡はなし
無利息期間あり(30日間、60日間、180日間から選択)
貸付金利実質年率4.5%~18.0%

レイクは、WEB申込なら最短25分で融資を受けられる可能性のある消費者金融カードローンです。

以下に挙げるように、3種類の異なる無利息期間を設けています。

  • 30日間無利息
  • 60日間無利息(Web申込み限定)
  • 180日間無利息(借入額のうち5万円まで)

借り入れたお金を約2ヵ月後までに返済できる見込みがある方は、Web申込みをして60日間無利息を利用するのがおすすめです。

お金を少しだけ借り入れて無理のない範囲で返済していきたいとお考えであれば、180日間無利息が便利です。

借り入れ方に応じて最適な無利息期間を選べるのは、レイクの大きなメリットといえるでしょう。

WEB申込にも対応しているので、仕事や家事の合間に手続きを進めて契約を完了してしまえば、振込で融資を受けられます。

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビット
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料!
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資!
  • 来店不要でカード発行!
実質年率借入限度額審査時間
年3.00〜18.00%1万円〜800万円10秒簡易審査
融資時間コンビニ収入証明書
最短即日
セブン-イレブンローソンファミリーマートミニストップ
-
公式サイトで詳細を確認する

【PR】三井住友カード株式会社

SMBCモビットの基本情報は、以下のとおりです。

審査時間最短30分
融資時間最短30分
土日祝日対応申し込み・融資ともに可能
WEB申込対応可能
在籍確認原則勤務先への連絡はなし
無利息期間なし
貸付金利実質年率3.0~18.0%

SMBCモビットは、申込から最短30分で融資を受けられる可能性のある消費者金融カードローンです。

お金を借りる際は「どこから借りるか」も重要ですが、SMBCモビットは「SMBC」という冠のとおり、三井住友グループの取り扱っているカードローンです。

消費者金融を利用したことがなく不安な方でも、安心して融資を受けられるでしょう。

公式ホームページでは、「年齢」「税込年収」「現在の他社借入金額」を入力するだけで、融資見込みを簡易的に診断できます。

なお、今回紹介したほかの消費者金融カードローンとは異なり、無利息期間は設けられていません。

事前にきちんと返済シミュレーションをおこなっておき、無理のない形で返済することを心がけましょう。

消費者金融カードローンの特徴

これまでに消費者金融カードローンを利用したことがない方だと、「消費者金融カードローンを利用しても大丈夫なのか」「そもそもどんなローンなんだ」と、不安になるかもしれません。

消費者金融カードローンのメリット・デメリットを、以下で紹介します。

消費者金融カードローンのメリット

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンのメリットは、主に以下が挙げられます。

  • 即日融資に対応している
  • 周囲に内緒で借りやすい
  • 無利息期間が設けられている
  • 担保や保証人が必要ない

すぐにお金を必要としている場合、なるべく早く融資を受けられるのが望ましいです。

消費者金融カードローンは、大手を中心に即日融資に対応しているところが多いので、すぐにお金が欲しい場合には重宝します。

また、お金を借りることを周囲に内緒にしたいと思っている方も、一定数いるのではないでしょうか。

消費者金融カードローンでは、手続きをインターネット上や自動契約機で完結できることが多いので、周囲の人に内緒でお金を借りやすい環境が整えられています。

業者によっては職場への在籍確認の電話もありませんし、カードレス契約が可能なことがあるのも、大きなメリットです。

大手消費者金融では、初回契約者限定で無利息期間を設けているところがあります。

期間は30日間のことが多く、約1ヵ月間利息の発生なしでお金を借りられるので、早めに返済できる見込みがあれば返済負担を大きく抑えられるでしょう。

担保や保証人がなければ利用できないローンもありますが、人によってはそれらを用意するのが難しいこともあります。

消費者金融は担保や保証人なしで融資を受けられるので、お金を借りるハードルが低めです。

消費者金融カードローンのデメリット

消費者金融カードローンのデメリット

消費者金融カードローンのデメリットは、主に以下が挙げられます。

  • 金利が高い
  • 収入によって借りられる金額に制限がある
  • あまりよくない印象を持っている方もいる

金利は返済時に支払わなければならない利息に大きく関わってくるので、なるべく低い金利で融資を受けられるのが望ましいです。

消費者金融カードローンで設定されている金利は比較的高めのことが多いので、事前に返済シミュレーションをおこなって、無理なく返済できそうか確認したうえで利用するのが望ましいでしょう。

消費者金融カードローンでの融資は、「総量規制」という規制のもとでおこなわれます。

総量規制に関しては後ほど詳しく説明しますが、収入によって融資金額の上限を制限する規制なので、希望している金額ほどの融資を受けられない可能性があります。

以前の消費者金融のイメージから、「お金を借りる」ということ、とくに「消費者金融カードローンでお金を借りる」ことに、あまりよくない印象を持っている方が一定数いるのは、事実です。

周囲にそのような方がいる場合、消費者金融カードローンを利用していることはなるべく隠しておいたほうがよいかもしれません。

消費者金融カードローンで借りるときのポイント

消費者金融カードローンでお金を借りる際には、以下にあげるポイントを意識する必要があります。

  • 消費者金融で借りられる額は「年収の3分の1」まで
  • 返済計画を立てる
  • 即日でお金が欲しい方は早めに申し込もう

それぞれのポイントを、詳しく説明します。

消費者金融で借りられる額は「年収の3分の1」まで

先述しましたが、消費者金融での融資には「総量規制」と呼ばれる規制が影響します。

総量規制は貸金業法のなかで制定されている規制であり、その内容は「貸金業者は申込者の年収の3分の1を超す融資はできない」というものです。

そのため、仮に申込者の年収が600万円だとすると、消費者金融で融資を受けられるのは600万円×1/3=200万円までとなります。

お金を必要としている事情によっては、かなりまとまった金額の融資を受けたいこともあるでしょう。

ただ、消費者金融で融資を受ける場合はご自身の年収が壁になるので、希望している金額の融資を受けられない場合があることを、認識しておく必要があります。

返済計画を立てる

消費者金融でお金を借りると、完済するまで毎月返済を継続しなければなりません。

消費者金融に対する返済では借りたお金に利息を上乗せする必要があるので、行き当たりばったりで無計画な返済では、どこかで行き詰まってしまう可能性があります。

実際に借り入れる前に返済計画を立てることは、消費者金融を利用するうえで重要なポイントです。

消費者金融の公式ホームページでは、返済シミュレーションを利用できることが多いです。

融資金額や適用金利などを入力することで、毎月の返済金額や総返済額などを示してくれるので、返済計画を立てるのに役立てましょう。

即日でお金が欲しい方は早めに申し込もう

大手消費者金融は即日融資に対応していることが多いですが、申し込めば必ずその日のうちに融資が受けられるわけではありません。

審査や契約手続きには一定の時間がかかりますし、申込数が多いと本来より時間がかかることも考えられます。

そのため、即日融資を受けたい方はなるべく早い時間帯に申し込んでおくのが望ましいです。

早めに申し込んでおけば、その日のうちに契約手続きまで進める可能性が高くなります。

提出書類に不備があって消費者金融から連絡が来る場合、審査の手続きはその間ストップしてしまいますが、早めに申し込んでおけばそういったトラブルがあっても十分間に合うでしょう。

今すぐお金が欲しい場合にしてはいけないこと

今すぐお金が欲しい場合にしてはいけないこと

今すぐにお金が欲しい場合、ここまで挙げてきたもの以外の方法にすがりたくなるかもしれません。

しかし、どれだけ緊急でお金を必要としていても、以下に挙げる方法には手を出さないようにしましょう。

  • 闇金の利用
  • 闇バイト
  • ギャンブル
  • クレジットカードの現金化
  • 個人間融資
  • 無計画な借り入れ

それぞれがいかに危険なものか、なぜ手を出してはいけないか、詳しく説明します。

闇金の利用

闇金とは、金融庁に届け出をせずに事業をおこなっている違法な金融業者です。

正規の業者である消費者金融は、法律の範囲内で事業をおこなっていますが、闇金には法律を遵守するという考え方はありません。

利息制限法で定められている以上の金利を当然のように適用してきますし、支払いが遅れた際の取り立ても苛烈です。

闇金は絶対に利用してはいけませんが、正規の業者と闇金の見分けがつかない方もいるでしょう。

金融業者は、融資を実施する際に必ず審査をおこなわなければなりません。

そのため、「審査なしでスピード融資」「誰でも100%借りれる!」といった謳い文句を掲げている業者があれば、闇金と考えて差し支えありません。

すぐにお金が欲しいときには魅力的な謳い文句ですが、必ず正規の業者を利用しましょう。

闇バイト

最近ニュースなどで報道されることが多くなってきた「闇バイト」にも、絶対に手を出してはいけません。

お金を必要としているときに闇バイトの報酬を聞くと、少し気になってしまうのは仕方のないことでしょう。

しかし、闇バイトに関与したことがバレれば逮捕は免れません。

「闇バイト」などという軽めの言葉が用いられているから手を出そうかなと考えてしまうのであり、「犯罪行為」と言われれば誰もやろうとは思わないでしょう。

たった一度の誤った選択で人生を棒に振ってしまう可能性があるので、闇バイトには絶対に参加してはいけません。

ギャンブル

ギャンブルで一攫千金を狙うのも、今すぐにお金が欲しいときにやってはいけないことのひとつです。

もちろん、うまく狙いが当たって大金を手にできる可能性もゼロではないでしょう。

しかしギャンブルである以上、お金を失ってしまう可能性もあるどころか、その可能性のほうが非常に高いことは言うまでもありません。

お金が必要なときに、手元にあるわずかなお金さえ失ってしまえば、その後はより大変です。

失ったお金を補填するための方法を考えなければなりませんが、そのための選択肢も少なく避けるべき方法を選ばざるを得ない…というような負のループにはまりこんでしまう可能性もあります。

ギャンブルを適度に楽しむことは否定しませんが、何としてでもお金が欲しいときの選択肢として考えるのは避けましょう。

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠で購入したものを現金化業者や換金ショップなどで買い取ってもらって、現金を手に入れる方法です。

キャッシング枠が付いていない、もしくはキャッシング枠をすでに使い切ってしまっているクレジットカードを利用して現金を手に入れられる方法として、知られています。

しかし、カード会社はクレジットカードの現金化を、利用規約でハッキリと禁止しています。

そのため、利用履歴などからカード会社にクレジットカードの現金化をしたことを疑われれば、カードの停止や解約といった処分が科される可能性が高いです。

クレジットカードを使えなくなってしまえば、今後より困ることになるので、クレジットカードの現金化もおこなってはいけません。

個人間融資

個人間融資は、インターネットの掲示板などを介して個人同士でお金の貸し借りをする方法です。

金融機関から融資を受ける場合とは異なり、個人間での取り決めでお金を貸し借りできるので、審査に通らない方でもお金を借りられると言われています。

ただし、個人間融資で「個人」を装ってお金を貸す提案をしてくるのは、闇金の関係者であるケースが大半です。

また、運よく闇金の関係者以外からお金を借りられたとしても、その人が善人である保証はどこにもありません。

お金を貸す見返りに違法な取引に手を染めることを要求されるかもしれませんし、肉体関係を迫られるかもしれません。

「楽にお金を借りられる方法に真っ当なものなどない」という意識があれば、個人間融資を利用しようなどとは思わないでしょう。

無計画な借り入れ

お金が必要なときに金融機関からお金を借りるのは、真っ当な手段といえます。

ただし、お金を借りたからには必ず返済しなければなりません。

借りる金額によっては、毎月の返済負担が家計に重くのしかかることもあるでしょう。

「お金が必要」という目先の欲求のみにとらわれて、無計画にお金を借りてしまうと、その場はしのげても後にさらに苦しむことになる可能性があります。

金融機関のホームページでは返済シミュレーションが利用できるので、毎月どれくらいの返済をしなければならないか、事前に確認してみるとよいでしょう。

必要な金額を全額金融機関から借りると返済がしんどくなりそうだということがわかれば、お互いの関係で返済を猶予してもらえる家族や友人からいくらかお金を借りる、といった方法も考えられます。

まとめ

今すぐにお金が欲しいときには、即日払いのアルバイトやクレジットカードのキャッシング機能の利用などの方法が考えられます。

ただし、ご自身に合ったアルバイトが募集されていないかもしれませんし、クレジットカードを保有していない方もいるでしょう。

即日融資に対応している消費者金融カードローンなら、申し込んだその日のうちに融資を受けられます。

融資を受けた後は、無理のない形で返済していきましょう。

そのほかに、家族や友人にお金を借りたり、自宅にある私物を売ってお金にしたりといった方法もあります。

ご自身が置かれている状況によって適した方法は変わってくるので、さまざまな選択肢を比べたうえで、どの方法を実践するかを決めましょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

お金に困った時に取れる対処法はいくつもあります。ただ、重要なのはお金を借りることを選択した場合のその後の返済です。特にカードローンやクレジットカードのキャッシングは高い利息が適用されますので、早めに完済できるだけの金額を借り入れるよう心がけましょう。借りられる額を借りるのではなく、無理なく返済できる額を借りることを意識するようにしてください。そして、滞納することのないよう返済管理もしっかりと行っておきましょう。

新井智美

ファイナンシャル・プランナー

2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。2017年10月 独立。主に個人を相手にお金に関する相談及び提案設計業務を行う。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他、資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。
監修者

アイフル:※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニATM:提携先ATM設置店のみ
貸付条件はこちら

アコム:※安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
※24時間最短10秒で振込:金融機関により異なります
※申込から借入まで最短20分で完了:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限ります。
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※審査・融資時間:お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※仮審査結果ご確認後、本審査が必要になります。
※新規契約時のご融資上限は、本審査により決定となります。

レイク:※即日振込み(最短25分融資)をご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能、一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)
※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。
※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※初回契約翌日から無利息
※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※ご融資額:1万円~500万円
※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
※ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
※遅延損害金(年率):20.0%
※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
※ご返済期間・回数:最長5年・最大60回※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
※必要書類:運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、レイクが必要とする場合)
※担保・保証人:不要
※商号・名称:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業者の登録番号:関東財務局長(10) 第01024号
※日本貸金業協会会員第000003号

SMBCモビット:※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

ドットマネーに登録すると、キャッシュレスをもっとお得に利用できます
登録する
この記事をシェア
ドットマネーでポイント一括管理から交換までをスマートに
ドットマネー
  • 業界No.1の会員2,500万! みんなが使っているポイント交換サービス
  • ポイントのお得な利用を応援! 交換できるラインナップは60以上
  • 業界で唯一のポイント交換手数料無料!
詳しくはこちら
「ドットマガジン」とは?
ドットマネーが運営している
あしたのくらしに「変化」を与える
ポイント情報メディアです。
ドットマガジンとは
お金やポイントの「ため方」「つかい方」「管理の仕方」をカンタン解説!
「難しそう」を「やってみよう」に変える情報を発信します
※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品はアフィリエイトプログラムを利用し、アコム社など複数社により広告収益を得て運用しております。
※当サイトはクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。
※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。
※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。
※当サイトはドットマガジンと提携している企業のPR情報が含まれています。